FC2ブログ

「いわゆる」の使い過ぎに注意

 「片手落ち」という言葉がある。これを記事文中に使うと発行元から書き換えを要求されることがある。
 
 曰く、差別につながる。
 えっ、どこが?
 片手がないということで、手に障害を持った人への差別になるから。って、バッカじゃねえの。
 ※注:「障害」は「障がい」、「バカ」はその他の表現に書き換え要求される)

 「片手落ち」の「片」は「片思い」の「片」で、「どちらか一方、片方」の意味だよ。つまり、片一方に「手落ち」があるから「片手落ち」。手の不自由な人の話なんてしてねえよ。そもそも「手落ちがあった」を平気で使ってるくせに、「片手落ち」はダメというのはおかしいじゃないか。

 と、この種のやり取りが年中あるわけである。
 まあ、こちらは原稿料をいただいている身分だし、この程度でいちいち進行を遅らせても仕方ないから、要求通り書き換えるけどね。

 これは差別とは関係ないが、入試に関する記事では「確約」も使いにくい。
 「表向き無いことになっていますから」というのが、発行元やマスコミの言い分であるが、受験生・保護者や、募集担当者・塾長の間では、日常飛び交っている言葉だ。それで妥協策として「いわゆる確約」という言い方にする。「俗に言う確約」などとも表する。もっと面倒な言い方なら「世間で言うところの確約」。

 この「いわゆる」というやつは大変便利な言葉である。漢字で書くと「所謂」である。
 「謂う(言う)所の」であるから、自分が言っているのではなく、世間一般が言っているのだというニュアンスを込めることができる。

 「確約」とダイレクトに言うと、「そんなもん存在しないだろう」とか、「オマエはそれを肯定しているのか」などとツッコミが入りそうだが、「いわゆる確約」と言っておくと、「いや、私はまずいと思っていますよ。あってはいけないんです。でも、世間の皆さんにはそう言ったほうが伝わりやすいじゃないですか」と逃げを打つことができる。

 その言葉をそのまま書いたり話したりした場合に難癖をつけられそうなときは、「いわゆる」を前につけておく。
 なかなか使い勝手のいい言葉だ。

 だが、便利なのでつい使い過ぎてしまい、挙句それが口癖になってしまうと見苦しい。
 「いわゆる日本国憲法の、いわゆる憲法9条の問題ですが、いわゆる自衛隊の存在は、いわゆる違憲ではないかという、いわゆる説がありまして…」といった調子。

 「いわゆる」の使い過ぎに注意。
 これは自身への戒めである。

担当部長っていう役職、何だかな~

 担当部長という役職。
 これって何だかな~という話。

 昨日のことだが、TBSの社員が危険ドラッグの見られる液体を知人女性にかけて書類送検されたというニュースがあった。
 この社員の役職が担当部長。

 私の理解では、この担当部長という役職はいわゆる窓際というやつだ。もし私が担当部長という肩書のついた名刺をもらったら、「ああ、部下のいないラインからはずれた部長さんか。決定権も予算執行権も、もしかしたら提案権もないわけね」と考えるだろう。

 同期が出世する中、同い年のベテランを平社員のまま置いておくわけにもいかないので、とりあえず部長とか課長の肩書だけでも付けてやろうという情けというか苦肉の策が担当部長(課長)という役職ではないか。

 似たようなものに「〇〇付」というのもある。社長付、部長付みたいなやつだ。社長や部長の付属品だ。「〇〇代理」なんていうのはいいほうで、「〇〇心得」なんて名刺をもらうと、「あんた、何を心得て仕事してるの?」と聞いてみたくなる。

 それぞれの会社が社内的にどんな役職を設けようとそれは自由だが、私がサラリーマンだったら、「担当〇〇」だの「〇〇付」だの「〇〇心得」なんて名刺は持ち歩きたくないな。役職無しの「〇〇部」とか「〇〇課」にしてほしい。

 こういう中途半端な肩書の名刺を使っている人の気持ちはどんなだろう。サラリーマン経験の短い私にはよく分からない。

おいみんな、僥倖って言葉使ったことあるか

 破竹の連勝、将棋の藤井聡太四段。
 2002年生まれの中学3年生。

 かれの指す将棋がどれだけすごいのか素人の私にはわからないが、並外れた語彙力の持ち主であることは分かる。
 20連勝したとき。
 「僥倖(ぎょうこう)としか言いようがない」。

 思わず辞書でチェックしたよ。
 むろん知らない言葉じゃないが、なにせ66年間一度も使ったことのない言葉だし、これから先も使わんだろう。

 北島康介だったら、「たまんねえ-」とか「メッチャ、ラッキーっす」なんて言うんだろうね。それはそれで結構なんだが、中3生が普通、僥倖なんて使わないな。仮に言葉として知っていても、ここぞの場面で的確に使えるかどうか。
 「望外(ぼうがい)の結果」とも言っていたな。

 一体どこで覚えたんだ。
 と思って調べてみたら、幼いころから(今でも幼いが)、新聞とか本(小説)をよく読んだのだそうだ。
 最近の新聞は大ウソもよく書くが、言葉自体を間違っているわけじゃないから、「日本語の宝庫」ではある。
 どこかに司馬遼太郎が好きとも書いてあった。経営者やサラリーマンが読む本だぞ。まあ、こっちも相当はったりかましているが、それにしてもどういう趣味なんだ。

 ちょっと背伸びして難しい言葉を使いたがるのも子供らしくていいし、「すごい」を連発しないところもいいし、カタカナ語じゃなく漢語なのもいい。

 次はどんな言葉を発するか。
 連勝が止まったときのコメントが楽しみだ。

ご冥福を祈るのではなく哀悼の意を表するのだ

 三笠宮崇仁親王殿下が薨去(こうきょ)された。

 新聞テレビ、ネットなどの報を見ると、ご逝去(せいきょ)または単に逝去としているものが多いが、かくのごとき場面では、薨去を使わなければならない。たぶん、マスコミの人々に常識が欠けていたか、薨去では無知な一般庶民には伝わらないと考えたか、どちらかだろう。たぶん、後者だろう。
 それにしても、ご逝去なら、ぎりぎり許せなくもないが、逝去はないだろう。これも尊敬語には違いないが、皇族の方々に使ってはいけない。

 いつぞや、テレビのコメンテーターが、今上陛下(きんじょうへいか)のことを「平成天皇」などと発言し、批判を浴びたが、ご存命中の天皇陛下は、常に「今上天皇」、「今上陛下」である。昭和天皇も崩御(ほうぎょ)されて後、そう呼ばれるようになったのであり、ご存命中は「今上天皇」であった。

 安倍晋三総理大臣は、「国民と共に慎んで心から哀悼の意を表します」との謹話を発表した。
 一方、民進党の蓮舫代表は記者会見で「心からご冥福をお祈りすると同時に、哀悼の意を表したい」と語った。やっぱりこいつは常識がない。二階俊博自民党幹事長もそうだ。「ご冥福を心からお祈り申し上げる」などとコメントしている。
 哀悼の意を表するのはいいが、皇族に対して、ご冥福を祈ってはいけない。

 そもそもご冥福の冥は、冥土(冥途)の冥で、仏教の言葉だ。相手がキリスト教徒だったりしたら使ってはいけない言葉だ。仏教の中でも、浄土真宗では普通使わない。
 「ご冥福をお祈りします」は、オールマイティじゃないんだよということを言っておこう。

お忙しいのはステータスなのか

 「お忙しいところ、申し訳ありません」
 このセリフ、人に会ったり、電話したりで、一日に何回言い、何回聞いているだろう。

 まあ、決まり文句であるから、いちいち突っ込んでも仕方ないし、私自身、これから先も使い続けるんじゃないかと思う。
 
 と言いつつ、このお忙しいについて、ちょっと考えてみようと思う。
 はたして、お忙しいは善なのだろうか。
 たぶん、そうなんだろうな。

 電話口でいきなり、「あんた、暇でしょう。仕事ないんでしょう」なんて言ったら角が立つから、「あなたのような有能で、高いポジションにいる方は、さぞ忙しいんでしょうね。分刻みのスケジュールなんじゃないですか。そんなあなたに、つまんない電話して申し訳ありませんね」を省略して言うと、「お忙しいところ、申し訳ありません」となる。

 でもね。本当にお忙しい人なんて、世の中には数えるほどしかいないよ。
 上司や仲間の手前、お忙しいフリをしてるか、能力が足りなくて結果としてお忙しくなっちゃってるか、どっちかだ。
 または、お忙しい自分に酔っちゃってる人。

 世界ではどうなんだろう。
 やっぱりお忙しいは世界共通のステータスなのだろうか。
 外国の事情に疎いので、よくわからないが、世界でどうあろうと、お忙しいがほめ言葉みたいな文化は、そろそろ考え直したほうがいいかもしれない。

 「お忙しいところ、お越しいただいて有難うございます」と言わなくても、「本日は、お越しいただいて有難うございます」で十分なんだよね。

 ということで、私はできるだけ「お忙しい」を自分に対しても、他人に対しても、用いないようにしようと思う。
 お忙しいかと聞かれたら、「お忙しくなんてねえよ。暇持て余してたところだよ。スケジュールすかすか」と答えるようにしよう。

 以前、似たようなことを書いた。
 ↓ 
 寝てない自慢は格好良くない(平成28年2月4日付)
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード