FC2ブログ

ファーストペンギンになるとはどういうことか考えてみる

 最近少しずつ浸透してきた言葉に「ファーストペンギン」というのがある。
 数年前のNHK朝ドラの中にも出てきたセリフというが、見ていないので分からない。

 集団行動をする南極のペンギン。
 エサを獲るためには海に飛び込まなければならないが、そこには危険も潜む。天敵に食われてしまうかもしれないのだ。
 「お前から行けよ」
 「やだよ。お前こそ先に飛び込めよ」
 「そんなの恐いよ」
 「俺だって同じだよ」

 と、皆が躊躇している中で、勇敢な(もしかしたら無鉄砲な)一羽が果敢に飛び込む。それを見た他のペンギンたちが、「お、大丈夫じゃん。じゃ俺も」と次々に飛び込む。

 最初にリスクを取りにいった一羽は、悲惨な結果に終わるかもしれないが、うまく行けば、たくさんのエサが食べられる。つまり、リターンも大きい。
 ということで、皆さんも勇気を持ってファーストペンギンになりましょう。と、朝のミーティングなんかでアザラシみたいな部長が、部下に話して聞かせるわけである。

 これは例え話である。
 いや、「実はペンギンの生態は…」などと、話をそっちに持って行くのはバカのやることだ。私の知り合いにも、いちいち例え話や比喩にツッコミを入れてくるヤツがいるが、大概にしやがれ。

 要は失敗を恐れずにチャレンジしなさい、ということで、それはその通りなんだが、部長の話に欠けているのは、どうしたらファーストペンギンになれるかということだ。
 勇気?
 でも、ちょっと抽象的過ぎるような気がする。
 
 ペンギンの群れにははっきりしたリーダーはいないようだが、人間の組織にはリーダーが必要だから、リーダーになれということなのか。リーダーはお手本を示せ。そういうことか。
 しかし、真っ先に飛び込んでも、誰も後に続かないかもしれない。セカンド、サードと、後に続く者がいて初めて、ファーストペンギンと称えられる。ただの孤独なチャレンジャーではダメなのだ。

 あの人に続け。
 あの人には経験がある。知識もある。技術もある。洞察力もある。判断力もある。だからそれに続けば間違いない。

 つまり。
 ファーストペンギンになりなさいという話は、単に最初にやりなさいというのではなく、人が信頼してついてくるような、そういうリーダーになれるように自分を磨きなさいということになるのかな。
 少なくとも、最初にやれば大儲けできるぞって話じゃないね

結果が出てから任命責任を問うって、どうなの

 桜田義孝大臣、とうとう辞任。

 この人、相当アホなんじゃないかと見られているが、千葉県立東葛飾高校出身なんだよね。東葛と言えば千葉県では千葉、船橋と並んで公立御三家と呼ばれている名門だから根っからのアホというわけでもなさそうだ

 自身のホームページによれば、家庭が裕福でなく大工をしながら明治大学(夜間)に通ったという。苦労人なんだ
 で、大工の腕を生かし、20代半ばで建設会社(桜田建設)を創業。今風に言うなら起業家だ。そのまま大工やってれば良かったのに。

 その後、市会議員、県会議員を経て衆議院議員に。
 いわゆる「たたき上げ」だ。昔はよくあったパターンだが、父や祖父も議員という二世議員が跋扈している現在の政界では、地方議員からのし上がってくるのは大変なことだ。努力家なんだろう

 私は、桜田氏が初めて衆院選(千葉8区)に出るときの政治資金パーティに出ている。埼玉県民の私にはどうでもいいことだが、仕事上の義理で出席した。どんな義理だったかはよく思い出せない。遠い記憶だが、スピーチはまあまあ上手かったんじゃないか。

 とまあ、どんな人間だって、いいところはあるんだよという話だ。

 野党は例によって安倍総理の任命責任を問うているが、いい加減にしろよ。
 桜田氏は1949年生まれ。70歳になろうという爺さんだぜ。個人の責任でいいじゃないか

 総理の任命責任を問うなら、桜田氏を強く推した二階幹事長の推薦責任もあるぞ。いや、その前に桜田氏を選んだ千葉県民(主に柏市民・我孫子市民)の投票責任はどうするんだ。1回や2回ならまだ分かるが、7回も当選させてるんだぜ。そのぐらい当選させると、順番で大臣になっちゃうんだよ。

 任命責任というものを否定するつもりはないが、結果責任と一緒くたにしてはならない。任命責任とは、任命する時点において、適任であるかどうかをよく調べ、適正に判断したかである。結果として、その人物が失敗したり、スキャンダルを起こしたとしたら、それは結果責任として本人が負えばいいのである。

 野党が任命責任を問うのであれば、任命した時点であろう。その任命は適切ではない、任命者としての職責を果たしていないと、その時点で言うべきである。結果が出てから言うことではない。

紙幣の肖像画、次の次本命は湯川秀樹博士か

 渋沢栄一・津田梅子・北里柴三郎。
 まあ、いいラインナップでしょう。2024年からの新紙幣肖像画に使われる人物。

 だいたい20年間隔で更新されているので、次の次は2044年頃か。私はもし生きているとすれば93歳。まあ、見ることはなさそうだ。いや、その前に完全キャッシュレス時代になっているかもしれない。

 私の一番古い記憶は、100円札の板垣退助、500円札の岩倉具視だ。昭和30年代の話。
 電車の一駅が10円(子供は5円)という時代だから、小遣い100円貰ったら大喜び。聖徳太子の1万円札なんて、滅多にみることはなかった。

 肖像画は政治家から文化人・科学者の時代へ。
 野口英世・北里柴三郎という流れからすれば、将来は日本人初のノーベル賞受賞者・湯川秀樹博士でしょう。
 樋口一葉・夏目漱石が使われたなら、森鴎外・芥川龍之介もありかな。あと、音楽界から滝廉太郎。
 女性が弱いね。平塚雷鳥、与謝野晶子あたりだが、政治的にどうか。
 などと、早くも次の次を予想してみるわけである。

 渋沢栄一、北里柴三郎は、その業績と顔写真が中学校歴史の教科書に出ている。津田梅子も、岩倉使節団に同行した女子留学生として紹介されている。

 教科書レベルということは、入試レベルということ。
 岩倉使節団は、条約改正や征韓論との関連で問題が作りやすいところ。
 渋沢栄一を出すなら殖産興業政策との関連。ただし、埼玉県の問題で出るかどうかは微妙。他都県で出すならいいが、埼玉県で出した場合、渋沢栄一の出身地・深谷市の中学生が有利になるとの意見も出そうだ。

 もう少し想像力を広げれば、歴史分野で貨幣・通貨の歴史。公民分野で金融の働きなども考えられる。
 元号については天皇制とのからみで入試問題にはなりにくいが、紙幣なら問題ない。次年度の問題はこれから作られるので、タイミング的にもドンピシャ。

失言でクビになった副大臣から二つの教訓を得た

 塚田一郎国交副大臣(参議院新潟・麻生派)が失言の責任をとって辞任。

 ニュースの概要は皆さんご存知ということで省くとして、私はここで何を学んだか。どんな教訓を得たか。

 教訓1 スピーチで笑いを取りに行ってはいけない。
 教訓2 自分を大きく見せようとしてはいけない。

 おそらく、この二つを心得ておけば、かれは副大臣を辞めずに済んだ。

 ユーモアは大事。笑いは必要。ただ相手が大人の場合は要注意。
 かれらは愛想笑いという術を心得ている。どんなつまらんジョークでも、「あっ、ここは笑いを取りに来てるんだ」と分かれば、ワハハと笑い、手を叩くのだ。大人の対応ってやつだ。
 話が受けたんじゃない。特に内輪の会などでは、これはお約束なのだ。
 勘違いするな。調子に乗るな。
 私はスピーチの達人というわけではないのだから、無理して笑いを取りに行くような真似はやめよう。
 
 自分を大きく見せたい気持ち。
 特に小物政治家にありがちだ。大物の名前を挙げ、懇意にしている、ツーカーの間柄、ということをダイレクトには言わないが、そう匂わせるもの言いをする。

 スピーチではない普段の会話などでも、つい最近も誰それと飲んだなどと、著名人や大物の名前をちょこちょこ挟み込んでくるやつがいるが、醜悪だね。その話を聞いて、「わあ、この人すごいんだ」と思う人なんていないよ。
 そんな大物と知り合いなのに、今のオマエは何だと思われるのがオチだ。

 実体以上に自分を大きく見せようとしていないか。この際、過去の言動を振り返ってみることにしよう。
 
 以上。
 いろいろと反省材料を与えてくれた塚田前副大臣に感謝だ。

先生同士の呼び方は「先生付け」か、「さん付け」か

 高校に入って驚いた。
 部室で上級生が、先生のことを「〇〇先生」でもなく、呼び捨てでもなく、「〇〇さん」と言っている。
 へぇ~、やっぱ高校生って大人なんだなと妙に感心したのを覚えている。以後、先生と面と向かって話すときは別だが、仲間内の会話では「さん付け」または、代々受け継がれてきた綽名だ。

 大学時代の記憶は薄いが、一応大人になっていたから、本人が目の前にいないからといって、呼び捨てにするようなことはなかった。「岩田さんの解釈はやっぱ独特だよな」みたいな。
 ちなみに、この岩田さんは、つい先ごろまで日銀副総裁を務められた岩田規久男教授である。当時は無名の新人講師だったので、「このゼミ一番入りやすいんじゃね」的な安易な選択をした結果、私は最初のゼミ生となったのである。

 教員になる前、一時会社勤めをしたが、その会社は新卒からアルバイトに至るまで全員が社長のことさえ「さん付け」で呼ぶ会社だった。もちろん、上司からも「さん付け」で呼ばれた。

 高校の先生として最初に赴任した学校(何度も言っているように県立川口北)では、年齢・役職に関わらず、互いを「さん付け」で呼び合っていた。さすがに生徒との会話の中では、「それは〇〇先生に聞いてみなさい」となるわけだが、先生同士で「〇〇先生」と呼び合うことはなかった。初代校長の方針だったと思われる。
 二校目の学校。ここでは若い世代は「さん付け」で呼び合っていたが、年配者は「〇〇先生」派が多かったと記憶している。

 教員を辞めて就職した会社は、役職呼び禁止。「さん付け」が義務付けられた。


 学校の先生は、お互いを「〇〇先生」と呼び合うべきか、「さん付け」で呼び合うべきか

 企業の世界では一時、「さん付け運動」なんてものが流行った。
 「部長」、「課長」と役職で呼ぶのではなく、「さん付け」で呼び合って、組織の風通しをよくしましょうというものだが、もともと学校は、管理職(校長・教頭)は別として、大卒新人から定年間近のベテランまでフラットな社会であるから、「さん付け」による風通し効果はさほどないように思われる。

 個人的には、「〇〇先生」と呼び合うことにやや抵抗感があるが、「さん付け」環境が長かったためだろう。生徒や保護者との会話の中では、他の先生のことは「〇〇先生」と呼ばざるを得ない。

 結局のところケースバイケースということなのだが、ただこれだけは注意しておこう。間違っても居酒屋では先生と呼び合うな。あと、生徒の名前を出すな
 新人を迎える季節だ。しっかり教育しておいてもらいたい。
 
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード