なぜパ・リーグの方が強いのか

 最近あまり興味を持ってプロ野球を見ていないのだが、セパ交流戦というのが行なわれていて、どうやらパ・リーグの方が圧倒的に強いようだ。
 ここ10年の日本シリーズではパ・リーグが7勝3敗と勝ち越しているし、現在、米メジャーリーグで活躍しているのもイチロー(オリックス)、ダルビッシュ(日ハム)、田中(楽天)などパ・リーグ出身者が多いところを見ると、やはりパ・リーグのほうが実力的に上なのかもしれない。

 パ・リーグではDH制という、ピッチャーは打席に立たない制度が採用されている。ピッチャーは投げる専門で、その代わりに打つ専門の選手が入る。
 セ・リーグの場合は、この制度がないので、セ・リーグのピッチャーは、事実上8人のバッターを相手にすればいいということになる。ピッチャーはどうせ打てないし、打つ気もないからだ。

 ところが、パ・リーグのピッチャーは、きっちり9人のバッターを相手にしなければならない。一番打てないピッチャー(日ハム大谷のような例外もいるが)に代わって、打つだけならまかせとけみたいな選手が入ってくるから、気を抜けないわけである。

 このようにDH制という、ピッチャーにとって厳しい環境で投げているから、パ・リーグの方が優秀なピッチャーが育ちやすく、それがチーム力の向上につながっている。というような説もあるが、専門家ではない私にはよく分からない。

 私が野球というものに興味を持ち始めた今から50年以上前、セ・パ両リーグの構成は次のようなものだった。
●セ・リーグ
 巨人・阪神・中日・広島・大洋・国鉄
●パ・リーグ
 西鉄・南海・近鉄・阪急・東映・大毎

 セ・リーグのほうは、現在も4球団がそのまま残っているが、パ・リーグにはそのまま残っている球団がない。
 パ・リーグの西鉄・南海・近鉄・阪急は、いずれも親会社が鉄道会社。東映は映画会社で、大毎も大映という映画会社。
 その後、変遷があったが、これを今の球団にあてはめると、
 西鉄ライオンズ → 埼玉西武ライオンズ
 南海ホークス → 福岡ソフトバンクホークス
 近鉄バファローズ・阪急ブレーブス → オリックスバファローズ
 東映フライヤーズ → 日本ハムファイターズ
 大毎オリオンズ → 千葉ロッテマリーンズ
 (新規参入 東北楽天イーグルス)

 ということで、私の注目点は、親会社の移り変わりだ。
パ・リーグのほうが、その時代、その時代で、時流に乗った会社、勢いのある会社が親会社についている。
 一方のセ・リーグは、大洋ホエールズは横浜DeNAベイスターズとなり、国鉄スワローズはヤクルトスワローズとなったが、巨人(読売新聞)、中日(中日新聞)、阪神(阪神電鉄)、広島東洋カープと代わり映えがしない。

 プロ野球という業界は、経営に多額な資金を要することもあり、なかなか新規参入ができない。しかし、経緯はともかく、結果としてパ・リーグのほうが新陳代謝が進んでいる。パ・リーグの実力アップや人気上昇は、こうした点と無関係ではないように思う。


 追伸:今日、知り合いの先生から「最近は政治ネタが多いですね」と言われた。たしかに、そうだ。ただ、私は元高校の政治経済の先生だったから、どうしてもそうなる。指摘してくれた先生は、野球にも造詣の深い方でもあるので、今日は野球ネタでせまってみた。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード