「勝ちたい」と「負けられない」の差が勝敗を分ける

 「勝ちたい」と「負けられない」。
 どちらも勝利を目指すという点では同じことだが、「勝ちたい」と「負けられない」がぶつかり合うと、たいていは「勝ちたい」に軍配が上がる。
 
 昨日の花咲徳栄対浦和学院戦。
 花咲徳栄は今シーズン、秋と春二度とも決勝戦で浦和学院に1点差で負けている。三度決勝戦で当たり三度負けるのは悔しい。今度こそ浦和学院に「勝ちたい」。そこに気持ちを集中できた。
 連続出場のプレッシャーより、対浦和学院戦に「勝ちたい」気持ちが上回った。

 一方の浦和学院。
 今シーズンは一度も県内チームに負けていない。唯一の敗戦は昨年秋の関東大会での対横浜戦だ。昨日の決勝戦までの公式戦は24勝1敗。正に「王者・浦学」と言っていい戦いぶりだ。
 だから、ここで「負けられない」。
 しかも、過去3年の夏の大会では決勝戦に駒を進められず、今回は4年ぶりの決勝進出だから、ここまで来て「負けられない」。
 さらに、今シーズンは花咲徳栄と2回当たって2回とも勝っている。そんな相手に「負けられない」。

 浦和学院のナインに「勝ちたい」気持ちがあったのは当然だが、「負けられない」の気持ちが少しばかり上回ってしまったのではないか。
 今大会に限定すればディフェンディングチャンピオン花咲徳栄対チャレンジャー浦和学院という構図なわけだが、むしろ花咲徳栄の方がチャレンジャーとして臨み、浦和学院の方が受けに回ってしまった。
 そんなちょっとした精神面の違いが、勝負を分けたように思う。


 さあ、ここからいつものように受験の話に持って行くわけだが、「勝ちたい(合格したい)」と「負けられない(落ちたくない)」が戦うと、たいていは「勝ちたい(合格したい)」が勝利を手にする。
 「受かるかな、落ちるかな」なんていうのは問題外。
 「落ちたくないな」も失敗の元。
 ただひたすら「勝ちたい(合格したい)」と念じ、それ以外を考えない。自分の気持ちをそういう方向に持って行ければ、良い結果を得られるであろう。

花咲徳栄が3連覇達成

 全国高校野球選手権埼玉大会。
 決勝戦は、花咲徳栄が5対2で浦和学院を破り3年連続5回目の夏の甲子園出場を決めた。

 花咲徳栄は平成13年に初出場。10年後の平成23年に2回目。そして平成27年から今年まで3年連続出場。
 今年を含めたここ10年間では、花咲徳栄が4回、浦和学院が3回、本庄第一が2回、春日部共栄と聖望学園が各1回甲子園出場を果たしている(平成20年は記念大会で2校出場なので合計が11回となっている)

 今年は、4本シードのうち花咲徳栄、浦和学院、春日部共栄が4強まで勝ち上がるなど波乱の少ない大会だった。
 公立では、ふじみ野と川越工業がベスト8に残ったが、ふじみ野は秋季、春季ともベスト8、川越工業も秋季ベスト16、春季ベスト8であるから、実力通り勝ち上がってきたと言えるだろう。
 私立では、ベスト4に残った山村学園と、ベスト8に残った叡明の健闘が光った。

 浦和学院は、秋季大会、春季大会ともに優勝し、新チームになって以来、県内無敗でこの大会に臨んでおり、唯一の敗戦が今日の決勝戦だった。惜しくも敗れたが、花咲徳栄と甲乙つけがたい実力校であるのは間違いない。

 花咲徳栄は、秋季大会、春季大会の決勝戦で、いずれも1点差で敗れた浦和学院にリベンジを果たした。
 一昨年の本大会ではベスト8に進出し、優勝した東海大相模(神奈川)に敗れた。昨年は、3回戦に進出し、またもや優勝した作新学院(栃木)に敗れた。
 今年は何としてもベスト4以上、できれば深紅の大優勝旗を埼玉に持ち帰ってもらいたいものだ。

ありそうでなかった浦和学院、花咲徳栄の決勝対決

 ありそうでなかった決勝戦「浦和学院VS花咲徳栄」。

 甲子園をかけた明後日の埼玉県予選決勝戦は、過去夏の大会12回出場の浦和学院と、4回出場の花咲徳栄の対戦と決まった。
 この両校、秋と春の県大会や関東大会では何度も決勝戦で対決しているが、不思議なことに夏の大会決勝戦で当たるのは今回が初めてだ。
 花咲徳栄が勝てば3年連続5回目、浦和学院が勝てば4年ぶり13回目の甲子園出場となる。
 新チーム以後で見ると、秋も春も決勝戦で浦和学院が花咲徳栄を1点差で敗っており、関東大会優勝校でもある浦和学院がやや優勢と見えるが、何が起こるか分からないのが高校野球である。好試合を期待しよう。


ちょっと早めの夏の甲子園予想

 24日、野球関東大会決勝で浦和学院が東海大相模(神奈川)を3-2と逆転で下し、2年ぶり6回目の優勝。
 強いね。

 高校野球の1シーズンは、秋季大会に始まり、春季大会を経て、夏の甲子園で終わる。
 ●秋季大会
 上位2校が関東大会に出場するが、ここでベスト4以上に入ると、翌春の全国選抜大会への出場がほぼ確実になる。
 ここ3年間の県大会結果は次のとおり。
 26年秋季 優勝:浦和学院 準優勝:川越東
 27年秋季 優勝:浦和学院 準優勝:花咲徳栄
 28年秋季 優勝:浦和学院 準優勝:花咲徳栄
 ●春季大会
 上位2校が関東大会に出場する。全国にはつながらないが、県大会結果は夏の県大会のシードに影響する。
 ここ3年間の県大会結果は次のとおり。
 27年春季 優勝:浦和学院 準優勝:川越東
 28年春季 優勝:浦和学院 準優勝:花咲徳栄
 29年春季 優勝:浦和学院 準優勝:花咲徳栄
 浦和学院は、27年と29年(今年)は関東でも優勝。圧倒的な強さだ。
 ●全国選手権(夏の甲子園)
 春と秋は地区大会を経て県大会だが、ここは代表1校の座をかけて、地区大会なしの一発勝負のトーナメント。
 ここ3年間の県大会結果は次のとおり。
 26年夏 優勝:春日部共栄 準優勝:市立川越
 27年夏 優勝:花咲徳栄 準優勝:白岡
 28年夏 優勝:花咲徳栄 準優勝:聖望学園

 秋から春まで無敵の浦和学院が、ここで何故かこけるのである。しかも敗れた相手は、26年(県立川口)、27年(白岡)、28年(市立川越)と、全部公立。
 浦和学院の鬼門は、対公立戦。
 今シーズンも、これまで県内無敗であるから、対公立戦さえ無難に乗り切れば、甲子園出場は堅いだろう。

 ライバルの花咲徳栄は、3年連続の夏の甲子園を目指すが、前述のとおり、浦和学院には分が悪い。
 夏の大会は、浦和学院が途中でこけているので、それ以外の対戦結果を見てみよう。
 27年秋:決勝 浦和学院6-4花咲徳栄
 28年春:決勝 浦和学院7-6花咲徳栄
 28年秋:決勝 浦和学院4-3花咲徳栄
 29年春:決勝 浦和学院7-6花咲徳栄
 決勝で4回当たり4連敗。しかも、そのうち3回は1点差負け。

 今夏の大会は、両校が第1、第2シードとなるので、当たるとしたら決勝戦ということになる。
 無敵の王者浦和学院が、取りこぼしなく決勝戦まで駒を進めてくるか。ライバル花咲徳栄が決勝で浦和学院を破り真の王者となるか。
 このあたりが私の注目するところだ。

花咲徳栄、花と散る

 残念、花咲徳栄。
 作新学院6対2花咲徳栄。

 最初からエース・高橋昴也投手で行っていればとは思うが、この後の準々決勝、準決勝、決勝までを考えれば、ここらで少し休ませるというのも一つの作戦だから仕方ない。
 昔は、一人のピッチャーが5試合、6試合を連投したものだが、今の野球はそういうスタイルじゃないからね。

 高橋昴也くんは、おそらく今秋のドラフトで、どこかの球団に指名されるだろう。プロでの活躍に期待したい。

 プロと言えば、花咲徳栄の3年先輩にあたる若月健矢捕手が、いまオリックスで正捕手の座をつかもうとしている。21歳の正捕手というのはプロの世界では珍しい。
 ピッチャー高橋、キャチャー若月という花咲徳栄バッテリーを見てみたいものだ。
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード