FC2ブログ

高校野球、やっぱり部員の多いチームは強かった

 途中いくつかの番狂わせがあったが、終わってみれば2強の優勝。
 南埼玉大会優勝:浦和学院(5年ぶり13回目)
 北埼玉大会優勝:花咲徳栄(4年連続6回目)

 今大会、「部員が多いチームが強いだろう」と想定し、勝敗を予想?してきた。
 ●部員が多いチームが勝った確率のまとめ(部員数不明の学校の試合は除外)
 2回戦まで 87/94=92.6%
 3回戦   23/30=76.7%
 4回戦   11/14=78.6%
 準々決勝  8/8=100%
 準決勝   3/4=75.0%
 決勝    2/2=100%
 トータル  134/152=88.2%
 
 準々決勝以降では、南大会で川口(73人)が川越東(98人)に勝ったのが唯一の例外で、他はすべて部員数の多いチームの勝ち。
 その他、部員数の差を跳ね返した例は、次の4試合。
 〇昌平(89人)―×春日部共栄(122人)
 〇川口市立(52人)―×埼玉栄(89人)
 〇ふじみ野(58人)―×星野(102人)
 〇川口(73人)―×大宮東(111人)
 こうして見ると、今大会は私立では昌平、公立では川口、ふじみ野、川口市立の健闘が光る。特に川口はよくやった。

 たった一大会で結論を出すのは早計だが、野球素人の私が「部員数が多いチームが強いだろう」というだけで勝敗予想し、9割近い確率で当たったところを見ると、この考え方まんざらでもない。
 ただし、じゃあ部員数増やせば勝てるようになるかと言えば、そうはならない。
 今回勝ち残ってきたチームには、名監督がいる。練習環境が整っている。学校・後援会・OBなどから物心両面の強力な支援が得られる。部員数が多いというのは、これらの結果に過ぎない。
 
 しかし、こうなると他の競技も調べてみたくなるね。サッカーあたりも当てはまるんじゃないかな。文化部では吹奏楽なども。機会があれば調べてみよう。

高校野球埼玉県予選、準々決勝を予想する

 高校野球埼玉県予選。
 一生懸命戦っている関係者の皆さんには申し訳ないが、個々の選手の力量も、監督の采配も一切無視して、兵力の差(部員数の差)だけで勝敗を予想している。

 16日(月)の予想と実際の結果。
 左側が勝ち予想。数字は部員数。青字が実際の勝ちチーム。

 ●北大会
 花咲徳栄163―95春日部東
 正智深谷75―34越谷南
 滑川総合76―57東京農大三
 白岡66―59春日部
 本庄東73―52本庄第一
 昌平89―59独協埼玉
 上尾91―47越ヶ谷
 早大本庄53―49草加西
 ●南大会
 浦和学院96―50朝霞西
 朝霞49―47市立浦和
 聖望学園76―61狭山ヶ丘
 埼玉栄89―52川口市立
 星野102―58ふじみ野
 大宮東111―73川口
 山村学園98―98川越東 (同数)
 西武台?―79市立川越

 南大会「山村学園対川越東」は同数、「西武台対市立川越」は西武台の人数が不明なので、この2試合を除く14試合で部員数が少ない方が勝ったのは、川口市立、川口、ふじみ野の3例で、残り11試合は部員の多いチームの勝ちで勝率は11/14=78.6%

 以下は18日に予定されている準々決勝の予想。
 ●北大会
 花咲徳栄163―75正智深谷
 滑川総合76―66白岡
 昌平89―73本庄東
 上尾91―53早大本庄
 ●南大会
 浦和学院96―49朝霞
 聖望学園76―52川口市立
 川口73―58ふじみ野
 川越東98―79市立川越
 
 ここまで来ると兵力の差(部員数の差)だけでは決まらないような気がしてきたが、やり始めたことなので最後まで続けてみよう。
 ※7月18日加筆:結果が判明したので、勝ちチームを青字に変更しました。8試合すべて、部員数の多いチームの勝ちでした。勝率100%。

高校野球、「部員数の多いチームが強いだろう」を検証してみる

 私はそれほど熱心な高校野球ファンというわけではない。
 野球に詳しいわけでもない。取材したこともない。
 そんな私が、専門知識やチーム・選手情報抜きに埼玉県大会の今後を予想してみる。

 予想の仕方は簡単。
 「部員の多いチームが強いだろう」 
 昨日まで、北大会42試合、南大会52試合、計94試合を消化しているが、このうち、部員数が少ない方のチームが勝ったのは7例である。北大会2回戦で昌平(89人)が春日部共栄(122人)に勝利、南大会1回戦で武南(52人)が蕨(77人)に勝利など。
(※部員数は埼玉新聞の高校野球特集版による。昌平のデータはないが同校ホームページより89人)
 残りの87例は部員数の多いチームの勝ち。部員数の多いチームが勝利を収める確率は、2回戦を終わった時点で92.6%

 では、本日(7月14日)の南大会の勝敗を予想してみる。
 左側が勝ち、右側が負け。数字は部員数。青字が実際の勝ちチームである。
 ●南大会3回戦
    浦和学院96―34志木
    朝霞西50-43坂戸
    朝霞49-34城北埼玉
    川越工業69―47市立浦和
    埼玉栄89―35所沢西
    川口市立52―?川口青陵
    聖望学園76―34所沢
    狭山ヶ丘61―48川越
    西武文理63―58ふじみ野
    星野102―74立教新座
    大宮東111―56所沢商業
    川口73―62埼玉平成
    市立川越79―52武南
    西武台?―63坂戸西
    川越東98―24飯能南
    山村学園98―35川越南
 川口青陵と西武台は部員数が分からないので、この2チームの試合を除く14試合のうち、部員数の少ないチームが勝ったのは、市立浦和とふじみ野の2例で、残りの12試合は、部員の多いチームの勝ち。勝率12/14=85.7%
 
 次に、同じ方法で、明日(7月15日)の北大会3回戦16試合を予想してみる。
 左側が勝ち予想のチーム。数字は部員数。
 ●北大会3回戦
    花咲徳栄163―32八潮南
    春日部東95―53伊奈学園
    熊谷商業80―75正智深谷
    越谷南34―28秩父農工科学
    松山74―66白岡
    春日部59―44桶川
    東京農大三57-49熊谷
    叡明86―76滑川総合
    本庄東73―55栄北
    本庄第一52―13寄居城北
    昌平89―45久喜北陽
    独協埼玉59―27宮代
    早大本庄53―22越谷北
    熊谷工業52―49草加西
    秀明英光52―47越ヶ谷
    上尾91―25羽生第一

 さて、どんな結果になるか。
 ※7月15日加筆:北大会の結果が判明したので、勝ちチームを青字に修正しました。16試合中11試合が、部員数の多いチームの勝ちでした。勝率68.8%

「ボールが頭に当たったら死ぬぞ」の背景を考えてみる

 「ボールが頭に当たったら死ぬぞ」。
 そうだ。だから、野球ではバッターはヘルメットかぶってる。

 5月11日、読売新聞ニュース。以下引用。
 「金沢龍谷高校の野球部で4月、1年生の男子部員に対し、男性監督(40)による不適切な言動の指導があり、同校が男性監督を謹慎処分としていたことが10日、わかった。石川県高野連を通じて事態を把握した日本学生野球協会は11日、審査室会議を開いて同校への正式な処分を決める。同校によると、4月1日午後、ノックの練習中に、男子部員の集中力が欠けていると感じた男性監督が『ボールが頭に当たったら死ぬぞ』などと発言した。言動にショックを受けた男子部員は翌2日から練習を休み、母親が同校に経緯を説明した。男子部員は現在も不登校の状態が続いている」
以上引用おわり。

 「ボールが頭に当たったら死ぬぞ」が不適切な言動かどうかは、ひとまず措くとして、私はこの報道が、朝日や毎日ではなく、ほぼ読売一紙だけだったことに注目した。地元紙・北國新聞WEBサイトも調べたが見当たらなかった。
 高校野球大会を主催する朝日や毎日ならスルーだろうが、高校野球にそれほどコミットしていない読売だから記事にできたと推測。

 次に、5月11日に開かれた日本学生野球協会・審査室会議において、どんな処分が決定したかを調べてみた。
 ●対外試合禁止
  広島商業 部員の部内暴力
  神村学園(鹿児島) 部員の部内暴力
  小倉(福岡) 上級生の下級生への行き過ぎた指導
  酒田南(山形)部員の部内暴力
  精華(大阪) 部員の部内暴力
 ●謹慎
  希望が丘(福岡)の監督 新入生徒練習参加規定違反
  金沢龍谷(石川)の監督 部員への暴力と暴言
  高知の部長 報告遅れ
  鳥羽(京都)の部長 部内暴力と暴言
  校名非公表 顧問の人権侵害行為

 全10件。処分としては対外試合禁止が重そうだ。謹慎は部長や監督など指導者に対する処分である。

 読売は、事前に情報を得、取材し、日本学生野球協会の処分が決まるタイミングに合わせて、記事化したと思われる。強豪広島商業・神村学園の対外試合禁止よりも、全国的に無名の金沢龍谷の暴言の方が、記事としては注目度が高いという判断だろう。
 ちなみに、金沢龍谷は今年4月に校名を変更した。旧校名は尾山台である。石川県は、星稜、航空石川、遊学館、金沢が強く、金沢龍谷は2010年に一度石川県大会決勝に勝ち残ったのが最高。駅伝部は全国大会に何度か出場している。

 「ボールが頭に当たったら死ぬぞ」をネット検索すると相当数がヒットする。新聞は、読者が食いつきそうな話題を取り上げる。「死ぬぞ」や「不登校」というワードは今の時代、人々の関心を惹きやすい。その意味で読売の狙いは当たりということだろう。

 「ボールが頭に当たったら死ぬぞ」はその通りかもしれないが、先生方には、「スマホ見ながら歩いてると死ぬぞ」と生徒に厳重注意していただきたい。

高校生の飲酒・喫煙、野球部だと面倒な話になる

 高校生が飲酒、喫煙をしたら…
 そりゃあ当然、指導対象だな。自宅謹慎ぐらいかな。停学は処分にあたり調査書などにも記載されるので、将来を考えてなるべく避ける。退学させると、周りに注意する大人がいなくなる可能性が高いから、これもやりたくない。

 高校生の飲酒・喫煙はむろんいけないことに決まってる。だが、反省文書かされて、親も呼び出されて校長先生から説教食らう程度のことだ。

 ところが、この生徒が野球部の部員だと話は面倒だ。
 普通、指導対象になるのは本人だけで、その生徒のクラスメイトや、その生徒が属している部活にまで及ぶことはない。

 野球部はどうか。
 一人の飲酒・喫煙が、部全体に及ぶことがある。
 まあ例えばの話、部の合宿や遠征で、みんなで酒盛りしちゃって、ついでにタバコを吸い回しちゃいました、というような状況なら別だが、野球とは別のところでやらかしても「〇〇高校野球部員が喫煙」となり、高野連とか学生野球協会から、対外試合の禁止といった処分を受ける。
 連帯責任というやつだ。

 連帯責任の是非については、いろんな意見があると思うので、それはいったん措いておいて、そもそも生徒の非行を正すのは学校の仕事であり先生の役割である。そこへ、高野連だか学生野球協会だかが、ずかずか入り込んできて勝手に処分を決める。オマエら何様じゃ。と、私はいつも怒っている。「うちの生徒に何するんだよ」。

 高校の野球部の顧問や監督の先生方は、こういうのがおかしいと思わないんだろうか。

 実は、今日は市立川越の話を書こうと思っていた。
 同校は、中学生を練習に参加させていたのが理由で、選抜大会21世紀枠の推薦を辞退した。
 それが何だ。
 と、思ったが、高校野球的には重大な規則違反らしい。
 私にはよく分からん。

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード