FC2ブログ

実際に「ローンチ」とか言うヤツいるんだね

 私は恥ずかしくてまだ使えんな。
 「ローンチ」。
 英語で「launch」。

 元々は、ロケットを発射するとか、船が進水するとか、そんな意味らしい。転じて、新しいサービスなどを立ち上げるといった意味で使われている。IT業界から始まったようだ。

 私の仕事相手は基本的に学校や塾なので、最新のカタカナビジネス用語が飛び交うことはない。
 が、そんな私でも、大手企業やIT企業、マスコミ・広告やその周辺業界の人々との接点が多少はあるわけで、そんな時は、カタカナビジネス用語の氾濫にうんざりするわけである。

 「今日のアジェンダレジュメのとおりです。前回の打ち合わせを踏まえてリスケしてみましたが、4月当初のローンチは動かせないことから、相当タイトになっています。今日中にはフィックスして早急に次のステージに移る必要があります。ボトルネックになっていた人員の件ですが、われわれのプロジェクトに新メンバー2人がアサインされましたので、その点はクリアされました」。

 おいおい、そこまで言うなら、全部英語でやろうぜ。

 こっちは年寄りなんだよ。零細企業の親父なんだよ。
 そんな私に向かって、「僕たち、すごいだろうアピール」して何なのよ。分かる言葉で話してよ。あんたら、日本を代表する企業の一員なんだからさ、思いやりというか、いたわりというか、そういう気持ちを持たなくちゃ。人間性は大事だよ。

 「今日の議題は資料のとおりで、前回の打ち合わせを踏まえて日程の再調整をしてみたけど、4月当初の新発売は動かせないから、相当厳しい日程になっているわけね。だから、今日中には決定して早急に次の段階に進みたい。(はいはい)。で、障害になっていた人員の件は、部署に新しい要員が加わったから解決した。(ほう、それは良かった)」

 ね。こういう言い方もあるんだよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード