全国学力テストが「迷走」、「混乱」? ウソ言うな

 今日は文部科学省の「全国学力・学習状況調査」(全国学力テスト)が行われた。
 対象は小学6年と中学3年。今年から国語・数学(算数)に理科も加えて実施された。

 ネットのニュースを見ていたら、こんな記事が見つかった。
 「学力テスト:活用で迷走…内申利用、結果公表などで混乱」(毎日新聞)
 いかにも毎日新聞らしくて笑ってしまった。

 どこが可笑しい?
 見出しに「迷走」とか「混乱」という言葉を使っているからだよ。
 いつも言っているように、見出しは記事そのものじゃなくて、読者を引きつけるためのものだから、多少オーバーな表現になったとしても、それは許すよ。
 でも、記事の中身は、大阪府と静岡県の話だけなんだね。

 記事本文を見てみよう。
「今回からその結果を高校入試での内申点の基準づくりに活用することを決めた大阪府では「直前対策」を強化する学校が出てくるなど競争激化の兆しがみえる。文科省は「テストの信頼性が損なわれないようにしてほしい」と想定外の使い方をけん制。一方、結果公表を巡って知事と県教委の対立が繰り返されてきた静岡県は教育長の退任、不在という異例事態が続く。学校からは「『学テ騒動』はこりごり」と嘆きも聞かれる」(下線は私が引いたもの)

 さあ、ツッコミを入れるぞ。

 大阪府では、高校入試の内申点の基準づくりに使われることになって、これについては批判もある。私も言いたいことはあるが、それは後で。

 記事では、過去問を解かせた中学校があるということと、対策プリントを配った中学校があるという2つの事例が紹介されているが、これで「競争激化」と言えるか。ちょっと無理があるな。そこで、「競争激化の兆し」とくるわけだ。要するに「激化」を使いたかったんだね。でも、そこまで言うとウソになるから、「兆し」で逃げておく。

 静岡県では、学力テストをめぐる知事と教育長の対立があった。
 安倍教育長は3月末で退任したが、こんなニュースがある。
 「安倍教育長 川勝知事に退任あいさつ:3月末で退任する安倍徹・静岡県教育長は最終日の31日、県庁の知事室に川勝平太知事を訪ね、退任のあいさつをした。知事は全国学力テスト問題などを理由に安倍教育長に事実上の辞任要求をした経緯があるが、最後は和やかに「ありがとうございました」と労をねぎらった。(中略)知事が、県発行の歌集「富士山万葉集」に採用された安倍教育長の短歌を取り上げ、「歌心がある」と称賛する一幕もあった」(静岡新聞の記事より)

 ま、大人同士だからね。こんな場で罵り合うとは思えないが、今も激しい対立が続いているようには見えないな。

 静岡県では後任の教育長が決まっていない、つまり教育長不在は事実だ。
 ただしこれは、後任に予定された人物の過去の経歴に疑義があるとして、議会が人事案を否決したからであって、学力テストとは直接には関係しない。
 なんだが、ザザッと読むと学力テストをめぐる対立が教育長不在の直接の原因であるというふうにも読めなくはない。上手いと言えば言えるんだが、魂胆みえみえで反吐が出るぜ。

 「学校からは『学テ騒動』はこりごりと嘆きも聞こえる」
 空耳だろう。

 学テ騒動というのは、今から50年前に行なわれた全国的な学力テストのときに反対運動が起こり、逮捕者まで出る騒ぎになったことを指しているんだろうが、今年64歳になる私でさえ知らない話だよ。

 この騒動があって全国学力テストが中止になり、2007年に43年ぶりに再開されたのが現在の学力テストだ。
 こりごりの嘆きが聞こえる記者は耳鼻科を受診したほうがいい。もしくは亡霊の仕業かもしれんぞ。だとしたら、こりゃ学校の怪談だ。

全国学力テスト、埼玉県内・市町村別結果のまとめ

 埼玉県教育委員会から、26年度全国学力テストの市町村別結果が発表された。
 今回発表されたのは、県内63市町村のうち、公表に関して同意を得られた35市町村の結果である。

◆公表された市町村
(市):さいたま・熊谷・行田・秩父・加須・東松山・狭山・羽生・鴻巣・深谷・上尾・草加・蕨・戸田・朝霞・志木・和光・新座・桶川・久喜・八潮・富士見・三郷・蓮田・鶴ヶ島・吉川・ふじみ野
(町):伊奈・三芳・横瀬・皆野・長瀞・小鹿野・寄居・松伏
◆公表されなかった市町村
(市):川越・川口・所沢・飯能・本庄・春日部・越谷・入間・北本・坂戸・幸手・日高・白岡
(町):毛呂山・越生・滑川・嵐山・小川・川島・吉見・鳩山・ときがわ・美里・神川・上里・宮代・杉戸
(村):東秩父

生徒数の多い、川口・川越・越谷などは非公表
 26年度の学校基本調査によると、中学3年生の数がもっとも多いのは、さいたま市(12,257人)である。
さいたま市は公表されたが、それに次ぐ2位川口市(4,783人)、3位川越市(3,322人)、4位越谷市(3,250人)、5位所沢市(2,700人)は非公表だった。
 生徒数が千人を超える19市のうち、非公表だったのは、上記4市のほか春日部市(2,111人)、入間市(1,333人)である。
 公表された市町村の全生徒数(中学3年)を合計すると、4万668人となる。それに対し、非公表のそれは、2万4889人である。
 市町村の数でみると、公表されたのは63市町村のうち35市町村で、53.8%となるが、生徒数でみると、6万5557人のうち4万668人であるから、62.0%のデータが公表されたことになる。

 市町村別、教科別の結果は次のとおりである。
 国語に比べて、数学は全国平均を上回る市町村が少ない。

◆中学:国語A
 35市町村のうち15市町村(42.1%)が全国平均(正答率79.4%)を上回った。
1 蓮田市 82.2
2 さいたま市 82.0
3 志木市 81.4
4 蕨市 81.1
5 桶川市 80.8
◆中学:国語B
 35市町村のうち14市町村(40.0%)が全国平均(正答率51.0%)を上回った。
1 蕨市 57.2
2 志木市 57.0
3 蓮田市 56.9
4 さいたま市
5 皆野町
◆中学:数学A 
 35市町村のうち8市町村(22.9%)が全国平均(正答率67.4%)を上回った。
1 志木市 71.7
2 さいたま市 70.8
3 長瀞町 69.3
4 横瀬町 68.7
4 蓮田市 68.7
◆中学:数学B
 35市町村のうち11市町村(31.4%)が全国平均(正答率59.8%)を上回った。
1 志木市 65.3
2 蓮田市 65.1
3 さいたま市 64.0
4 蕨市 62.9
5 桶川市 62.2

 各教科とも、さいたま市・蕨市・志木市・蓮田市・桶川市などが上位にあるが、学校数57校、生徒数約1万2千人のさいたま市に対して、桶川市(4校・665人)・志木市(4校・606人)・蓮田市(5校・505人)・蕨市(3校・479人)と、規模において大きな開きがある。 
 
 


テスト結果を廊下に貼り出して励みになるか

 静岡県の川勝平太知事が、先に行われた全国学力テストに関して、小学校の市町村別の平均正答率と、小学校国語の平均正答率が全国平均を上回った学校の校長氏名を公表した。

 結果は、静岡県ホームページに掲載されているので、誰でもみられる。

 文科省は、これを批判しているが、川勝知事は、文科省が都道府県別の結果を公表しているのだから、県知事が市町村別を公表してどこが悪いと反論している。

 さてと、市町村別の公表まではいいとして(私は賛成しないが、禁止はされていないので)、校長氏名の公表にどんな意味があるのか。

 川勝知事は「励みになる」と述べているが、それはどうだろう。
 成績優秀者の氏名を廊下に貼り出すような行為だが、校長の中に、来年も貼り出されるように頑張ろうとか、来年こそは貼り出されるように頑張ろうとか思う人がいるだろうか。

 校長の中には、4月に赴任したばかりの人もいるわけだ。テストは5月。結果が良かったとしても、自分の功績と考える人はいないだろう。それとは逆に、3月までは結果が良かった学校にいたが、結果が良くない学校に転勤した人もいるだろう。そういう人の名前は貼り出されない。
 
 学力テストについては何度か書いたが、学力を伸ばすことが大事なのであって、順位を上げることが目的ではない。学力が伸びれば、結果として順位も上がるから、同じことだろうと考えがちだが、そうではない。
 順位はあくまでも結果であって、目的ではない。これが目的になってしまうと、極端な話、手段を選ばずということになってしまう。
 校長氏名公表の次に来るのは、国語や算数の先生の氏名公表か。まさか、そうはならないと思うが、ベクトル(考え方の方向)が、そちらに向いているようで心配だ。

 
 
 

「埼玉」は低いが、「さいたま」は高かった

 全国学力テストの話が続いて申し訳ない。

 今日の新聞に、さいたま市のデータが載っていた。
 小中とも、全教科で全国平均を上回っていた。
 もちろん県平均よりも上で、大都市(東京23区と政令市)の平均も上回った。

 中学校のデータを「埼玉県」と比較してみる。左が「さいたま市」、右が「埼玉県」。
 国語A 82.0% 79.4%  「さいたま市」が「埼玉県」より2.6ポイント高い。
 国語B 55.9% 51.5%  同4.4ポイント高い。
 数学A 70.8% 66.2%  同4.6ポイント高い。
 数学B 64.0% 59.3%  同4.7ポイント高い。

 他県のデータとの比較を試みる。
 国語Aの82.0%は、全国3位の富山県の次に来る数字である。
 国語Bの55.9%は、全国1位の福井県と同じ数字である。
 数学Aの70.8%は、全国5位の静岡県の次に来る数字である。
 数学Bの64.0%は、全国2位の秋田県の次に来る数字である。

 ということで、さいたま市の中学校(57校)は、なかなかの好成績を収めたことが分かる。

学テ成績、学校別公表までは要らんだろう

 全国学力テストの成績に関して、今年から学校別の成績も公表できるようになった。
 埼玉県では、加須市・東松山市・桶川市・鶴ヶ島市・横瀬町が公表の方針だとか。

 学校別成績の公表については、学校の序列化につながる、過度な競争をまねくなどの理由から反対の意見も多いようだ。 まあ、そうかもしれない。

 市内の中学校がテスト成績でランク付けされる。ビリはカッコ悪いから成績上げようじゃないかという話になる。
 「バカ中学校」とか言われかねないからね。
 先生たちからは、そんなことはしたくないという意見も出るだろうが、たぶん保護者が黙っていない。「校長先生、何とかしてください。こんな成績じゃ、高校入試だって不利になるじゃないですか」。
 そう言われりゃ、校長だって先生たちのけつを叩かざるを得ない。「打倒〇〇中!」とまでは言わないまでも、何とか順位を上げようという話になる。

 だけど、順位を上げるのが目標って変だろう。そうなったら、もう本来の目的はどこかに飛んでっちゃう。
 順位を上げるなら、対策授業をやればいいんだよ。簡単な話だ。傾向調べて、過去問やって、って。でも、これって入学試験じゃないんだからね。目的は授業改善だろう。

 私は、順位をつけたり、競争したりは全然否定しないけどね。
 ただ、これは違うんじゃないかな。

 全国平均や都道府県順位が分かって、市町村の成績も分かって、先生たちが自分の中学校の成績を把握すれば、十分次の行動に移せるだろう。
 先生たちが課題を分析して、次のアクションを起こす。そして、生徒の学力向上につなげる。ここなんだよ。
 世間に向かって公表するのが、その助けになるっていうならやればいいが、あまり有効とは思えんな。
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード