FC2ブログ

公立希望者70%割れ、埼玉県進路希望調査

 本日(2019年1月12日)の埼玉新聞1面の見出し。
 県内進路調査
 公立高志望70%割る
 24年ぶり 私立や多様化

 
 はい、そのとおり。
 公立全日制希望者は、前年から1187人減って4万4392人。これは全日制希望者の69.3%(前年比0.8%減)。
 では、公立が減った分、どこが増えたかというと当然ながら私立なわけだが、県内私立希望者は1万205人(125人減)で前年と変わらず15.9%。増えたのは県外私立。

 先生方ご存知のとおり、県内私立は一部の学校を除いて、入学者が定員を上回る状態が続いており、中には増えすぎて困っている学校もある。定員オーバーにも限度があって、それを超えると助成金カットというペナルティが待っている。

 そういう状態であれば、私立希望者はいきおい隣接都県に流れて行くわけで、たとえば東京に出れば、伝統校あり、急成長校あり、共学校あり別学校あり、キリスト教系あり仏教系あり、大学附属あり、超進学校ありと、よりどりみどりなのだ。

 記事では、私立希望者増加の理由として、景気の動向(まあまあ好景気)、父母負担軽減事業、大学進学実績などを挙げている(関係者コメントの形で)。
 それらは、いずれも正しいと思う。

 さて。
 公立希望者が減少し、私立希望者が増加する現象は、一過性のもの(ブーム)なのか潮流(トレンド)なのか。
 決まってるでしょう。明らかなトレンドですよ。流れですよ。川の水が上流から下流へと流れて行くようなもの。

 その根拠は?
 県は公立の統廃合を検討してるじゃないですか。私学への助成や、私学入学者に対する補助をどんどん増やしているではないですか。
 それって、どういうこと?
 どんどん、そっち(私立)に行ってくださいということですよ。

 だから私は言っているのです。
 これから私立の責任はますます重くなりますよ、と。

男女別定員あるなら事前に公表するべきだった

 宮崎県五ケ瀬町の全寮制中高一貫校・県立五ケ瀬中等教育学校で約20年間、1学年の合格者を男子22人、女子18人で固定していた問題。
 その後の調べで、入試で男子の合格者よりも高得点なのに、不合格になった女子が過去5年間で49人いたことが分かった。

 新聞は、20年も前から不正な入試が行われていたかのような書き方をしているが、毎年男女の合格者が一定だから、誰が見たって男女の合格者数を調整しているのは明らかでしょう。なぜ、今まで黙ってた。
 これはやはり、東京医科大学の一件からの流れだね。今ならニュースになる。

 ここは全寮制で、寮の定員という他の学校にはない制約があるのだから、それによる男女別定員があるなら、それは公表しておいたほうが良かった。

 問題化してしまった以上、このままというわけにはいかないから、1学年定員40人のうち、男女各15人までは性別の成績順、残り10人は性別なしの成績順というあたりが落としどころか。都立高校などもこのような方式をとっている場合がある。
 それだと男子25人対女子10人、あるいはその逆というケースが発生するが、ぎりぎり現状の設備で対応できるかもしれない。ただし、これが数年続くとなると寮の新増設が必要になる。
 いずれにしても全寮制という特別な環境下での問題であることは考慮されなければならないだろう。

 私の県立高校教員としての経験の中では、入試段階で男女の合格者を調整したことはなかった。ただし、男女比が大きく開いた場合、入学後のクラス編成で調整したことはあった(女子だけ、あるいは男子だけのクラスを作るなど)。
 ついでに言えば、共学校にも関わらずクラス編成は男女別々という学校は、昔もあったし今もある。

 クラスの編成の仕方は、時間割編成に影響する。
 いわば学校側の都合なのであるが、小学校と異なり教科担任制をとる中学高校の場合、時間割編成は元々難しい作業であって、そこに男女比のアンバランスが加わると、さらに困難に拍車がかかる。
 そして、その影響は最終的には教員スタッフの増員、とりわけ非常勤スタッフの増員にもつながるわけで、学校側の都合とばかり言えなくなってくる。

 であれば、入試段階で多少の調整をということになりかねないが、そういうことに特に厳しいのが今の時代であるから、昔のままの感覚でやっていると大きな痛手を被ることになる。

 私は、施設設備など主としてハード面の制約から、入試段階で多少の男女比の調整があっても仕方ないと考えている。入ってから生徒に迷惑をかけるよりいいだろう。ただ、繰り返しになるが、そうであれば事前に明らかにしておくべきで、今回の五ケ瀬中等教育学校の件も、そこが一番の問題だと思う。

ついにネット出願が多数派になった埼玉県内私立高校入試

 埼玉県内私立高校の募集要項がほぼ出そろったので、いろいろ調べているところだ。
 今日はインターネット出願について。

 ついにと言うべきか、やっとと言うべきか、インターネット出願採用校が今年、過半数を超えた。
 インターネット出願採用校は県内全日制47校中24校(51.1%)。

 私は10数年前からネット出願システムをホームページに組み込む仕事をしていたが、当時はあまり興味を持ってもらえなかった。埼玉県内では1校だけ仕事を発注してくれた学校があって、その学校とは今でもお付き合いが続いている。有難い学校だ。
 ここ2年~3年で、システムを積極的に売り込む企業も増え、受験生・保護者側の環境も整ってきたこともあり、急速にネット出願が広まった。
 なお、当然だが、今はパソコンがなくてもスマホで手続きできる。受験料の支払いも、カードだけでなくコンビニでOK。

 というような時代になっているのだから、業務の効率化を図る意味でも、受験生・保護者の利便性を高める意味でも、残りの各校にもネット出願への切り替えをお願いしたい。

 出願まではネットで出来ても、紙の受験票を発行する手順は残っている場合が多いが、近々スマホ宛てに受験票を送って、受験生は当日スマホを持って会場に来るという形になるだろう。チケットレスならぬ受験票レス。
 受験票と共に写真の問題も残っているが、スマホで撮って送らせれば済むでしょう。顔認証システムも進んできたし、何なら指紋認証で本人確認するという手もある。
 調査書の問題もあるが、ある意味これが一番簡単。セキュリティの問題だけでしょう。紙の書類を送らせることなんてわけない。
 あとは、ネットで合否発表して、そのまま入学手続きまでやってもらえば、入試に関わる業務は大いに軽減できる。

 以下、個人的な調査結果。一応全校のホームページを閲覧したが、見落としがあるかもしれない。
 20181106ネット出願

お客が少ない不満を来てくれた人にぶつける愚

 20181020入試ファースト春日部
 本日は午後から「入試ファースト春日部」へ

 歌手の沢田研二(70)が、17日さいたまスーパーアリーナで行われる予定だったコンサートをドタキャンした。
 主催者から9000人と報告を受けていたが実際は7000人だったことがご不満だったようだ。

 さいたまスーパーアリーナはスタンドが可動式なので、いくつかの会場モードの設定が可能だが、中規模のアリーナモードなら1~2万人の収容人員となるので、たしかに7000人は寂しいな。でも、70歳の爺さんの歌を聞きに7000人も集まるのは、逆にすごいことだと思うよ。やれよ。

 学校の説明会なんかでも、予想(期待)したほど人数が集まらないことがある(逆に集まり過ぎもあるが…)。
 こういう時って、それじゃいけないと分かっているんだが、どうしてもモチベーションが下がってしまう。
 「なんだ、これっぽっちかよ」。

 で、このモチベーションの低さ、ガッカリ感が、罪のない目の前のお客さんに向いてしまう。そういう気持ちがなくても、お客さんは敏感だからそのことが伝わってしまう。これ最悪。

 もしも、怒りや不満を誰かにぶつけるなら、ここに来てない人に対してである。
 「オマエラが来ないから、こんな寂しいイベントになっちゃったじゃないか」
 (自身の集客力の無さが真犯人なのだが)

 ジュリーは結果的に、せっかく来てくれた、楽しみにしていてくれた7000人に自分の怒りや不満をぶつけちゃったね。だから、ダメなの。
 「今度やるときは、このさいたまスーパーアリーナのスタジアムモードを満員(3万人?)にしたいから、みんなも友達や家族を誘って来てくれよ」
 そういうことなんだよ。
 その日来てくれた7000人は、どこでやろうが、いつやろうが、地の果てまでついてきてくれるコアなファンでしょ。バカなことしたね。

 生徒募集に関わる皆さん。
 もしも人数が揃わなくても、その原因は来なかった人にあるわけで、来てくれた人には何の責任もありません。本物中の本物のお客様に失礼のないようにしてください。

公立もできれば個別相談をやったほうがいい理由

 10月~11月は学校説明会の山場。
 私立の場合、説明会とは別に個別相談会を設定している場合が多いが、公立の場合、今のところ、そのような慣行はなく、やるとすれば同日、説明会終了後となる。

 公立の先生の中には、「私立は確約ができるが、公立は確約ができないので、やっても意味がない」と考えている人がいる。
 受験生・保護者の側が、確約を期待しているのは確かなので、まあ半分以上は当たっているかもしれない。

 しかし、全体説明では、学校側が言いたいことは言えたとしても、受験生・保護者の側が聞きたいと思っていたことが、すべて聞けたかどうかは分からない。そうすると、せっかく説明会を開いても、「どうしようか?」と迷ったまま返してしまうことになる。「ここを受けよう」と決心してもらうために呼んだのではないか。
 それとも、「こっち(学校)の言いたいことは言った。あとはそっち(受験生)が勝手に決めろ」ということなのか。

 私は、「迷える受験生」の相談にはできるだけ乗ってあげたほうがいいと思うので、確約云々は別として公立も個別相談の場を設定したほうがいいと考えている。その場に臨むかどうかは、それこそ受験生・保護者側が勝手に決めればいい。

 公立の場合、学校説明会が文字通り学校の説明になっており、入試に関する説明が少ない
 受験生・保護者は、どんな学校かを知りたいのはもちろんだが、一番不安に思っているのはやはり入試のことだ。
 昔と違って「選抜基準」がネットでも公開されているから、読めば分かるの世界なのだが、それでも、ああでもないこうでもないと悩むのが受験生というものだ。どこかで聞いたセリフだが、もうちょっと「ていねいな説明」があっていいのではないか。

 入試について、もう少し踏み込んだ説明をしたいが、説明会に来た人と来ない人との間に不公平があってはいけない。大方そんなところだろうが、わざわざ足を運んだのだからプラスアルファの情報を得られて当然でしょう。

 会場の関係で事前申し込み制(定員制)にするのは止むを得えないから、「定員に達したので締め切りました」と冷たくあしらわないで、「申込者多数につき追加説明会を実施します」とすれば済む話だ。

 これから説明会を実施する学校は、ぜひ以上をご検討いただきたい。

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード