FC2ブログ

先生は、もっと「大人との付き合い」を求めた方がいい

 教え諭(さと)す人のことを教諭(きょうゆ)という。
 学校の先生のことだね。

 どんな職業についても言えることだが、その仕事を長くやっていると、行動や態度や言葉遣いなどが、「いかにも〇〇っぽく」なって行くものである。
 だがそれは、特段問題のあることではなく、当然なのだ。医者が医者らしく、警察官が警察官らしく、営業マンが営業マンらしくなって、どこが悪い。

 という前フリをしておかないと、これから書くことに反発する人も出てくるかもしれないので予防線を張っておいた。

 先生方は、ふだん大人に対しても、子供に諭すような態度や言葉遣いになっていますよ。
 私もときどきムッとするけど、かつては自分もそうだったと思うし、別に悪気があってそうしているわけではないと分かっているから、まあ、それほど腹は立たないが。


 私は今年に入ってまだ、20歳以下の若者や子供と会話をしていない。
 というか、会ったことすらない。
 話す人、会う人は、全員大人。
 これは異常か?
 いや、そうでもない。家族に小さな子供や小中学生でもいれば別だが、だいたいの大人はこんなものだ。

 私生活においては、友達も自分と一緒に年をとって行く。交際範囲は上へ上へとスライドして行く。仕事面でも、キャリアを重ね立場が上がるにつれ、自然とカウンターパート(対応相手)の年齢も上がって行く。

 では、先生はどうか。
 仕事柄、会うのも話すのも圧倒的に子供や若者だ。時間には限りがあるから、相対的に「大人相手」は極端に少なくなる。
 だがこれは、そういう職業なのだから仕方ない。毎日やっていれば、誰に対しても、教え諭すような話し方にもなろうというものだ。

 で、言葉遣いなんてものは実は大した問題ではなく、今日、こんな話を書いたのは、福島県いわき市の私立女子高校の副校長(58)が、18歳の女子生徒と交際していることが発覚し、懲戒処分(退職)になったというニュースを目にしたからだ(学校もすでに特定されている)。
 
 世の中には、いろんな嗜好の人がいるわけだし、恋愛や結婚に年の差は関係ないのかもしれないが、それにしても40歳差だからね。普通なら恋愛の対象にはならんでしょ。

 この先生が、特に変わった性癖の持ち主ではないという前提に立てば、「大人との付き合い」が不足しているから」ではないか。
 この場合の「付き合い」は別に恋愛に限らず、普通の友達付き合いや、仕事上の交流を含めてだが、本物の大人との付き合いが極度に少ないから、18歳が大人に見えて来る。
 たしかに、女子中学生や女子高校生は可愛いが、自身が40代、50代となり、同世代の、人間としても女性としても完成された大人を見ていれば、彼女らを可愛いと思う気持ちは、赤ん坊や幼児を可愛いと思う気持ちと変わらない。

 会社員58歳ではなく、副校長58歳だからニュースになったということだろうが、それは措いても、先生方は、もう少し「大人との付き合い」というものを心がけたほうがいいだろう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード