FC2ブログ

小学校の教科担任制、教員は増やしてくれるのか

 生前、母親がよく言ってましたね。
 「あんた方はとても同じ職業(先生)とは思えない」って。
 うちは、私が高校教師で、弟が小学校教師だったもんで、二人の普段の様子を見て、そう思ったんだろうね。

 私も弟を見てて思った。
 「俺には到底真似できない」

 高校教師だった私の持ち時間(授業時間)は、多くても週18時間。16とか17の方が普通だ。これに学年、分掌、教科などの会議が組み込まれるが、空き時間(授業のない時間)は、1日当たり2時間はあった。
 一番授業時間が少なかったのは2校目で教務主任をやっていた時で、たしか週12時間。もちろん担任なし。教頭の下請けみたいな事務仕事は多かったわけだが、自分で言うのも何だが、そういう単純労働は得意だったもんで、かなり楽勝な生活。

 小学校の先生は大変だ。1日中授業だ。昼めしも一緒に食うんだろう。ずっと子供から離れられない。トイレいつ行くんだ。
 泣いたり、暴れたり、どこかにいなくなったり、喧嘩したり。近所のオッサンが怒鳴り込んできたり、最近では親が文句を言いにきたり、ホント大変だ。
 よほど子供好きじゃないと続けられないね。

 教員の働き方を変えるなら、まず小学校、続いて中学校、高校は最後でいいや。

 小学校に教科担任制を取り入れる方向で検討が始まるようだ。
 まあ、ものごと基礎が大事だから、音楽大学を出た先生に音楽を習い、美術大学を出た先生に絵を習い、体育大学を出た先生に運動を習うのはいい。子供たちもそのほうが楽しいだろう。

 だが、一番いいのは、1クラスに2人の担任をつけられるようにすることじゃないかな。教科担任制もいいが、それと教員増をセットにしないと、プラスよりマイナスが大きくなるだろう。予算があれば誰だってそうするよという話なので、名案と言えないが、経験的には、こうした改革は常に教員の負担増につながる。

 文科省の行う改革は、素人が主導するものだから理念とか理想が先行し、具体的なことは学校(現場)で考えてね、あと予算はつけませんから。
 こういうのが多いから、教科担任制の件も、その点が心配だ。

コメントの投稿

非公開コメント

小学校図書館の現場

私は公立小学校の図書室で、週に2回1日4時間勤務しています。基本は図書室整備、蔵書の管理が主な仕事です。だから教育委員会は何も実務的な研修もしません。それぞれの学校でよろしく。って感じです。
司書教諭が担任を持っているため、本来は学校の図書館教育などの中心になるはずが全くそのための時間は取れず、司書教諭という名前自体がただの負担になっています。そうすると、私のような非正規で短時間勤務の者に負担がのしかかります。

ところが、雇用条件はそのままで、近年は国語の教科書などを中心に図書館を利用した学習、調べ学習をどんどん取り入れろとなってきています。来年度からはさらにそういう時間が増えそうです。

調べることも、児童一人一人の疑問を大切にするのはいいのですが、いくら私が蔵書管理をしているからといって、わずか40分の授業の間で多様な疑問に対して調べ方を指南したり、児童が最適な資料を見つけるのを支援するのにも限度があります。

児童の疑問はかなり専門的な内容が多く、例えば里山の学習で、「ホダ木とは何か、どのようにして使われているか。」とか
「熊は冬眠中に、どのぐらいお腹が減るのか」(これらは3.4年生の疑問)などがあります。

こういった疑問を解決する資料のうち、小学生でもわかりやすいものはほとんどありません。例えばキノコ栽培の本や熊の冬眠についての研究論文などを探せばヒントはあるかもしれません。が、そんな疑問が一度に複数の児童から来ても、授業時間では到底対応しきれないのが現状です。

小学校図書館が十分機能しないのに、児童が主体的に調べられるわけがありません。

インターネットからの検索も、小学生は検索ボックスに入力するための語彙がまだまだ十分ではないので、そこがネックとなります。

担任の先生も一人一人の対応に大変そうです。何より、納得できる答えを得られない児童はもっとかわいそうです。

私もとことん児童の調べ学習に寄り添いたい。先生方の力になりたい。でも、何クラスもあり、それ以外の仕事もたくさんこなさなければならず、すぐに4時間の勤務時間は終了。
次の勤務日で来た時は、もう違う学習に変わっている。それでも気になった子は、「こんな記事があったよ。」「公共図書館でこんな本があるみたいだから借りてみてね、」などとフォロー。

自治体や小学校によって学校図書館事情は異なるとは思いますが、学校図書館司書も少ない勤務時間で半分ボランティアをせざるを得ない方は多いとおもいます。

クラスに2人担任がいたら、担任の先生も心の余裕が少しできてきっと児童にとってもいい環境になると思います。調べ学習もフォローしやすくなると思います。

子供と直接関わる現場の声を大切にしてほしい。。と心から思います。

長々すみませんでした。

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード