素人集団でもここまで強くなれる 大宮南女子ハンドボール部

 よみうり進学メディア埼玉版9月号「部活動特集」の取材で大宮南高校へ行く。
 今回は女子ハンドボール部の取材だ。

 県内女子ハンドボール界では、浦和実業・埼玉栄の私立2校が常に優勝争いを演じており、公立は3番手争いというのが実情だ。
 同部は6年前、野口美和監督(念のため男の先生です)が赴任して以来、急速に力を付け、ここ3年はコンスタントにベスト4からベスト8に進出するまでになった。そして今春、県3位となり関東大会に初出場した。

 驚いたのは、関東メンバーの主力である3年生10人のうち9人は高校に入ってハンドボールを始めた、いわゆる「素人(しろうと)」だということだ。もちろん、中学時代にバスケットなど他競技の経験はあるが、球技であるというだけが共通点で、求められる技術も戦術もまったく異なる。
 こんな「素人集団」を公立ナンバーワンにまで育てあげた野口先生の手腕には感服するばかりだ。

 どうやら野口先生は生徒のやる気や自主性を最大限に、いや極限まで引き出す独特の指導術を持っているようだ。

 ここに詳しく書けないのが残念だが、大学まで順調に競技生活を続けた野口先生が、教員として本格的に部活指導に携われるようになったのは、大学を卒業してから実に20数年を経てからだという。つまり、6年前この学校にやって来てからということだ。

 最初に赴任した学校も、2番目の学校も、部活動に全力投球できる環境ではなかった。
 先生自身には勤める学校を選ぶ権利はないのだから、これは止むを得ないことだが、中にはこれで意欲を失くしてしまう教員も少なくない。そんな中、野口先生は与えられた環境の中で、与えられた役割を懸命に果たした。それも嫌々とか仕方なくというのではなく、どこまでも前向きに、喜びを持ってその役職を全うした。
 独特の指導術を編み出した背景には、このような前史がある。

 団体競技の結果は、スカウティング(要するに選手集め)に左右されるというのは、誰もが知る事実だ。だが、寄せ集めの「素人集団」でもここまで結果が残せるということを実証した功績はすでにして大きい。が、それにしてもいつの日か、私立の厚い壁を打ち破り頂点に昇りつめて欲しいものである。

 大宮南女子ハンドボール01


関東大会出場校のまとめ

 運動部の関東大会埼玉県予選の結果がほぼ出そろったのでまとめておこう。
 テニスや卓球のように個人戦と団体戦がある競技は、団体戦の結果のみである。
 陸上競技は、種目も人数も多いので今回は省いた。

 2017関東大会出場校01

 図が小さく読みにくいと思うが、ピンクのアミカケが私立高校で、ブルーが公立高校である。

 ●埼玉栄は12競技、追う昌平・正智深谷
 埼玉栄はバスケット女子・バドミントン男子・卓球男子・柔道男女・体操男子で優勝、ハンドボール女子・剣道男子で準優勝と圧倒的な力を見せ、12競技が関東出場。
 それに続くのが昌平と正智深谷。サッカーは優勝が昌平で、2位が正智深谷、バスケット男子は優勝が正智深谷で2位が昌平と、両校しのぎを削っている。
 昌平は他に、バスケット女子・バレーボール男子・テニス男子・ラグビーも関東出場。正智深谷は優勝した卓球女子の他、バスケット女子・バレーボール男女も関東出場。
 ●ビッグ3に迫る川越東
 埼玉栄・昌平・正智深谷がビッグ3とすれば、それに迫ろうとしているのが男子校の川越東だ。今大会は優勝こそなかったが、バレーボール・バドミントン・テニス・卓球・ラグビー・剣道・ソフトボールの7競技が関東出場。
 ●浦和学院は野球・テニス、本庄第一は剣道、星野はソフトボール
 浦和学院はすでに終了した関東大会で2年ぶり6回目の優勝、テニス男女も常連。本庄第一は優勝した剣道男子の他、剣道女子・バレーボール男子・ソフトボール女子が出場。星野は優勝したソフトボールの他、ソフトテニス・卓球女子が出場。
 ●細田学園はバレー女子、淑徳与野は剣道、浦和麗明はテニス女子で初優勝 
 バレー女子で頂点に立った細田学園は全国常連。剣道優勝の淑徳与野、ハンドボール優勝の浦和実業、バスケット女子・テニス女子の山村学園なども狙いは全国出場で、関東は出て当然と言ったところか。
 急速に力をつけてきた浦和麗明のテニス女子が初優勝、同系列の叡明もバドミントン女子で優勝。 
 ●弓道男女は公立が独占
  公立が頂点に立ったのは、ソフトテニス男子団体・弓道の男女団体・ラグビー・体操女子団体のみである。
  弓道男女の上位4校はすべて公立である。公立優勢と言える唯一の競技だ。
 ●公立の雄・大宮東は6競技、川口総合は5競技
 体育科のある大宮東は、優勝種目はないものの、バレーボール男女・バドミントン男女・柔道女子・体操男子の6競技が関東出場。来年から「新・川口市立」として統合される川口総合は、ソフトテニス男子で優勝した他、ソフトテニス女子・卓球女子・柔道男女が関東出場。
 ●浦和・春日部など進学校も健闘
 浦和は全国出場経験のあるラグビーと弓道、春日部は卓球と剣道が関東出場。出場校が少ない競技であるが、アーチェリーでは栄東・大宮開成が頂点に立ち、関東出場を決めている。

 以上。
 カヌー・ボート・レスリング・ボクシング・空手・相撲・ウェイトリフティング・フェンシング・自転車など、取り上げられなかった競技もある。関係者の方、申し訳ない。

 

関東大会、ここなら何とかなりそうだ

 電車に乗っているとジャージ姿の高校生を大勢見かける。
 今、体育系部活は関東大会埼玉県予選の真っ最中だ。

 野球を除く高校部活のメジャーな大会と言えば、まずインターハイ(全国高等学校総合体育大会)だ。夏休み中に行われる。
 開催地は、各県の持ち回りで、以前は基本一県単独開催だったが、開催県の負担が大きいということで、現在は近隣の複数県による共同開催になっている。29年度は南東北インターハイとして山形県・宮城県・福島県で開催される。

 開催地や時期はまちまちだが、秋から冬にかけて行われる全国選手権大会もメジャーな大会だ。
 師走京都で行われる高校駅伝、年末年始花園で行われるラグビー、首都圏で行われるサッカー、かつては春高バレーと呼ばれていたバレーボールの全国選手権も現在は正月早々に行われている。
 これらの大会には3年生も出場できる。
 こんな時期まで部活をやっていて大学受験は大丈夫なのかと心配になるが、全国に出るような選手は推薦入学(スポーツ推薦など)で決まっているから問題ないのだ。

 これら全国レベルの大会に出られるのは、団体競技の場合、各競技とも原則1校だけ(インターハイではいくつかの競技で2代表)。個人競技の場合も数人。出場は至難の業なのだ。

 その点、関東大会は、競技にもよるが県予選ベスト4くらいまでが出場できる。選手の集めにくい公立高校でも、ここなら何とかなりそうだ。
 目指せ関東大会。

部活指導員制度には危うさも

 文部科学省は時々おかしなことを考える。
 いつもおかしなことを考えていたら、日本の教育はとうの昔に崩壊していただろうから、時々である。
 4月から始まる「部活動指導員」の制度の話だ。

 これにより、教員ではない外部の指導者が、日々の活動の指導にとどまらず、大会などへの引率が可能となる。

 こうした制度を設けた理由は、教員の業務負担軽減ということである。
 私が教員だったころに比べれば、学校の先生はずいぶんと余計な仕事を押し付けられているように思えるので、業務負担軽減には原則賛成。
 ただ、それを解消するのに、「部活から入って行くかな」というのが、私の感想。

 その前に、事務職員を増員したり、業務の機械化を図ったりするほうが効果は期待できそうだ。以前にも書いたが、「受験指導は塾の先生に任せちゃえば」というのも、一つの方向である。

 専門的な知識や技術を持った外部指導者の指導を受けられるのは、生徒にとって、いいことだ。でも、今回の制度は、そういうメリットもあるというだけで、そこに本来の目的があるわけではない。

 外部指導者の権限が増すと、部活動がますます過熱する危険性がある。
 毎日放課後、加えて土日も指導できるのは、限られた人になる。たいしたギャラも払われないだろうから、その点でも限られる。批判されるのを承知で言うが、ほかにやることがない暇な人にしかできないだろうということだ。
 そういう暇な人にまかせると、練習日や練習時間が今よりも多くなってしまうかもしれない。

 もしも、そういう方向に行ってしまうと、部活動をめぐる問題はより深刻化してしまうので、そうならないための歯止めというか、ルール作りが重要になってくるだろう。

 文部科学省は、部活動を外部指導者に任せてもいいよ、そういう方法も取れるよ、と言っているだけで、任せなさいと命じているわけではない。
 つまり実施の方法論は、教育委員会や学校に丸投げされている状態であって、学校としてはまた大きな宿題をかかえてしまった。

 部活問題にはおいおい触れて行くが、「全員加入は必要か」、「大会の数を減らせないか」、「中学校の全国大会は廃止しブロック大会までにできないか」、「高校入試とは切り離せないか」など、議論すべきことがらは、まだまだ多い。

 これらの問題も合わせて考えて行かないと、教員の業務負担軽減はもとより、部活動をめぐる諸問題の根本的な解決には至らないだろう。

ゲストも豪華な埼玉栄全国優勝祝賀会

 昨夜は浦和ロイヤルパインズホテルで開かれた埼玉栄中学・高等学校の全国大会優勝祝賀会に行ってきた。
 行ってきたというが、こういうのは先方から招かれないと勝手には行けないわけで、埼玉栄の先生が、あいつはスポーツには興味がありそうだからと招待してくれたので出席がかなったのである。

 この1年間で、全国優勝を果たした運動部や文化部の指導者の功績を称える会。
 念を押しておくが、全国出場じゃなく、全国優勝だからね。
 ふつう全国出場だけでも難しく、それだけで誉められる資格十分なんだが、この学校で出場を表彰していると、対象が多すぎて大変なことになる。そこで、団体で優勝したか、個人の優勝者を出した部のみが栄光賞というのをもらえる。

 男女柔道、女子レスリング、水泳・水球、相撲、女子野球、男女バドミントン、男子空手。以上が高校。
 空手、女子バスケット、ウェイトリフティング、バドミントン。以上が中学校。
 それに、文化部系で、高校と中学の吹奏楽部とマーチングバンド部。

 ゲストが豪華。
 同校相撲部OBの妙義龍関はじめとする現役の関取衆や、去年引退した元豊真将の立田川親方など大相撲関係者。大関・豪栄道関がいなかったのが残念。
 リオ五輪体操金メダリストの山室光史選手と加藤凌平選手。
 同ウェイトリフティング48㎏級銀メダリストの三宅宏美選手と58㎏級代表の安藤美希子選手。

 そんな中、私の一番の注目は、クレー射撃の中山由紀枝選手。高校時代はソフトボールの選手だったが、後にクレー射撃に転向し、シドニー・北京・ロンドン・リオと、なんと4回もオリンピックに出場している。選手寿命が長い競技だから当然次の東京もねらえる。今春、お子さん(たぶん娘さん)が、埼玉栄に入学するそうだ。子育てしながら競技生活を続けて来たんだね。大したもんだ。北京の4位が最高だから、次はぜひメダルをとってほしい。

 いつも言うように、社交性のない私は人の集まるところは好きじゃないんだけどね。昨日は大いに楽しませてもらった。

 埼玉栄祝賀会、表彰
 表彰される指導者の先生たち

 埼玉栄祝賀会、三宅選手
 左から、山室選手、加藤選手、三宅選手(挨拶)、安藤選手、中山選手

 埼玉栄祝賀会、関取
 妙義龍関(一番左)ほか関取衆。みんな合わせると1トンは超えていそう



プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード