FC2ブログ

講演会、何か新しい視点を提示できたかどうか

20190426花咲徳栄高校入試報告会

 今日は花咲徳栄高校入試報告会(塾の先生対象)に行ってきた。
 報告会の一部として私の講演会(40分程度)が入るというスタイル。

 出席された先生方としてはどうなんだろう。
 「学校の説明を聞きに来たんだから、余計なものを入れるな」
 「ついでに他校や公立の話も聞けて助かる」
 どっちなんだろう?

 同校がこのスタイルを取るようになって数年経つが、それ以前と比べて出席者が激減するといった状況にはなっていないようなので、「まあ、あってもいいかな」くらいには思っていただけているのかな。

 私の講演では、紙の資料は配布しない。
 話を聞いたり、スライドを見て、メモをしてもらう。いや、そんな面倒なことはしてもらわなくていい。
 提示しようとしているのはデータそのものではなく「視点」であり「考え方」であり「分析の手法」である。
 「なるほど、そういう見方もあったのね」
 もしも、そういう「気づき」を提示することに成功すれば、研究熱心な塾の先生のことだ。ご自身で調べられるだろう。

 受験生や保護者相手なら、教えるという要素が欠かせないが、調べる力があり、分析する力もある先生方に今さら教えることなんてない。
 ただ私の場合、良くも悪くも入試や募集の当事者ではないので、公立のことも私立のことも一歩引いて全体的に、また客観的に見ることができる。というか、それしか出来ない。

 「なるほど、そういう見方もあるか。ちょっと調べてみるか」
 そんな思いを持って帰っていただけるよう、これからも研鑽を重ねなければならない。

コメントの投稿

非公開コメント

花咲徳栄での講演会

梅野さん、毎年恒例の花咲徳栄高校での講演会、ありがとうございました。
私立高校だけでなく、公立高校のことも盛り込んでくれて、ためになりました。
もちろん、毎年楽しみにしています。

講演会について、塾のブログ「ブログ・アビット」に記事を書いてみました。

「平成31年度 埼玉県の私立高校入試は、どう行われたか」レポ(1)↓
https://blog.goo.ne.jp/kavid060327/e/a6ee4e3f8e029c8aa126ff2c37a83500

「平成31年度 埼玉県の私立高校入試は、どう行われたか」レポ(2)↓
https://blog.goo.ne.jp/kavid060327/e/58ff05a588560515527df7a2a696b9ec

講演会、勉強になりました。
また、よろしくお願いします。
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード