FC2ブログ

ファーストペンギンになるとはどういうことか考えてみる

 最近少しずつ浸透してきた言葉に「ファーストペンギン」というのがある。
 数年前のNHK朝ドラの中にも出てきたセリフというが、見ていないので分からない。

 集団行動をする南極のペンギン。
 エサを獲るためには海に飛び込まなければならないが、そこには危険も潜む。天敵に食われてしまうかもしれないのだ。
 「お前から行けよ」
 「やだよ。お前こそ先に飛び込めよ」
 「そんなの恐いよ」
 「俺だって同じだよ」

 と、皆が躊躇している中で、勇敢な(もしかしたら無鉄砲な)一羽が果敢に飛び込む。それを見た他のペンギンたちが、「お、大丈夫じゃん。じゃ俺も」と次々に飛び込む。

 最初にリスクを取りにいった一羽は、悲惨な結果に終わるかもしれないが、うまく行けば、たくさんのエサが食べられる。つまり、リターンも大きい。
 ということで、皆さんも勇気を持ってファーストペンギンになりましょう。と、朝のミーティングなんかでアザラシみたいな部長が、部下に話して聞かせるわけである。

 これは例え話である。
 いや、「実はペンギンの生態は…」などと、話をそっちに持って行くのはバカのやることだ。私の知り合いにも、いちいち例え話や比喩にツッコミを入れてくるヤツがいるが、大概にしやがれ。

 要は失敗を恐れずにチャレンジしなさい、ということで、それはその通りなんだが、部長の話に欠けているのは、どうしたらファーストペンギンになれるかということだ。
 勇気?
 でも、ちょっと抽象的過ぎるような気がする。
 
 ペンギンの群れにははっきりしたリーダーはいないようだが、人間の組織にはリーダーが必要だから、リーダーになれということなのか。リーダーはお手本を示せ。そういうことか。
 しかし、真っ先に飛び込んでも、誰も後に続かないかもしれない。セカンド、サードと、後に続く者がいて初めて、ファーストペンギンと称えられる。ただの孤独なチャレンジャーではダメなのだ。

 あの人に続け。
 あの人には経験がある。知識もある。技術もある。洞察力もある。判断力もある。だからそれに続けば間違いない。

 つまり。
 ファーストペンギンになりなさいという話は、単に最初にやりなさいというのではなく、人が信頼してついてくるような、そういうリーダーになれるように自分を磨きなさいということになるのかな。
 少なくとも、最初にやれば大儲けできるぞって話じゃないね

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード