FC2ブログ

「検討しているところでございます」って感じ悪いんだけど

 「慇懃無礼(いんぎんぶれい)」という言葉がある。
 読めるけど書けないね。練習しておかなければ。
 意味は、表向き丁寧で礼儀正しいように見えて、実は尊大で無礼なこと。

 ここのところ、国会における官僚答弁の場面が多く報道されるのだが、やたら「ございます」を連発するんで、それが耳障りで不快だ。

 「ありがとう」を「ありがとうございます」と言えば、より丁寧だし、言われた方も気分がいい。
 でも、「承知してございます」、「検討してございます」、「記憶してございます」は、なんだかなぁ。「~しています(おります)」で、いいんじゃないの?

 教員の世界でも、現場で先生やってる間は、そんな言い方一度もしたことないやつが、たまたま指導主事とかになって教育委員会に入ったりすると、急に「ございます言葉」を使い始める。みっともない。
 上司や先輩がみんな使ってるから仕方ないのかな。
 で、そのうち、「ぼくたち、下々の輩と違って、使ってる言葉からして違うんだからね」という特権意識すら芽生えてくる。

 下々「検討しています」
 ぼくたちエライ人「検討しているところでございます」
 「ございます」の前に「ところ」を入れると、よりエライ人感が出てくる。

 同業者内や仲間内でのみ通用する言葉を「符牒(ふちょう)」という。つまり業界用語だ。お客に知られたくない情報を、仲間内でやり取りする場合に用いられるが、自然に外部に漏れるので、その言葉を知っていると業界通っぽく見える。最近では、芸人やテレビ業界の符牒を一般人が普通に口にするようになった。
 まあ、こういうのはいいだろう。あまり上品ではないが。

 「ございます」言葉は業界用語の一種と言えなくもないが、すげえ感じ悪いぞ。と思っているのだが、私の感覚がおかしいのか?
 その職業独特の言い回しみたいなものはあって当然かと思うが、「ございます」言葉は、どうも見下されてる感があって好きになれない。

「拙速感は否めない」は批判なのか、そうじゃないのか

 「拙速感は否めない」(せっそくかんはいなめない)。
 よく聞く表現で、拙速とは出来栄えは良くないが、仕事が早いといった意味だ。

 使い方の実例。
 「合同チームは、2日夜のパーティーでの会話をきっかけに急に決まった。世界一を決める真剣勝負の場で、突然のルール変更。3日の記者会見では『公平性を損ねる』と質問が出た。国際卓球連盟のバイカート会長は『ルールを超えた出来事。平和へのサインだ』と語気を強めたが、拙速感は否めない」(朝日新聞デジタルから引用)。

 卓球世界選手権で、共に準々決勝に進んだ韓国、北朝鮮の女子チームが、突然戦うのをやめて明日から合同チームになりますと宣言。何とそれを国際卓球連盟が認めてしまったという前代未聞の出来事。
 言い出す方も言い出す方だが、認める方も認める方だ。

 この誰が見たって明らかなルール違反を明確に非難せず、むしろ擁護するような論調でまとめるのは、さすが朝日新聞だ。

 「世界一を決める真剣勝負の場で、突然のルール変更」と、一応は事実を伝える。
 本来ならここで、「不公平だ」「許されない暴挙だ」などと批判すべきところだが、それはしたくない(らしい)。
 そこで「公平性を損ねる」という文言を巧みに盛り込みながら、ただし、これは朝日の考えではなく、記者会見で、そういう「質問が出た」のだと逃げを打つ。
 そして、きわめつけが結びの「拙速感は否めない」だ。
 「断じて認めてはならない」はずだが、連盟会長の「平和へのサインだ」という言葉を引きながら、ルール違反がいけないのではなく、急であったことが問題なのだとすり替えを図る。しかも、「あまりにも拙速だ」と断言せず、「拙速感は否めない」と持って回った表現でまとめる。

 実にうまい。
 というのは、もちろん皮肉半分だが、後でどうとでも言い訳できる文章をササっと書けるのは一つの能力だ。って、結局これも皮肉か。

 
 最後におまけ。
 「巧遅は拙速に如かず」(こうちはせっそくにしかず)という言葉がある。
 上手だが遅いよりも、下手でも速いほうがよいという意味だが、これはビジネスの世界では大事なことだ。
 私はこのことを「明日の100点より、今日の70点」と言っている(誰かの言葉かもしれないが)。
 仕事上、デザイナーやコピーライターとの付き合いが多いのだが、とにかく仕事が早い人がいる。業界用語で「手が早い」(変な意味じゃなくて)と言ったりするが、経験的に言えばそういう人と組んだ方が、最終的にはいい仕事ができる。
 拙速も悪くない。

山口達也メンバーという言い方がどうにも耳に残って仕方ない

 つまらないことに時間を使ってしまったよ。
 TOKIO山口達也メンバーの件がどうも引っかかって、いろいろ調べてしまった。
 強制わいせつとか、相手がJKとかじゃなくて、「メンバー」という表現に違和感ありすぎ。
 マスコミはなぜ山口達也メンバーと呼ぶのか。

 そこで、「なぜ山口達也メンバーと呼ぶのですか?」と、そのままの表現で検索をかけてみた。
 結構出てきた。

 身柄を拘束されたわけではなく(逮捕されたわけではなく)、書類送検されただけで、かつ示談が成立しているので容疑者とは呼べない。
 と言って「さん付け」もできないし、むろん呼び捨てというわけにもいかないから、メンバーとしたという説。
 かつて稲垣吾郎が道交法違反と公務執行妨害で逮捕されたとき、新聞は「稲垣吾郎容疑者」としたが、テレビは「稲垣吾郎メンバー」としたのにならったという解説もあった。
 また、島田紳助氏は「島田司会者」、布袋寅泰氏は「布袋寅泰ギタリスト」と呼ばれたことも分かった。

 容疑者と呼ばせないために、ジャニーズ事務所が圧力をかけたという説が見られたが、さすがにそこまではやらんだろう。あるとすれば、テレビ側の忖度だ。

 ということで、いまいちスッキリした結論は得られなかったわけだが、テレビのワイドショーはしばらくこれで盛り上がるんだろう。
 テレビはそれでいいんだよ。お似合いのネタだ。

 ところで、山口達也メンバーさんは、埼玉県の出身なんだ。東部地区某県立高校。
 いま私が編集している「埼玉県公私立高校進学ガイド」の各校紹介ページに、「同校出身の著名人」という欄があって、そこに名前が出ている。
 でも、さすがに今回は消してくるだろうね。
 まったく、いい歳して困ったもんだ。

突然「沈香も炊かず屁もひらず」って言葉を思い出した

 ふと思い出した言葉。
 「沈香も炊かず屁もひらず」。
 読み方は「じんこうもたかずへもひらず」。

 沈香(香木)のような良い香りもないが、屁のような悪臭もない。つまり、特別に悪いこともしなければ、良いことをするわけでもなく、無害で平凡なことのたとえである。

 よく他人を表するとき、「いい人」とか「真面目」を使う。
 「〇〇さんって、どんな人ですか」
 「うん、真面目ないい人だよ」
 なかなか便利な表現だ。
 でも、その人がどんな人か何も説明していない。というか、つまんない人間とか、無能だとか言っているようにも聞こえる。

 その一方。
 「いや~、仕事がめっちゃ早くて決断力もあるんだけど、酒癖・女癖が悪くてね」
 こっちの方が説明になっている。

 仕事の能力があるが、私生活には問題がある人。
 仕事の能力はないが、私生活には問題のない人。
 さあ、どっちをとるか。

 仕事の能力があって、私生活にも問題がない人がいいに決まっているが、そんなに大勢いるわけじゃない。
 どっちか選べと言われたら、仕事の能力はあるが、私生活には問題のある人の方かな。
 問題の程度にもよるが、そっちは直せる可能性がある。ことによったらある日スパッとやめることだってできる。でも、能力の方は、それを身に付けたり伸ばしたりするのに長い年月と努力を要する。
 だから、私の場合は、沈香をとって屁のほうは大目に見る。

 誤解のないように言っておくが、悪事に目をつぶるなどとは言っていない。悪事にその能力を使われたらとんでもないことになる。
 大事なのは、その能力を世のため人のために使っているかどうかだ。自分のためじゃなく他人のために使っているかどうかだ。そうであれば、屁の一発ぐらい許してやろう。

年をとると新語・流行語を使わなくなるものだ

 今年もユーキャン新語・流行語大賞が発表された。
 年間大賞に選ばれたのは「忖度」と「インスタ映え」。まともじゃないか。
 だが、「忖度」はともかく、「インスタ映え」は、われわれ年寄りは使わんな。

 珈琲店で。
 私「コーヒーとスフレパンケーキ、一応写真撮っとくかな。でも、いまいちインスタ映えせんよな」
 友人「インスタントより旨いだろう」
 私「いや、そういう話じゃなくて…」
 と、こんなかみ合わない会話になる。

 今回、新語・流行語とされた言葉を、このブログでどれだけ使ったかを調べてみた。
 まず年間大賞の「忖度」。
 3件見つかった。
 「インスタ」は2件ほどヒットしたが、「インスタ映え」は0件。

 トップテンに選ばれた言葉では、「プレミアムフライデー」が4件、「〇〇ファースト」が1件。「プレミアムフライデー」には、よほど恨みつらみがあるようだ。
 それ以外の「35億」「Jアラート」「ひふみん」「フェイクニュース」「Jアラート」「睡眠負債」については、知らない言葉はなかったが、ブログでの使用は0件。

 候補に上がった言葉では、「うんこ漢字ドリル」「働き方改革」「アウフヘーベン」が使用されていた。さすがにこのレベルには、聞かれても説明不能な言葉も多かった。

 このブログは、毎日書いているとはいえ、教育や受験がメインテーマなので、まあこんなものかと思う。

 教員だった若いころだったら、世の中で話題になった言葉は、日々の授業などでほとんど使ったと思う。年をとると同じ話ばかりすると言われるが、使う言葉が増えないんだからそうなるだろう。
 逆に言えば、新しい言葉をどんどん取り入れれば、若い人から同じ話ばかりと言われないかもしれない。ただし、これも注意しないと、無理してるとか痛すぎるとか言われるそうだ。

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード