FC2ブログ

知らずに学んでいた日本の古い元号

 このたび改元、つまり元号が代わることだが、それが行われることになったので、今日は元号について学ぼう。

 ところでみんな、日本の古い元号をどれだけ知ってるかな。
 平成、昭和、大正、明治。ここまでは分かる。
 じゃあその前は?
 
 もうだめか。慶応だよ。明治の前は慶応。
 じゃあ慶応の前は?
 早稲田。
 って、すべっちゃったな。

 受けないジョークはそれぐらいにするとして、実はみんな、結構知ってるんだよ。
 そうだな、たとえば…
 「享保」、「寛政」、「天保」。
 そう、江戸の三大改革だね。
 それと、慶安の御触書の「慶安」、元禄文化の「元禄」、化政文化は「文化」と「文政」。
 
 ほかの時代も思いつくままに挙げてみよう。
 大化の改新の「大化
 大宝律令の「大宝
 和同開珎の「和銅
 天平文化の「天平
 保元・平治の乱の「保元「平治
 承久の乱の「承久
 貞永式目の「貞永
 永仁の徳政令の「永仁
 文永・弘安の役の「文永「弘安
 建武の新政の「建武
 応仁の乱の「応仁

 中学校レベルの歴史でもこれだけあるんだ。

 ところで。
 ここに出てきた元号だが、そういう名前の天皇がいたかというと、実はいない。
 元号と天皇の名前が一致するのを「一世一元の制」というが、明治から始まったルールだ。それ以前は、一人の天皇の在位中に何度も元号がかわったりしていた。そうだな、短いと2~3年でかわってしまうこともあったよ。天災に見舞われたりすると、縁起が悪いから別のにかえよう、みたいにね。

 というわけで今日は、「みんな、意外と元号知ってるね」という話でした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード