FC2ブログ

中途半端な駅伝を走っているからマラソンがダメになる

 午前中、世界陸上の男子マラソンを見た(30㎞過ぎから)。
 ギルメイ・ゲブレスラシエ(19=エリトリア)が2時間12分27秒で金メダルを獲得した。

 ゲブレスラシエと言えば、皇帝と呼ばれた最強の長距離ランナー、ハイレ・ゲブレスラシエ(エチオピア)が思い出されるが、親せきというわけではないようだ。エリトリアはエチオピアから独立した国だから、あちらにはそういう名前が多いのかもしれない。

 日本勢は、藤原正和(34=ホンダ)が2時間21分5秒で21位、前田和浩(34=九電工)が2時間32分48秒で41位と、惨敗だった。

 1980年代後半には、宗茂・宗猛兄弟、瀬古利彦、中山竹通とか、世界と戦えるランナーがいくらでもいたんだが、その後はどうもパッとしない。今日だって、10位以内に入れば上出来だろうと、まったく期待せずに見ていた。
 アフリカ勢の台頭が主な理由であるが、そもそも日本の競技力そのものが向上していないのではないか。

 日本の長距離界には、世界ではほとんど行われていない駅伝という独特の競技がある。そしてこの競技は異常に人気がある。
 年末には京都で高校駅伝があり、元日は朝から実業団のニィーイヤー駅伝があり、その翌日には大学生の箱根駅伝がある。
 そのほかにもたくさんの大会があるから、強豪校や強豪チームに入ると、どうしても駅伝中心の競技生活になる。

 まあ、それはそれで構わないのだが、強いマラソンランナーを育てるという意味では、この駅伝中心の強化路線がネックになっている可能性がある。

 オリンピックや世界選手権の長距離種目には、5000mと10000mというトラック競技があって、あとは42.195㎞のマラソンがあるだけである。その中間の距離はない。

 しかし、駅伝だと、区間によって8㎞とか13㎞とか、長くても22~23㎞とか、走る距離が中途半端なのである。その中途半端な距離をうまく走る練習ばかりしていて、はたしてトラックの10000mや、それより思いっきり長い42.195㎞を速く走れるようになるだろうか。
 と、素人ながら思うのである。

 よく箱根駅伝で活躍した選手が、「将来はマラソンで世界を目指したい」など言う。心意気はよろしい。
 しかし、駅伝とマラソンは別の種目だからね。駅伝が速くなったって、マラソンは速くならない。

 今は解説者としておなじみの瀬古利彦さんは、たまたまオリンピックでは結果を残せなかったが、大学生のときからマラソンを走り、15回走ったレースのうち10回優勝。それも大きなレースばかりという、とんでもないランナーだったのだが、全盛期には5000mと10000mの日本記録も持っていたと記憶している。

 中学生・高校生の有望ランナーには、トラック種目での記録を伸ばすとともに、もう少し早くからマラソンに取り組んでもらうと、世界で戦える選手になれるんじゃないかと思うのである。

川内優輝君、責任重大だぞ

30日(日)、埼玉県教育局の人事異動が新聞発表された。

 マラソンの川内優輝君は、春日部高校定時制から久喜高校定時制に異動になった。引き続き昼間の練習ができそうだし、通勤もやや近くなったみたいで、よかった。
 「特別な配慮はしていない」ということだが、どう見たって配慮してるでしょう。

 今のかれに昼間の学校への異動を命じることは、マラソンで世界を目指すのはやめなさいと言うのに等しい。もちろん、マラソンランナーとして採用されている実業団選手とは違うのだから、そのようにしても何ら問題はない。

 だが、かれは、実業団からの誘いを断り、おそらく私立学校等からあったと思われる誘いにも乗らず、埼玉県庁職員として走り続けたいたいと言っているのであるから、昼間への異動は命じにくい。そんなことをしたら、埼玉県庁は、世間を敵に回すことになる。

「やれるものなら、やってみろ」などと、まじめ人間の川内君が言うはずもないが、結果としては自身の希望が通ったに等しいから、これからがますます大変だ。

 世界で結果を出してほしい。「ガンバレ川内」。
 
 
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード