FC2ブログ

世に出なかった入試問題も見てみたい

 出来上がった試験問題にああだこうだとツッコミを入れるのは難しいことではない。
 それはちょうど、人が作った料理に味が濃いだの薄いだの、盛り付けがどうだの、出汁がどうだのと、いくらでも好き勝手言えるのと一緒だ。
 そんなに言うなら、自分で作ってみな。

 だが、作ってもいない人が文句を言ってはいけないかというと、そうではなく、いろんなところからツッコミが入るからこそ、作る人の技量が上がるのである。批判は重要なのだ。

 どんどん批判しよう。ただし、論理的にね、建設的にね。
 「つまらない問題だ」「意味がない問題だ」ではまったく批判になっていない。

 批判には覚悟がいる。準備がいる。
 以前も書いたと思うが、問題作成者は学習指導要領を読んでいるよ。複数の教科書に目を通しているよ。他県の問題も研究しているよ。模試の問題も調べているよ。
 その上で、何種類もの問題を作っている。

 1回の試験だから1種類しか作らないなんて、そんな危険なことをするはずはないし、病気欠席者の追試験も考えれば、5種類以上のバックアップ問題(予備問題)を用意しているんじゃないかな。
 批判の対象となるのは、そういう人たちだ。だから、こっちにも覚悟と準備がいる。

 まあ、教育関係者ではない一般の方が、ご自由に感想や意見を述べるのは構わない。
 しかし、このブログをお読みになっている方の多くは教育関係者なのであるから(と、想像されるから)、一般人と同じ次元で語るのは、ちょっと恥ずかしい。

 というわけだから、私もしっかり勉強して、じっくり攻めて行こうと思っているところだ。
 
 それにしても、今回世に出なかった問題も見てみたいものだ。日の目を見なかった問題は、どんな問題だったのだろうか。それが明らかになれば、出題者側が目指す方向が、より明確になるはずだが、そんなものが公開されるはずはないので、自分で推理してみるしかない。

埼玉県公立入試問題、大筋例年通りだが変化の兆しも

 埼玉県公立入試・学力検査終了。
 と言いたいところだが、学校によっては明日、実技検査や面接があるから、大きなヤマは越えたが、まだ終わっていない。

 出題傾向は変わったか?

 大筋では変わっていない。
 しかし、これは当たり前のことで、急に変えてはいけないのだ。そんなことをしたら真面目に勉強してきた受験生を裏切ることになる。繰り返し言っているように、出題者には「受験生の裏をかく」という発想はない。だから、「出るぞ、出るぞ」と言われていた問題は、やっぱり出ている。

 だが一方、わずかながら変化を見せている部分もある。
 たとえば、国語の大問2問4などは、難問とは言えないが、これからの方向性を暗示するような新しいスタイルの問題だった。私は、この問題を見た瞬間、新大学入試の試行問題を思い出した。当ブログの読者諸氏なら先刻ご承知のはずだが、第1回目の試行問題などは「これが国語の問題なのか」と一瞬目を疑うような問題だった。漢字と語句と文法と四字熟語でササっと終わるはずの大問2の中に、1ページに及ぶ問題文を読み取らないと解けない問題が登場したことは注目に値する。

 理科では、計算問題に付随して「計算の過程や考え方も書きなさい」という問題があった。この手の問題が出されたのは初めてではないが、今回は2題という点に注目だ。また、昨年は17問あった「ア・イ・ウ・エ」など記号で解答する問題が、今年は10問に減っている。事前に発表された出題方針の中に「思考力・判断力・表現力等の能力をみる問題の出題に配慮する」とあるので、これで結構なのだが、そうは言っても知識中心の出題に傾きがちだった実際の出題が、今後は変わって行くだろうと予感させる今年の問題だった。

 他の3教科の中にも、1問か2問ずつだが、「この出し方、この問い方は今までなかったね」という問題が含まれていた。
 もちろん、こうした傾向は、高校進学後の学習や先々の大学受験を考えれば好ましいことだと思うので、私は歓迎する。

 採点ミスに端を発しAIでも採点可能なマークシート方式(イコール記号選択)に流れて行った関所の向こうの「東京様」と対照的に、「考えさせ、書かせる問題」を増やそうとしている「翔んで埼玉」。進んでいるのはどっちだ。

埼玉県公立入試、雨と寒さに負けず受験生ガンバレ

 20190228公立入試学力検査
 
 朝から雨になってしまった。しかも寒い。
 埼玉県公立高校入試学力検査。

 県立浦和、市立浦和などの下車駅となっているJR京浜東北線「北浦和駅」はいつも以上の混雑。
 改札を出たあたりから、すでに塾の先生の姿が見える。
 私は、徒歩で県立浦和へ。

 校門前には大勢の塾の先生方が激励に訪れていた。
 受験生以外は校内に入れない。
 正門に最も近いポジションを獲得していたのは、あづま進学さん、早稲田アカデミーさんあたりか。何時から待機してるのだろう。聞いてみればよかった。

 私は埼玉新聞社の取材陣(といっても2人だけだが)と一緒に、明日の新聞とLINEニュース用の写真撮影。事前に許可をとり、学校側と撮影カットなど打ち合わせた上での撮影。

 さて、これからテレビ埼玉に向かうとしよう。
 夜、もう一度ブログを書く予定だが遅くなりそうだ。 
 

埼玉県公立入試明日本番、くどいが最終アドバイス

 明日は、埼玉県公立入試・学力検査。
 そこで受験生に最終アドバイス。と言っても受験生はこのブログ読んでいないか。

 夜、寝付けない場合はどうするか。
 私だったら、とりあえず横になって目をつぶる。こうすりゃ、少なくとも筋肉は休まるだろうし、目も休まる。立って(座って)、手や耳や目を使うよりはましだろう。

 忘れ物をしたらどうするか。 
 すぐに気づいたら家に取りに戻るが、電車に乗ってしまってからだったら諦めて、試験会場(高校)に行くことを優先する。着いたらその高校の先生に事情を話す。何とかしてくれるよ。

 途中アクシデントが起きたらどうするか。
 困ったことの中身にもよるが、自分で判断できないような状況だったら中学校に電話だな。中学校の電話番号は登録しておけ。

 試験開始前は、だいたいこんなところか。
 
 試験が始まってから。
 ミスをなくすには。 
 問題文をちゃんと読むことだ。早く解こう、早く答えを書こう。この「はやる気持ち」が失敗のもとなんだよ。ゆっくり二度読め。それほど時間はかからんよ。

 具合が悪くなったら。 
 我慢するな。遠慮せずに試験監督の先生に申し出ろ。高校側は、そういう受験生が出ることを想定して、いろいろ準備しているから心配するな。

 試験は国語・数学・社会・理科・英語の順だが、1教科終わるごとに友達同士答えを確認し合うのは、できるだけやめたほうがいい。採点は家に帰ってからだ。8時からテレビでやるし(はい、番組宣伝です)。
 (訂正:テレビは8時ではなく18時から)
 5教科トータルの勝負なんだから、次を考えたほうがいい。サッカーの試合なんかでも、相手に点を取られたあと、「よし次だ、次」と言っているだろう。あれと同じ。最後に相手より1点多く取っていれば勝ちなんだから、それでいい。反省会は終了後のミーティングでやれ。試合中は次のことだけ考えればいい。

 天気予報だと、明日午後は雨になりそうだ。
 外は雨でも、やり切った爽快感で心は晴れ晴れ。
 そんな一日になるよう祈っているよ。

埼玉県公立入試・志願者確定。不合格者は何人?を調べてみた

 公立の選抜は、受験番号のみで行われる。
 つまり、名前も出身中学も部活その他も、まったく分からな状態で選抜する。分かっているのは点数だけ(第三次選考は別だが)。

 そういう状態だから、ある意味血も涙もなく合否判定できるのだが、合格発表当日、ガックリ肩を落とす受験生、涙が止まらない受験生を嫌でも目にするわけで、そのときは本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになる。
 明日もう1回テストしたら、たぶん合格者の1割か2割は入れ替わるんだろうな。それが採点し、合否を決めている側の実感だ。そんなに差はない。
 でも、制度上、一定数の不合格者を出さなければならない。

 さて今日は、推定不合格者数のまとめだ。
 私立の先生は大きな関心を持っているだろう。
 今後の取り消し者、当日欠席者がなく、募集人員と同数の入学許可候補者(=合格者)を出した場合、何人の不合格者が出るかという調査だ。

 実際には、募集人員を超える合格者を出す学校もある。
 複数の学科を持つ場合は、合計数である。

●不合格者が100人以上と予測される学校
20190225不合格者数(推定)①
 倍率の高い学校が大量の不合格者を出すのは当然なのだが、川口市立・浦和西・市立浦和の200人超えには驚く。

●不合格者が40人以上と予測される学校
20190225不合格者数(推定)②
 40人のところにラインを引いたが特別な意味があるわけではない。強いて言えば1クラス分。
 これ以下の学校としては、春日部女子(普通・外国語)28人、熊谷西(普通・理数)16人などがある。
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード