FC2ブログ

人が仕事を選ぶのではなく、仕事が人を選ぶのだ

 一昨日のエントリー「小学校の教科担任制、教員は増やしてくれるのか」に、長文のコメントを寄せてくださった読者さん。小学校図書館の現状、勉強になりました。

 突然だが、仕事は人を選ぶという話。
 人が仕事を選ぶんじゃなく、仕事の方が人を選ぶ。

 「仕事君」達はいつでも人を探している。すぐやってくれる人いないかな。上手くやってくれる人いないかな。
 「おい、鈴木さん(仮名)の所行ってみろよ。すぐやってくれるぞ」
 いいこと聞いた。すぐ行ってみるよ。
 「な、言った通りだろ。あそこが一番早い。それに正確だし」
 みんな! やってもらうなら鈴木さん(仮名)だ。
 かくして「仕事君」達は、こぞって鈴木さん(仮名)を目指す。

 なんで自分ばかり忙しいんだ。「暇こいてる奴」がいくらでもいるのに。
 ところが、この「暇こいてる奴」は、楽してシメシメとほくそ笑んでいるかと思いきや、本人忙しいと思ってる。まったく、手に負えんな。

 私も長いこと社会人をやってきて、また、いろんな学校を見てきて、たしかに負担のアンバランスはあるなと感じる。
 でも、これを平均化しようとすると、組織全体の戦力が落ちてしまう。全体のパワーを維持しようと思ったら、ブツブツ言いながらグズグズやる奴よりも、はいよっ、と言ってさっさとやってくれる人に任す方がいい。「仕事君」達もそれを喜ぶ。
 
 私には社長という肩書が付いているが、それは名称だけのことで、本来の意味での「長」の立場に立ったことはない。
 だがもし、そういう立場だったら…
 平均化は断念しよう。申し訳ないが、速さと正確さが優先だ
 ただ、人間の気力・体力にも限度がある。鈴木さん(仮名)に何かあったらどうしよう。これ以上の戦力ダウンはないわけだし。

 自称大忙しの「暇こいてる奴」には、ニッコリ笑って「いつもご苦労さん」とだけ言っておこう。
 鈴木さん(仮名)の話はしっかり聞くよ。自分に出来ることは何でもやってあげるよ。
 で、その上で言う。
 「忙しい中悪いけど、鈴木さん(仮名)、これやってくれないかな」

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード