FC2ブログ

理科の平均点を出題形式から考えてみる

 埼玉県公立入試。
 理科の平均点が安定しない。
×24年度48.7点
〇25年度63.4点
×26年度46.1点
△27年度50.3点
 おそらく主たる原因は、受験生の多くが苦手とする分野・単元が出されたかどうかであろうが、それは後回しにして、出題形式を中心に考えてみよう。
(年度の前の記号は、私が勝手につけたもので、〇よくできた、△まずまず、×できなかった)

◆小問数は影響するか
×24年度 32問
〇25年度 34問
×26年度 33問
△27年度 30問
 平均点がここ4年間で最も低い26年度が33問、最も高い25年度が34問というところを見ると、あまり影響はないように思われる。今年は34問。

◆記号選択と記述の割合は影響するか
×24年度 記号選択28.1% 記述71.9%
〇25年度 記号選択35.3% 記述64.7%
×26年度 記号選択27.3% 記述72.7%
△27年度 記号選択23.3% 記述76.7%
 記述の割合が64.7%と最も低かった25年度が、平均点63.4点と高かったところを見ると、こちらはある程度影響していると考えられる。
 私の計算では、今年は記号選択の割合が34問中13問(38.2%)と高い。これは平均点を上げる方に作用しそうだ。

◆単語・文章・作図の問題数は影響するか
×24年度 単語14 文章5 作図4
〇25年度 単語16 文章5 作図1
×26年度 単語12 文章11 作図1
△27年度 単語15 文章6 作図2
 記述をさらに、単語、文章、作図の3つに分けて考えてみる。
 平均点がもっとも高かった25年度と、もっとも低かった26年度を比べてみると、26年度は論述が非常に多いので、論述の問題数は平均点に影響しそうだ。
 26年度と同様に平均点が低かった24年度は、論述は5問と多くないが、作図4問が影響していると思われる。
 今年は、文章7、作図2で昨年とほぼ同じなのだが、かなり長めの文章で答える問題が、昨年の2倍、4問ある。部分点が認められているとはいえ、これは平均点を下げる要因となりそうだ。

 しばらくまとまった出題のなかった「光」の問題が出たことなども合せて考えれば、平均点を上げる要因より、下げる要因の方が強く働きそうなので、平均点は良くて昨年並みではないだろうか。
 ただし、冒頭述べたように、出題分野・単元の詳細分析をしたわけではないので、それほど自信を持って言っているわけではない。

数学大問3と大問4、図形と関数はなぜ入れ替わったか

 今年の埼玉県公立入試・数学の図形証明問題は、割と簡単だったんじゃないか。

 過去4年間の証明問題の正答率(7点満点をとった人の割合)は、24年度9.3%、25年度21.1%、26年度1.7%、27年度18.3%となっているが、それより高くなりそうだ。

 いつもなら図形証明問題は、最後の大問4だったが、今年は大問3に繰り上げ。
せっかく易し目に作ったんだから、時間があるうちに早く解いちゃいなさい。そんなところかな。
 それ以外に、大問3と大問4の内容を入れ替えた理由は考えられない。

 私は、今回は三角形の相似の証明が出ると予想したが、それは残念ながらはずれて、合同を証明することによって、辺の長さが等しいことを証明する。そういう問題だった。

 28年度数学図形証明jpg


 折り返すことで、新たに2つの三角形が出来上がっており、その中の一辺の長さが等しいことを証明しろと来てるんだから、「あっ、そう。じゃあ、2つの三角形が合同だと言ってあげればいいのね」となる。

 △ABFと△AGFの合同の証明なんだが、もうここまでで、半分はできてると言っていい。
 折り返してるから、辺AG=辺ABは、すぐ言えちゃう。

 それぞれの辺の端っこに直角があるから、あともう一つ角度が等しいと言ってあげれば、「1組の辺と、その両端の角が等しいから合同」と持って行ける。

 等しいことを言いたい角度は、どちらも直角(90°)から∠EAFを引いたものだと気がつけば、一丁上がり。
 という、証明問題としては、シンプルなものだった。

 よって、この問題の正答率・通過率は共に上がり、数学の平均点上昇に貢献するだろうというのが私の見立てである。

自己採点はほどほどに

 解答解説番組(テレビ埼玉)を企画している立場でこんなことを言うのは何だが、受験生諸君は、自己採点について、あんまり神経質になることはないと思う。
 だいたいでいい。

 どんな解答にどの程度の部分点が与えられるかは、一応番組の中でも言っているが、実際のところ採点者次第なのである。
 明日以降、採点に先立ち、各教科の先生方が、その学校における採点基準を決める。
 高校の先生だって、事前に問題を知っているわけではなく、今日初めて問題を見たのだから、そういうことになる。
 つまり、現段階では、部分点の採点基準は決まっていない。これから高校の先生方が考えようというのだから、受験生があれこれ考えてみても分かるはずがない。
 よって、だいたいこんなもんだろうという程度でいいのである。それ以上は無理。

 平均点は上がるのか下がるのか。
 去年に比べて難しかったのか易しかったのか。
 このあたりも気になるところだが、これもまた、明日以降採点をしてみないことには誰にも分からないのである。
 正式の結果が発表されるのは4月になってからだ。

 いろんな人に尋ねてみても、上がるだろう、下がるだろう、変わらないだろうと、まちまちだ。
 過去4年間で最高が275.5点(25年度)、最低が237.9点(24年度)、残りが249.6点(25年度)、259.1点(27年度)ということを考えれば、255点±5点前後。今わかるのはこの程度だ。

 以上のような状況であるから、まあ今日一日ぐらいは、あれこれ考えてみてもいいが、それ以後は、もう考えることはやめなさい。
 いくら考えても、それによって合格の可能性が高まるわけじゃないんだから。

 私はそれが仕事であるから、明日以降、今日の試験を少し詳しく分析してみようとは思っているが、受験生諸君は、そんなことより、友達との残り少ない日々を精一杯楽しんでくれ。

あと2週間、思いっきりノンビリでいいんじゃないかな

 試験というのは、当日までも嫌だが、発表まではもっと嫌だね。
 埼玉県公立高校入試。
 明日は面接や実技を行う学校がある。

 以前も書いたことだが、私のいたころ、採点は一日で終わったが、いまは部分点を与える記述問題の割合も増えており、二日がかりになる学校が多いようだ。それが終わると集計作業等があって、発表前日の9日が選考会議となる。

 受験生はちょうど一週間待たされるわけだ。
 土日を使えば、もっと早く発表できるはずだし、「何なら土日にやったって構わないよ」という教員だっているわけだが、いろいろと規則があって簡単にできることじゃない。
 というわけだから、諦めて静かに結果を待つしかない。

 合格発表が終わると、三送会や卒業式があって、さあ思いっきり遊ぶぞと思う間もなく高校の入学許可者説明会がやって来て、そこでドサッと春休みの宿題なんかを渡されるから、そんなにノンビリもできないな。

 そう考えると、気になる合格発表はあるものの、これから2週間ぐらいが一番ゆっくりできる時かもしれない。
 頑張って来たんだから、そういうご褒美があってもいいだろう。

 ただ、交通事故だけは気をつけてくれ。
 昨日も栃木県足利市で中3生が事故に遭ったね。希望に満ちた高校生活を前にして、無念と言うしかない。
 歩きスマホやめろ。

試験終了、お疲れ様

 埼玉県公立入試・学力検査が終わった。
 学力検査問題と正解は、夜8時までに埼玉県教育委員会のホームページに掲載される予定だ。
 その前に、夜6時からテレビ埼玉で「解答速報」の生番組がある。

 ざっと問題を見た範囲では、傾向は今までと変わらず、学校の授業を通じて基礎基本をしっかり押さえておれば、十分対応できるもので、極端な難問は見受けられないという印象。

 細かく見ていけば、これまでとやや異なる切り口の問題もあるが、事前に示された出題方針に沿うものであるから、これを難しいとか、今までと傾向が異なると感じた受験生は、残念だが準備不足だったと言わざるを得ない。

 明日は面接等を行う学校もあるので、すべての入試日程が終わったわけではないが、とりあえず今日で終了という人も多いだろう。
 お疲れさん。
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード