世代交代進まなかった「なでしこジャパン」

 なでしこ散る。
 オリンピック出場はほぼなくなったと言っていい。

 2011年のワールドカップ優勝、翌12年のロンドン五輪銀メダル。思えば、あそこがピークだった。

 昨日の対中国戦のメンバーのうち8人は、4年前ロンドン五輪決勝戦のピッチに立っていた。沢穂希さんを除けば1984~88年生まれなので、24歳~28歳という、ちょうどいい年齢だった。

 だが、その選手たちが4年後に再び、代表ユニホームを着てピッチに立っているところに、今の女子サッカー界の問題点がある。
 もちろん、そんなことはサッカー関係者なら誰でもわかっていたはずなのだが、世代交代が進まなかった。沢選手に続く次代のスターが現われなかった。

 高校生や大学生のチームの場合、卒業があるから、放っておいても世代交代が進んでしまう。自動的に若返りが実現してしまう。
 しかし、社会人チームや代表チームはそうはいかない。いつかどこかの時点で切り替えを図らなければならないが、そのタイミングが難しい。

 まして一度頂点に立ってしまったら、常に勝つことが求められ期待されるから、ただでさえ難しい世代交代を、勝ち続けながら実現して行かなければならない。

 監督の采配や、選手個々のプレーにも責められる点は多々あるだろうが、今回の結果は、そういう話をしても始まらないのだ。
 以前から与えられていたテーマは、勝ち続けながら選手を育てるということだったが、それができなかった。では、なぜできなかったのか。
 そこをもう一度考え直してもらって、再び世界の頂点に立ってもらおうじゃないか。

なでしこ、華々しく散る

 なでしこジャパン、決勝で敗れる。

 知識の豊富な皆さんが、いろいろと分析してくれるだろうが、素人の私の感想としては、やはり米国の方が数段上だったということ。両チーム合わせて7点というのはサッカーの試合としては、レベルが低いこと。

 なでしこジャパンは若返りに失敗したという意見もあるが、前回優勝時よりも平均年齢が上がったのは事実だが、調べてみると全出場チームの中では、むしろ若いほうだから、それは当たらない。ただ、もう少し若手が伸びてきても良かった。

 前回優勝で、サッカー女子は確実に増えたと思われるが、今後の課題は、「プロとして食えるのか」という問題だ。
 野球にしてもサッカー(男)にしても、トップレベルになれば、十分食っていける。どころか、巨万の富を築くことだってできる。しかし、女子サッカーは、世界の1、2位を争う日本代表に入っても兼業を余儀なくされる。

 これでは、才能のある子どもたちがこの世界に入ってこない。
 娘「私、プロのサッカー選手になる」
 お父さん「やめとけ。そんなんじゃ食えない」
 と、こうなる。

 マスコミは美談が好きだから、アルバイトしながらサッカーを続ける選手を褒めたたえる。たしかに立派なことには違いないが、それじゃ女子サッカーは盛んにならんだろう。
 代表に入っても年収数百万っていうのは夢がなさすぎる。

なでしこは運がいいのか強いのか

 なでしこジャパンは本当に強いのか。
 専門家ではない私にはよく分からないが、とりあえず前回王者として臨んだ大会で決勝まで駒を進めたんだから、やっぱり強いんだろうね。

 たぶん、前回はそれほどマークされていなかった。しかし、その後のオリンピックでも決勝まで進んだから、強豪として相手から目標にされ研究もされただろう。そんな状況での結果だから立派なもんだと思う。

 全部1点差っていうのもいいね。
 でも、これがサッカーなんだよね。よく「得点力不足」とか言ってる解説者がいるけど、よくよく考えてみりゃ、サッカーっていうのは90分かけて1点を取ればいいっていう競技なんだ。
 調べてみたら、決勝トーナメントに入って17試合あったわけだけど、一番多いのが「1-0」で5試合、次が「2-1」で4試合、「0-0」のPK戦も1試合あった。

 決勝は先に1点取ったほうが勝ち。まあ、そういうことだろう。

 それにしても女子がサッカーをやる時代が来るとは思わなかったな。中学校のころ、男子が体育でサッカーやってるとき、女子は何やってたんだろう。全然思い出せない。というか、女子はどうでもよかったんだよな。あの頃。

本当は弱いニッポン、テレビはどう盛り上げるか

 私はサッカーについて何か特別の知識を持っているわけではない。
 そのうえで言うわけだが、昨日のシンガポールとの試合を見ていて(後半途中からだけど)、どうも本田選手のところにボールが回ると、流れが止まるという印象を持ったのだが、どうなんだろう。それと、足遅いんじゃないかとも感じた。

 欧州の有名クラブでやっているんだから一流選手には違いないんだろうが、本田選手にボールが回った瞬間に「さあ、チャンス来るぞ」と期待することはできなかった。
 あくまでも素人の印象だが。

 日本のサッカーは、人気と実力がかけ離れているように思える。むろん人気の方が先行している。
 ただ、先日も書いたようにプロスポーツは興行(見世物)だから、弱くても人気があって、ファンを集められれば、それはそれで成功でしていると言える。
 どんなに実力があっても人気が出ないとダメ。スターが出ないとダメ。そういう点では、サッカーはうまく行ってると言えるんじゃないか。

 ワールドカップ予選というのは、どういう理由か知らないが、ダラダラと長い月日をかけて行われる。
 日本の次の試合は9月だそうだ。
 初戦が引き分けに終わったことで、「後がないニッポン」とか「崖っぷち日本」とか、そんな形になるんだろうね。
 本大会に出られればもうけものというのが、今の日本の実力なんだろうが、そういう大して強くもないチームを、テレビなどがどうやって盛り上げて行くか。そっちの方に興味がある。
 
 

日本サッカー協会は、高校の部活以下だな

 久しぶりにテレビでサッカーの試合を見た。
 日本代表4―0イラク。

 ひどい試合だ。
 相手が弱すぎる。これって、「キリンチャレンジカップ」という冠がついているんだが、全然チャレンジになってない。
 ワールドカップ予選を控えて、こんな弱いチームとやってて大丈夫なのか。

 プロの試合というのは、すべからく興行である。観客に来てもらわなくては話にならん。テレビを視てもらわなければどうにもならん。
 だから、興行的な成功を目指すのは当然なのだが、こんなマッチメイクばかりでは日本代表の強化は図れず、次第にチームは弱体化し、長い目で見ればファンは減少して行く。

 勝ち癖をつけるのも必要だみたいな論評もあるが、嘘っぱちだ。まあ、あまりに負けが続くと意気消沈するから、時に弱い相手とやってコテンパンにやっつけるというのも気分転換のためにはあってもいい。
 でも、本気で強化を考えるんだったら、ちょっとやそっとでは勝てない相手とやらなくてはいかん。そうじゃないとチームの課題も見えてこないだろう。

 高校生の部活だって、できるだけ強い学校と練習試合を組もうと努力してるだろう。日本サッカー協会は、高校の部活以下だな。
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード