FC2ブログ

正月ボケに喝! 進路希望調査の結果が出た

 これが発表されると、「本番近し」というムードが高まってくる。
 11日、新聞各紙に第2回進路希望調査の結果が掲載された。

 受験生としての関心事は、全体の動向ではなく、志望する学校の倍率だろう。
 さしあたり、普通科上位10校を見ておこう。

 
 1 市立川越 2.36倍
 2 市立浦和 2.33倍
 3 蕨    1.94倍
 4 越ヶ谷  1.90倍
 5 市立川口 1.84倍
 6 上尾   1.82倍
 7 川越南  1.78倍
 8 所沢北  1.73倍
 8 浦和南  1.73倍
10 和光国際 1.71倍

 当たり前の話だが、倍率が2倍を超えると、合格者より不合格者の方が多くなる。さすがにこれは厳し過ぎるということで、考え直す人が出てくるはずなので、最終的には2倍を超える学校はなくなるだろう。ここまでの学校は、この数字をピークに、実際の出願では、だいぶ下がってくるだろう。

 次に普通科20位まで。
11 川越   1.68倍
12 浦和西  1.65倍
13 大宮西  1.62倍
14 大宮南  1.61倍
14 大宮   1.61倍
15 浦和   1.57倍
15 川越女子 1.57倍
18 川口北  1.56倍
19 越谷西  1.52倍
20 伊奈学園 1.50倍

 浦和・大宮・川越・川越女子といった難関がようやくここに登場する。
 
 以前にもこのブログで書いたが、浦和・川越の両校は、第1回から第2回、さらに実際の出願まで希望者の増減がほとんどないという特徴を持っている。対して、大宮は第1回はきわめて高いが、第2回、実際の出願と徐々に希望者数が減って行く。

 浦和(第1回 580人 第2回 562人)18人減
 川越(第1回 622人 第2回 603人)19人減
 大宮(第1回 767人 第2回 573人)194人減

 いま現在は、高倍率である市立浦和・蕨も大宮と同じ動きをする。また、上位10校に入っている各校も、おおむね同じ動きを見せるので、実際の出願では、かなり落ち着いた数字になると考えられる。 

埼玉新聞に記事を書いた

 明日、1月10日(金)埼玉新聞の別刷「高校受験特集」が発行される。
 この新聞は、埼玉新聞本紙に折り込まれるほか、県内全中学校の3年生向けに無料配布される。中学生の皆さんの手元に届くかどうかは、先生の扱い次第なのだが、もし手にすることがあったら、読んでほしい。

 こんな感じ
  ↓
 埼玉新聞受験特集(26年1月10日)web

 中面には、各教科の問題分析をのせておいたので、参考にしてほしい。

 こんな感じ
  ↓
 埼玉新聞受験特集(26年1月10日)02web

 画像が粗くて読みにくいと思われるので、ぜひ実物を。

さあ学校が始まった、と思ったら入試まで2か月。

 冬休みが終わった。
 この正月休みは曜日の並びがよく、会社勤めの人は9連休だったらしい。
 だが、私は普通のサラリーマンの方々と違い、無休である。

 さて、冬休みが終わり学校が始まった。
 と思ったら、私立高校入試が目前だ。あと2週間。

 一部の私立を除けば、まあ不合格になる心配はほとんどない入試だが、やはり本番ということになれば、緊張はあるだろう。それでよろしい。本番入試直前の緊張感というものを経験しておいたほうがいい。

 公立入試までは約2か月だ。
 2か月じゃ、大したことはできない? いや、そうでもない。
 これは以前にも書いたことだが、大人の2か月と子供の2か月は意味が違う。
 私などは成長はとうの昔に終わり、退化しているのだが、15歳の受験生諸君は、身体も心も日々成長を続けているのだ。うらやましい。

 2か月あれば変われるぞ。

映像教材を撮影(収録)した

  来年1月、VIAX(ヴィアックス)という会社から発売される映像学習教材の撮影を行った。発売になるのは、「国語作文の書き方」と「社会科過去問学習法」の2タイトル。

「国語作文~」は、今年も何回か行った作文の書き方講座を映像化したもの。
 作文は大量得点(16点)のチャンスという考え方に立ち、これを短時間(5分~7分)で書くコツを紹介している。

「社会科~」は、去年(平成25年度入試)の埼玉県公立入試の問題を全問解説。
 この中で繰り返し言っているのは「今年の脇役は、来年の主役」ということ。
 脇役というのは、たとえば「ア~エの中から正しいものを選びなさい」といった問題で、正解がアだとして、イ・ウ・エのこと。翌年は、これらが正解として選ばれる問題が出ることが、よくある。
 だから、ここを掘り下げておくことが必要だという話をしている。

 WEBサイトからダウンロードする形(有料)となる。

 E-Learning.jpg

 

進路希望調査の結果発表、普通科11校が2倍超

 第1回進路希望調査(10月1日現在)の結果が発表された。
 全日制普通科の倍率は1.33倍で、昨年同期と同じだった。

 普通科で倍率が高いのは以下の学校である(2倍以上)。
 市立浦和 3.13
 市立川越 3.09
 越ヶ谷  2.41
 上尾   2.39
 川越南  2.28
 所沢北  2.18
 蕨    2.18
 大宮   2.15
 市立川口 2.08
 浦和南  2.06
 和光国際 2.04

 以上11校が2倍超えの学校だが、このうち越ヶ谷・所沢北・市立川口を除く8校は、昨年もこの時期の調査で2倍を超えていた。しかし、最終的にはすべての学校が1.5倍前後まで下がっている。今年度も、本番入試では2倍を超える学校はなくなるだろう。

 調査時点が10月1日現在ということなので、「何となく行きたい学校」や「あこがれの学校」を書いた人も多いだろう。よって、この調査結果は、参考程度に見ておけばよいのであって、これを見て志望校を変える必要はない。  
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード