FC2ブログ

GW締めくくりは入試セミナー

 GW最終日は、埼玉新聞が行う教育セミナーの一環で、北本市にある個人塾(「希望塾」)に行き講演を行った。
 講演テーマは埼玉県の高校入試(特に公立)についてだったが、1年生から3年生までいて、それに保護者の方も加わる構成だったので、どこに照準を合わせるかが難しかった。

 講演する側から見た個人塾の面白さは、塾長の人柄がもろに生徒・保護者に反映されていることだ。
 学校でも、担任によってクラスの雰囲気が異なるものだが、それと似たところがある。

 今日は90分ほど話をしたのだが、生徒たちは最後まで集中して聞けていた。これは私の技術によるものではなく、日ごろの指導の賜物である。
 生徒の表情は豊かである。
 親からも先生からも愛されて育った子は、明るく素直で、反応もいい。というのは私個人の考えだが、その観点からすると、今日の子供たちは、たっぷり愛情を注がれて育ってきたようだ。良かった良かった。

 ここから先は、読者である先生方へのお願いである。
 一つは、この埼玉新聞がバックアップするセミナーをぜひご利用いただきたいこと。
 講演は有料であるが、後日、埼玉新聞の記事になるという特典?がある。今日のセミナーの模様も近々、記事として配信されるだろう。

 もう一つは、お立場上可能であるある方は、ぜひ講師陣に加わっていただきたいということだ。
 今のところ、講師は私一人である。地域は埼玉県、テーマは高校入試ということであれば、さまざまな要望に応えられると思う。これがいわば専門分野だ。また、先生向けに「生徒募集のあり方」などを話す機会が多く、準専門分野と言える。
 ただし、中学入試や大学入試になると、それほど深く研究しているわけではないので、あまり自信がない。「日本の教育について」とか、「世界の教育」についてなどと言われると、何を話していいか分からない。
 埼玉新聞としては、将来的には幅広い教育テーマに対応して行きたいと考えているだろうから、多くの方に講師として参加していただければ幸いである。

空振り覚悟で新ネタに挑戦してみる

 昨日は、花咲徳栄高校の入試報告会(塾の先生対象)で講演を行った。

 毎回同じような話になってしまうのだが、そんな中でも何か一つは新ネタを入れようではないかと苦労している。
 だが、新ネタはリスキーである。
 高い評価をもらえる場合もあるが、空振りに終わることもある。

 私が特に意識しているのは、聞き手の皆さんに新しい視点を提供すること。
 元になるデータは同じでも、視点(切り口)を変えてみると、今まで見えなかった新しい発見があるかもしれない。

 準備の段階では、まず仮説を立ててみる。そしてデータを当たってみるわけだが、何の発見もなく、仮説が裏付けられないことも多い。そこでさらに別の仮説を立てデータを集めてみる。ということを何度か繰り返して、ようやく新ネタが完成する。
 が、自分でこれは面白そうだと思っても、前述したように聞き手の反応はサッパリという場合も多い。なかなか難しいものだ。

 昨日の新ネタは、大学合格実績に関して、それぞれの学校のボリュームゾーンはどこにあるかを見てみようではないかということだった。
 各学校は、現役進学率が何パーセントであったとか、東大に何人入ったかとか、国公立や難関私大に何人合格したとかを誇らしげに発表する。
 それ自体悪いことではない。その学校の教育力・指導力を推し量る一つの目安になり得るわけだし、これからもどんどんおやりになればよろしい。

 しかし、たとえば400人の学校で「東大に合格者が1人出ました」といった場合、残りの399人はどうだったの? と聞きたくならないかな。
 うんと出来るグループがどれだけの戦果をあげたかも重要だけど、本格派の進学校だったら、真ん中あたりからやや下のグループでもそれなりの結果を出しているはずだ。

 下のグラフは、平成29年3月の県立浦和の合格数ベスト20大学だ。
 (合格人数ではなく合格件数。現浪の合計)
 これを見ると、やはり埼玉県を代表する進学校だけあって、ベスト20の中に、東大・京大・東工大・一橋、あるいは早慶上智などが入ってくる。トップグループの生徒でなくても、ここに出てくる大学には何とか入れそうだ。(と推測できる)

 平成29年3月 県立浦和における合格数上位20大学
2018県立浦和上位20大学02

 同じことを栄東・開智・大宮開成など私立進学校でやってみた。
 グラフをすべて見せることはできないが、これらの学校は早慶上智が上位に入るところまでは来ている。ただし、難関国公立が上位に来ることはない。
 また、MARCHには大量に合格を出していても早慶上智が攻略し切れていない学校もある。

 私が明らかにしたかったのは、私立がダメだということではない。むしろ逆で、日東駒専あたりなら普通に合格できる学校が増えてきたということなのだが、そのあたりが伝わったかどうか。
 現在、2018年3月のデータを調査中なので、まとまったら報告しよう。

教育セミナーのご案内(つまり今日のは広告だ)

 4月6日(金)付け埼玉新聞にセミナーの広告が掲載された。
 学校や塾などが主催する講演会に、埼玉新聞が講師(私のことだけど)を派遣しますという企画。

 20180410埼玉新聞教育セミナー広告

 講演は有料である。
 埼玉新聞社が、主催者である学校や塾から「講師派遣料」などの名目でお金をいただき、その中から私が「講演料」をいただくという仕組み。 

 なんだ、タダじゃないのかよと思われる方もいるだろうが、私はサラリーマンではないので、一つ一つの行動に「値付け」をし、何がしかのギャランティを頂戴しないと食っていけないのである。先生方だって無給で授業をしているわけではないだろう。それと一緒だ。

 講演料や執筆料に関する私の考え方は以前にもこのブログで書いた。

 私がタダで講演をしない理由(2016年6月29日付)
 タダじゃ書かんし、喋らんぞ(2016年10月7日付)

 私に直接依頼されても結構だが、埼玉新聞の企画ということになると、講演会の模様が後日、記事として新聞に掲載されるというオマケがある(掲載を希望しないという選択もあり)。
 埼玉新聞ウエブサイトに専用の「お問い合わせフォーム」があるので、興味のある方はご覧いただきたい。

 講演依頼お問い合わせフォーム

中学生に伝えることの難しさ

 今日は戸田市立戸田中学校での講演。
 30分という短いような長いような微妙な時間枠の中で、夏休みの学習から学校選択問題さらには最新情報まで話してほしいというオーダーなので、私としては非常に難易度の高い講演だった。

 この中で、公立入試に関する情報(県からの公式情報)は、すべて出そろっているという話をした。
 1 入試日程(28年5月発表済み)
 2 学力検査の出題方針
 3 学校選択問題実施校
 4 入試募集人員
 5 選抜実施要領・要項
 6 各校の選抜基準
 7 29年度学力検査の分析
 昨年までだと募集人員が10月にならないと発表されなかったが、今年はこれも発表済みだから、あとは2回実施される志望校調査の結果を注意するぐらいだろう。
 公立入試は意外とシンプルなのだ。

 むしろ分かりにくいのは私立の方だ。
 試験日程のことや、コースごとの成績基準の違いのことや、単願・併願の仕組みの違いのことなど、各校異なるので情報収集と理解に苦労する。
 だから受験生や保護者がよく分からないと言っているのは、どちらかと言うと私立入試の方だろう。公立は一度理解すれば、あとはどこでも同じだ。

 受験生や保護者は、分かりづらいことは嫌いだ。私も嫌いだ。
 私立が受験生や保護者に細かく配慮して、いろいろな制度を工夫していることはよく知っている。しかし、もしかしたら、その親切が仇になって志望者を減らしているかもしれない。
 テレビで「細かすぎて伝わらない~」という番組があったが、私立募集担当の先生方は、そのあたりをもう一度、考えられたらいいと思う。

 それと、中学生にものを伝えるのは、何といっても中学校の先生や塾の先生がその道のプロだ。そういう方々に正確に理解してもらうことが、結果として中学生の正しい理解につながるのだろう。

 今日も、中学生にものを伝えることの難しさを痛感した一日だった。

夏休みは「引き分け狙い」で十分という話

 白岡中学校で保護者対象の進路講演会。
 その内容を一部紹介。

 すでにいろいろなところで書いたり話しているが、私は「夏休みはピンチ」であると考えている。もちろん、やり方次第でチャンスにもなるが、負の側面も知っておいたほうがいい。

 第一に暑さ。
 勉強に最適なシーズンであるはずがなく、むしろ最悪なシーズンである。
 
 第二に学校(授業)がないこと。
 学校(授業)は強制的に勉強させる装置であるが、夏休みはその装置が稼働しない。
自主的に勉強できるタイプの子にはいいかもしれないが、それができない子は、かえって勉強時間を減らすことになる。

 毎日学校で4時間勉強しているとすれば、その分を家庭学習で代替しなければならない。それができて初めて、学校がある時と同じになる。そのことを私は「引き分け」と言っている。どうしても勝ちに行きたい人は、それに2~3時間を加える必要があるが、夏休みは「引き分け」狙いでいいのではないか。そんな話をした。

 過去問をやる意味は3つある
 1 力を試す
 2 自分の弱点を知る
 3 問題の傾向を知る

 1と2は似たようなことだが、模試を受ければ分かることだ。だが3は模試では分からない。
 過去問を研究すれば、何が出題されるかが予想できるから、そこを重点的に学習すればいい。

 できないと自信をなくすから、早くからやらない方がいいという意見もある。
 だが私は、だったら教科書を見たり、解答解説を見てもいいではないかと考える。ものごと何でもそうだが、最初に正しいやり方を覚えたほうがいいのである。お稽古事だって師匠を真似るのがスタートだ。自己流なんてものは、もっと後になってからだ。
 だから、答えを見ながらでもいいから、今日から過去問の研究を始めよう。

 というような話を約2時間。
 昨日のブログに書いた、資料の説明会にならないよう心がけたが、どうだったか。

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード