FC2ブログ

「女子が子供を2人以上生むこと」、そう、それは大切だと思うよ

◆某中学校、全校集会におけるU校長の講話

 まず女子に言いたい。
 将来、子供を2人以上生んでほしい。
 これは仕事でキャリアを積むのと同じくらい価値あることだ。

 よく少子高齢化と言われるが、高齢化はいいと思う。昔は「人生50年」などと言われたが、みんなが健康で100歳まで生きられるとしたら、人生を2回生きられるみたいなもんだ。楽しいじゃないか。だから、高齢化が困ったことだと言う人はいないと思う。

 一方、少子化はどうだ。私は、これはちょっと困ったことだと思う。

 ところで。
 キミたちは、いまなぜ自分がここにいるかを考えたことがあるか。
 それは、ひいおばあちゃんがおばあちゃんを生み、おばあちゃんがお母さんを生み、お母さんがキミたちを生んだからだ。そうやって、命をつないできたから、今キミたちがここにいる。

 命をつないで行くこと。それは尊いことだ。
 この世に生を受けた者は、その生をつないで行かなければならない。
 少子化というのは、その生のつながりが、命のつながりが、だんだんとか細く、弱くなっていく現象だ。
 だから私は、少子化がいいことだとは思わない。少なくとも、どんどん少子化が進んだほうがいいとは思わない。
 
 もちろん、身体的な理由で子供が生めない人がいるかもしれない。結婚しない人もいるかもしれない。だが、子供を育てるということは、社会全体で行うものでもあるから、そういう人は、また別の形で力になってくれればいい。それも尊いことだ。

 さあ、今度は男子だ。おい、他人事だと思って聞いてる場合じゃないぞ。
 子供を生み育てるという、尊く、また困難な営みは、男子と女子が力を合わせてするものだ。
 命をつないで行く責任は男子にもあるのだ。イケメンよりもイクメンを誇りとしようじゃないか。

 仕事を通じて社会に貢献しながら、子育てをする。どっちも大事、どっちも大変。
 だが、それをお父さんやお母さんがしてくれているおかげで、今キミたちはここにいる。感謝しなければいかんね。

 ただ、仕事と子育ての両立は、キミたちにとってまだ先の話だ。
 では、今は何をやるか。
 そう、勉強と部活の両立だ。
 子育ての方は、いずれ時期が来れば終わるが、勉強は一生続く。そのための基礎をしっかり築くのが、中学時代なのだ。
 ということで、いつものことだが、私が言いたいのは、「勉強しなさい」ということだ。

 
 以上は架空の講話。私の創作。
 ただし、これには元ネタがある。
 大阪市立茨田北中学校の校長講話だ。

 この講話の一部を問題視する匿名の電話が市教委にあり、朝日新聞(朝日新聞デジタル)が取り上げ、「不適切な表現あり」として、市教委が校長処分を検討するという事態になった。

 ニュースでは発言全体(発言要旨)も掲載しているが、見出しは、「『女性は2人以上産むことが大切』中学校長、全校集会で」というものであり、記事もそこを中心に書かれている。

 全校集会の講話や、入学式・卒業式の式辞にまで、いちいちイチャモンをつけられるんじゃ先生もたまったもんじゃない。それも言葉尻をとらえられて。

 まったく、このようなマスコミの報道の仕方にはイライラする。
 というのは先月も書いたことだが、 なぜこのような報道が後を絶たないのかを、もう一度冷静に考えてみる必要がある。

 われわれは、論理よりも表現に敏感であるようだ。
 「言ってることは分かるけど、その言い方が気に食わない」という、あれだ。
 身に覚えがある。

 論理には論理をもって反論しなければならないが、論理がなくても表現や言い回し、単語に反応することはできる。マスコミはそこを分かっているから、しばしば論理ではなく表現を取り上げる。そのほうが「受け」がいいからだ。
 そう考えると、このような報道の仕方が後を絶たない原因の半分は、読者の側にあるのではないかと思えてくる。

 表現はどうでもいいとは思わないが、そこだけにとらわれてはいけない。
 全体として何を言いたいのか、どういう主張なのかに目を向ける習慣を身につけなければならない。
 と、改めて感じた次第である。

 
 
 ※校長の発言要旨は、「続きを読む」でご覧いただきたい。

続きを読む

話題とった信州大学長の勝ち

 信州大の学長が、入学式の式辞で、「スマホやめますか、信大生やめますか」と新入生に迫ったというニュース。

 昔、覚せい剤追放のキャンペーンで、「覚せい剤やめますか? それとも人間やめますか」という公共CMがあったが、ちょっとそれを思い出した。もしかしたら、それが元ネタか。

 昭和の時代だが、東大の卒業式で、大河内一男総長が、「太った豚より、痩せたソクラテスたれ」というような訓示をたれて、これは結構話題になったと記憶している。
 もうひとつ。
 震災の年、立教新座高校の渡辺憲司校長が、卒業生に送ったメッセージも、かなり話題になった。

 まあ、このような例もあるが、毎年、何千何万という学校で入学式や卒業式が行われているわけで、式辞のいちいちが話題になることはめったにないことだ。

 そういう意味では、新聞・テレビあるいはネットで、これだけ話題をとったのだから、広告効果は抜群で、これはもう、信州大学長の勝ちである。

 「スマホ依存から脱しましょう」とか、「使い方を考えましょう」では、当たり前すぎて、面白くもなんともない。
 でも、「スマホやめますか」と言われると、中には、「今の時代、それは無理だろう」、「時代錯誤だろう」などと、言葉通り受け取ってしまう人もいて、大いに盛り上がる。
 さらに、「信大生やめますか」と追い打ちをかければ、単純な人間は、「だったら大学ヤメだろう」なんて言い出して、騒ぎが大きくなる。

 もし、ここまで計算しての言葉だとしたら、大したもんだ。


※参考(元記事)朝日新聞より
 「スマホやめますか、それとも信大生やめますか」。信州大の入学式が4日、松本市総合体育館であり、山沢清人学長は、8学部の新入生約2千人に、こう迫った。
 山沢学長は、昨今の若者世代がスマートフォン偏重や依存症になっている風潮を憂慮。「スイッチを切って本を読み、友だちと話し、自分で考える習慣をつけ、物事を根本から考えて全力で行動することが独創性豊かな学生を育てる」と語りかけた。

そんな入学式式辞、あるわけない

 ■入学式式辞
 新入生の皆さん、保護者の皆様、ご入学おめでとうございます。
 合格発表から今日まで、皆さんは入学許可候補者などと、訳の分からない呼び方をされていましたが、先ほど、この私が「入学を許可する」と言った瞬間に、正式に本校の生徒になったわけです。
 
 これまで、皆さんには、説明会などで、ずいぶんと甘い言葉もかけてきました。その結果、もしかしたら、皆さんは理想の学校と勘違いしたかもしれません。残念でした。私が甘い言葉をかけてきたのは、皆さんにこの学校を受験してもらいたいがためであって、決して私の本心なんかではありません。
 今日からは、皆さんを煮て食おうが焼いて食おうが、私たちの思いのままです。そう考えると、思わず頬が緩んできます。

 しまったと今さら気づいても後の祭りです。
 今日はぜひ、「話半分」という言葉を覚えて帰ってください。人の話などというものは、半分が真実で、残り半分は嘘や誇張なのです。これが高校に入っての最初の学習です。

 皆さんは、本校の先生は、みな親切で優しいと思っているかもしれませんが、事実はまったく逆で、不親切で厳しい先生ばかりです。
 いちいち面倒なので、たいていのことは「そんなのは自分の頭で考えろ」と冷たく突き放します。その結果、皆さんは何度も失敗すると思いますが、その時に優しい言葉や慰めを期待してはいけません。「ものごと深く考えないからだ。失敗の責任は自分で取れ」と冷たく言い放ちます。
 今日はぜひ、「冷淡」、「冷血」、「人でなし」という言葉を覚えて帰ってください。

 では、何でも自分で考えて、思ったとおりに行動できるのかというと、そうは問屋が卸さないのです。自分で考えろと言う割には、いちいちうるさいのです。細かい規則がいっぱいあります。さらに腹が立つのは、それらの規則のほとんどは理不尽この上ないものだということです。
 理不尽な要求をして、皆さんが、もがき苦しむ姿を見るのは、私たちの最大の喜びです。これを見たくて教員をやっていると言っても、決して言い過ぎではありません。
 今日はぜひ、「理不尽」という言葉も覚えて帰ってください。

 皆さんは、高校は中学校より自由だと思っていたかもしれませんが、はっきり言って、それは誤解です。いや、妄想です。
 人間は、幼いほど自由なのです。赤ちゃんや幼児を見れば分かるでしょう。人間は成長し、年齢を重ねるごとに不自由になって行くものなのです。

 今日この瞬間から、皆さんは「夢」とか「希望」といった歯の浮くような言葉と訣別してください。そういうのは、ポスターやパンフレット用の言葉であって、スーパーのチラシにある「お買い得」なんかと大差ありません。

 現実に目を向けましょう。いや、そんなことを言わなくても、明日からは否応なく、これまで私が述べてきた現実に直面するのです。楽しみですね。

 皆さん、だんだん下を向いてしまいましたね。中には涙ぐんでいる人もいる。まさか、私の話に感動したわけではありませんね。

 では、この際ですから、もう一つ残念なお知らせをしておきます。
 私たちが、どれほど冷淡に接し、口うるさく注意し、理不尽な要求をしても、全然へこたれない連中がいるのです。
そう。明日、皆さんが対面する上級生たちです。
 かれらを見ると、残念でたまりません。まだまだ私たちは甘いのではないかと反省させられます。一体何がそんなに楽しいのでしょう。

 「もう逃げられないぞ。覚悟はいいか」。
 以上をもって、私の式辞といたします。

中学校卒業おめでとう

 3月14日(金)、この日が中学校の卒業式という人が多いと思う。
 1年間、埼玉県の中学3年生(=高校受験生)を念頭にブログを書いてきた。私はまた、次の受験生のために書き続けることになるが、4月から高校生となる君たちとはお別れである。

 そこで、はなむけの言葉。

 誰のために、何のために学ぶか。

 君たちは、この1年間、目標の高校に合格するために学んできた。それでよろしい。そして次の3年間は、目標の大学などに合格するために学ぶことになるかもしれない。それもよろしい。目先の具体的な目標がなければ、がんばれないものである。

 では、その先はどうか。
 今は想像するのが難しいと思うが、君たちはいずれ社会人となり、何らかの職業につく。つまり、「働く」のである。学校で学ぶのは、そのための準備である。すなわち将来「働く」ために学ぶ、これが第一の答。

 さて、そうなると今度は、何のために「働く」のかという答を求めなければならない。
 第二の答を先に言っておこう。
「世のため、人のために働く」のである。
 自分のためではないのか?
 もちろんそれはある。ただ、自分だけ、のためではあってはならない。

 世の中には、いまだ幼く働けない者がいる。年老いて働けない者がいる。何らかの障害をかかえ十分に働けない者がいる。そういう人たちも含めてこの世の中は成り立っている。

 君たちはまだ働いていない。そして遠い先の話だが、働けなくなる。
 だから、働ける間は、働けない人の分まで働かなければならないのだ。
 これが私の言う「世のため、人のために働く」の意味である。
 半分は自分のためでもいいが、残り半分は他人のためと考えようではないか。
 
 君たちは4月から高校生となる。
 次の3年間で、自分の適性を見極め、秘めた能力を発見し、さらに磨きをかけなければならない。
 働くことは時に苦痛ではあるが、自分の適性や能力に合った仕事につくことができれば、自分が幸福になるばかりでなく、世の中を幸福にすることができる。

 自分の適性や能力は、学校生活のさまざまな場面を通じて発見され、磨かれて行くものだ。
 授業だけではない。いや、授業だけでは不十分である。
 部活動も、学校行事も、すぐれた「学び」の場面である。
 すべてに全力でぶつかってほしい。
 
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード