FC2ブログ

結果が出てから任命責任を問うって、どうなの

 桜田義孝大臣、とうとう辞任。

 この人、相当アホなんじゃないかと見られているが、千葉県立東葛飾高校出身なんだよね。東葛と言えば千葉県では千葉、船橋と並んで公立御三家と呼ばれている名門だから根っからのアホというわけでもなさそうだ

 自身のホームページによれば、家庭が裕福でなく大工をしながら明治大学(夜間)に通ったという。苦労人なんだ
 で、大工の腕を生かし、20代半ばで建設会社(桜田建設)を創業。今風に言うなら起業家だ。そのまま大工やってれば良かったのに。

 その後、市会議員、県会議員を経て衆議院議員に。
 いわゆる「たたき上げ」だ。昔はよくあったパターンだが、父や祖父も議員という二世議員が跋扈している現在の政界では、地方議員からのし上がってくるのは大変なことだ。努力家なんだろう

 私は、桜田氏が初めて衆院選(千葉8区)に出るときの政治資金パーティに出ている。埼玉県民の私にはどうでもいいことだが、仕事上の義理で出席した。どんな義理だったかはよく思い出せない。遠い記憶だが、スピーチはまあまあ上手かったんじゃないか。

 とまあ、どんな人間だって、いいところはあるんだよという話だ。

 野党は例によって安倍総理の任命責任を問うているが、いい加減にしろよ。
 桜田氏は1949年生まれ。70歳になろうという爺さんだぜ。個人の責任でいいじゃないか

 総理の任命責任を問うなら、桜田氏を強く推した二階幹事長の推薦責任もあるぞ。いや、その前に桜田氏を選んだ千葉県民(主に柏市民・我孫子市民)の投票責任はどうするんだ。1回や2回ならまだ分かるが、7回も当選させてるんだぜ。そのぐらい当選させると、順番で大臣になっちゃうんだよ。

 任命責任というものを否定するつもりはないが、結果責任と一緒くたにしてはならない。任命責任とは、任命する時点において、適任であるかどうかをよく調べ、適正に判断したかである。結果として、その人物が失敗したり、スキャンダルを起こしたとしたら、それは結果責任として本人が負えばいいのである。

 野党が任命責任を問うのであれば、任命した時点であろう。その任命は適切ではない、任命者としての職責を果たしていないと、その時点で言うべきである。結果が出てから言うことではない。

コメントの投稿

非公開コメント

歳をとってネトウヨになるケースが多いらしい

> 野党は例によって安倍総理の任命責任を問うているが、いい加減にしろよ。
> 桜田氏は1949年生まれ。70歳になろうという爺さんだぜ。個人の責任でいいじゃないか。

え?「70歳になろうという爺さん」だと、任命責任の所在はどうでもよくなる?
そりゃあ「個人の責任」だってあるさ。当たり前だ。でも大臣なんだから「任命責任」だってあるに決まってるじゃないか。
年齢なんか関係ないよ。


>任命責任とは、任命する時点において、適任であるかどうかをよく調べ、適正に判断したかである。結果として、その人物が失敗したり、スキャンダルを起こしたとしたら、それは結果責任として本人が負えばいいのである。

任命したときに「適任であるかどうかをよく調べ、適正に判断」すると任命責任はないって?
いくら安倍晋三ファンだからってひどい理屈だな。
自分はこう思ってるから正しい!っということか。なるほどご本尊と似ている。

ちなみに「大辞林(第三版)」によると
「にんめいせきにん【任命責任】 ある者を任命することによって生じる任命者の責任。」
まあ、当たり前だよなあ。適任だとか適正に判断なんて関係ない。


> 野党が任命責任を問うのであれば、任命した時点であろう。その任命は適切ではない、任命者としての職責を果たしていないと、その時点で言うべきである。結果が出てから言うことではない。

ほんとぉ?任命した時点で「その任命は適切ではない、任命者としての職責を果たしていない」なんて言ったら、難癖付けてるとしか思えないけど。

それにしてもいい年して、こんなみっともない「ゴマすり」を書くとはね……。

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード