埼玉県公立入試、出願締め切られる

 本日までで、埼玉県公立高校入試の出願が締め切られた。
 (この後、志願先変更期間がある)

 倍率の高い学校(普通科)を速報値としてお知らせしておこう。
 南陵 1.72
 市立浦和 1.70
 浦和 1.68
 越ヶ谷 1.67
 所沢北 1.63
 浦和南 1.62
 川口北 1.61
 浦和西 1.56
 春日部 1.55
 蕨 1.55
 大宮西 1.50
 浦和一女 1.47
 川越南 1.44
 川越女子 1.43
 和光国際 1.40

 浦和は第2回志望校調査(12月15日現在)と比べて7人減。浦和一女は10人減。この2校は、例年最初から最後まで志願者数に変化がないので、志願先変更後も倍率に大きな変化はないとみられる。

 春日部は、第2回調査から80人増で、倍率も1.5倍を超えた。第2回調査に含まれない隣接県(千葉県のこと)からの受験者が倍率を押し上げたものと推測される。

 募集人員が40人増えた川越と川越女子だが、川越女子は昨年以上の倍率だが、川越は1.38倍と、この学校にしてはやや低い倍率であるのが気になる。

 第2回調査で2倍を超えていた市立川越は2.63倍から1.54倍へ、市立浦和は2.32倍から1.70倍へ、越ヶ谷は2.13倍から1.67倍へ、大宮西は2.21倍から1.50倍へと、いずれも例年並みの倍率まで下げている。

 南陵が普通科で倍率トップとなるのは初めてである。この学校としては高すぎる倍率なので、志願先変更によりやや下がることが予想されるが、昨年も最終倍率1.41倍の人気校であるから、高倍率であることは変わらないとみられる。

続々報 第2回進路希望調査「私立編」

 新聞紙上においては、公立の希望状況のみが掲載されているが、県内私立を希望校として書いた生徒もいるわけで、そのあたりの数字を見ておこうと思う。
 なお、これはあくまでも12月15日現在の数字の比較であって、来週から始まる私立入試に向けて、実際の出願状況は変化していると考えられる。

◆昨年に比べ希望者が増えている学校
 叡明 74.9%増
 秀明英光 42.1%増
 自由の森学園 36.7%増
 西武台 28.3%増
 東野 25.8%増
 
 突出しているのが、越谷レイクタウンに新規開校する叡明(共学)である。小松原(男子校)としての募集であった昨年は、175人だったが、今年は306人と大幅な伸びを見せている。男女の内訳をみると、男子175人、女子131人であるから、ちょうど女子の人数分だけ希望者が増えていることになる。

 なお、上記以外で希望者が20%以上増えているのは、春日部共栄・浦和実業学園・川越東・埼玉平成・本庄東の各校である。

◆昨年に比べ希望者が減っている学校
 栄北 -30.3%
 花咲徳栄  -25.8%
 山村国際 -25.0%
 大宮開成※ -24.4%
 聖望学園※ -24.2%
 大妻嵐山※ -21.4%
 獨協埼玉※ -20.1%

 希望者の中には、併設中学校からの内部進学者も含まれる。※印の学校は、中高一貫校である。
 大宮開成は、昨年234人から今年177人と、57人減っているが、内部進学者が昨年に比べ約40人少ないことが影響しているとみられる。
 獨協埼玉も、昨年294人から今年233人と、61人減っているが、こちらも内部進学者が45人程度少ないことが影響しているとみられる。

 次に、調査時点における定員充足率をみてみる。
 希望校として書いた者が、いわゆる「単願」希望者であり、かれらが確実に入学したと仮定したときに、募集定員をどれくらい満たすかという数字である。

◆調査時点において定員充足率が高い学校
 栄東※ 86.8%
 開智※ 80.8%
 本庄東※ 81.8%
 星野※ 75.1%
 秀明英光 74.3%
 獨協埼玉※ 72.8%
 東京農大三※ 71.8%
 城北埼玉※ 70.4%

◆調査時点において定員充足率が低い学校
 東野 22.3%
 武南※ 34.8%
 大宮開成※ 35.4%
 浦和学院 38.0%

 浦和学院は、昨年の328人から今年304人と減っているが、昨年も最終的には、定員800人に対し、913人が入学している。併願受験者数と、その「戻り率」が昨年並みであれば、定員を割り込むことはないとみられる。
 武南は、昨年の135人から今年139人と、ほぼ現状維持である。中高一貫であるが、第1期生が高校に入学するのは来年度からであるから、この数字は、外部進学者のみの数字である。もともと単願希望者よりも、近隣の蕨・川口北・浦和南などとの併願受験者が多い学校で、昨年も、最終的には定員400人に対し465人が入学しているので、ここも併願受験者数と「戻り率」が昨年並みであれば、定員を大きく割り込むことはないとみられる。

 
 以上、12月15日現在調査における数字からみた動向である。
 私立は、公立に比べると入試制度が複雑である。
 中高一貫校と高校単独校、単願の割合が多い学校と併願の割合が多い学校、明確な合否見込みを出す学校と出さない学校など、さまざまな要素が絡み合っての数字であることに注意したい。



 
 

続報 第2回進路希望調査

 今日はまず、第1回調査(10月1日現在)との比較を試みる。(左が第1回、右が今回)

 市立川越 3.59 → 2.63
 市立浦和 2.93 → 2.32
 大宮西  2.58 → 2.21
 越ヶ谷  2.52 → 2.13
 川越南  2.33 → 1.83
 浦和西  2.29 → 1.90
 上尾   2.29 → 1.78 
 所沢北  2.23 → 1.73
 蕨     2.22 → 1.76
 浦和南  2.13 → 1.77
 川口北  2.03 → 1.80

 第1回調査では、上記のとおり11校が2倍を超えていたが、第2回では、市立川越・市立浦和・大宮西・越ヶ谷の4校だけとなった。

 市立川越・市立浦和の昨年の動向は次のとおりだ。(左から、第1回・第2回・最終確定志願倍率の順)
 市立川越 3.09 → 2.36 → 1.32
 市立浦和 3.13 → 2.33 → 1.75
 以上から、今年も最終的には2倍を切るものと予想される。
 越ヶ谷は昨年、(2.41 → 1.90 → 1.52)と推移した。したがって、これも最終的には1.5~1.7倍まで下がると予想される。
 大宮西が高倍率であるのは、募集人員が80人減となったためである。志願者数で見ると、昨年第2回が519人、今年第2回が531人と、大きな変化はない。今回の高倍率を見て、変更する者が多いと予想される。

 昨年は最終確定志願倍率(2回の変更を経た出願倍率)で、1.5倍を超えたのは、次の10校であった。
 市立浦和 1.75
 川越 1.62
 所沢北 1.55
 浦和西 1.52
 越ヶ谷 1.52
 浦和 1.51
 浦和一女 1.51
 川越女子 1.51
 川口北 1.51
 蕨 1.51
 以上の結果から、今回(第2回)調査で1.8倍~2倍超の高倍率である学校も、最終的には1.5~1.7倍程度に落ち着くと予想される。  
 

速報 進路希望調査(12月15日現在)の結果が発表された

 第2回進路希望調査の結果が埼玉県教育委員会から発表された。
 平成26年12月15日現在の調査である。

 第1回(10月1日現在)に比べれば、実際の出願に近い数字が出ることは、以前にも書いたとおりである。
 だが、2月18・19日の願書提出日までには、まだ大きな動きがあると考えられる。

 普通科の高倍率校は、次のとおりである。
 市立川越 2.63
 市立浦和 2.32
 大宮西 2.21
 越ヶ谷 2.13
 浦和西 1.90
 川越南 1.83
 南稜 1.81
 川口北 1.80
 上尾 1.78
 浦和南 1.77
 蕨 1.76
 所沢北 1.73
 浦和 1.70
 和光国際 1.64
 浦和一女 1.50
 大宮北 1.50
 以上、倍率1.5倍を超えた学校。(注:1月14日、川越南が抜けていたので追加)

 その他、主な学校(普通科)の倍率
 大宮 1.46
 川越 1.42
 越谷北 1.40
 不動岡 1.40
 熊谷西 1.39
 川越女子 1.36
 春日部 1.32
 熊谷 1.22
 熊谷女子 1.11

 専門学科・総合学科の主な高倍率校
 大宮(理数) 2.13
 蕨(外国語)1.98
 和光国際(外国語)1.91
 川口総合(総合)1.85
 松山(理数) 1.85

 
 以上のとおりだが、全体的として見れば、ほぼ例年通りの傾向である。
 明日以降、もう少し詳しく分析してみようと思うが、冷静にながめてもらいたい数字である。
 
 
 

漢字で正確に書けないと損だ

 さいたまけんきょういくいいんかいから、27ねんどにゅうしのさいてんのげんそくというものがはっぴょうされている。

 おっと、漢字変換するのを忘れてた。
 全部ひらがなは読みにくい。
 では、最初の文章を漢字変換。

 埼玉県教育委員会から、27年度入試の採点の原則というものが発表されている。
 5項目あるが、その3番目に次のように書かれている。

 「次のような場合は、各学校の裁量により正答と認めて差し支えない」
 正答と認めて差し支えないというのは、正解にしてあげてもいいよということであるから、誤答とされる場合もあるということだ。その判断は各学校にまかされる。

 では、次のような場合とは、どんな場合か。
 (1)「ひらがな」で書くべきところを、「かたかな」で書いた場合
 (2)「かたかな」で書くべきところを、「ひらがな」で書いた場合
 (3)漢字で書けるところを、「ひらがな」等で書いた場合
 (4)文字そのものの正確さを問う問題を除いて、文字についての若干の誤りや不正確な点のある場合
 以上である。

 (1)(2)はあまりないだろう。「ナトリウム」を「なとりうむ」と書いたり、「フランシスコ・ザビエル」を「ふらんしすこざびえる」と書いたりする人はいないだろうから。

 (3)の漢字で書けるところを、「ひらがな」等で書いた場合がどうなるかだ。
 「水蒸気」を「すいじょうき」と書いたり、「内閣」を「ないかく」と書いたり、「信長」を「NOBUNAGA」と書いて正答とみなされるかという話だ。
 原則は、正答とみなして差し支えないであるから、完全に×とはならないだろう。〇がもらえる可能性が高い。
 しかし、減点してもよろしいのであるから、減点する学校だってあるだろう。
 教科書に漢字で書かれている言葉は、「漢字で書けるところ」であるから、それを「ひらがな」で書いて減点されたとしても文句は言えないということだ。

 私が、教員だった時代は、部分点を認めるという問題がなかった。採点は〇か×のどちらかである。だから、「秀吉」を「ひでよし」と書いても×にはならなかった。
 しかし、現在の入試では、最初から部分点を認めるとしている問題もあるし、各学校の裁量で部分点を認めてもよいという決まりもある。

 受験生諸君は、これからいよいよ追い込みの段階に入って行くわけだが、正確な知識を身につけるよう心がけてほしい。ちょっとしたことで減点されるのはもったいない。
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード