FC2ブログ

弁天様より98歳のお婆ちゃんの方がご利益ありそうだ

 今日の話は、結果として昨日の続きのような形になりそうだ。

 1月3日は、「谷中七福神めぐり」の日と決めている。今年で11年目。
 風が強かった。そのせいか、いつもより人出も少なく、どこも待たずに参拝できた。唯一行列ができていたのが、上野不忍池の弁財天。ここだけ参拝という人も多いのだろう。
 
 順番待ちをしながら、何となくすぐ後ろの三人連れと会話になる。老夫婦ともう一人、小柄なお婆ちゃん。年寄りの私から見ても完ぺきなお婆ちゃんだが、聞けば大正8年生まれというではないか。西暦1919年。現在98歳で、今年中には99歳となる。
 杖はついていたが、自分の足で歩き、階段もスタスタ昇って行く。この年で、どこにでも自分の足で行けるなんて、なんてハッピーなんだ。会話もしっかりしている。

 こうなると、どうしても聞いてみたくなる。
 「お元気の秘密は何なんですか?」
 答え。
 「何にもやってないんですよ。何にも考えてません」

 よく聞く答えだ。ご長寿の人に尋ねると、みんな、このように言う。
 もしかしたら秘密を隠してる? そんなはずはない。だって、隠したって意味ないじゃないか。
 謙遜? それもありそう。「こんな努力してきました」っていうのは、何か自慢話みたいだし。

 しかし、最近思うのは、「何にもやってないんですよ」は、結構本音なんじゃないかということだ。
 暴飲暴食しないとか、好き嫌いしないとか、早寝早起きするとか、毎日歩くとか、何かやってる。やってるけど本人に努力の自覚がない。だから、他人から問われれば、何も特別なことはしていない、となる。全部、努力なしには出来ないことなんだけどね。

 努力とは苦しいもの。努力とは辛いもの。
 話はどうしてもそっちに向かってしまうが、「努力とは楽しいもの」なのかもしれない。楽しいことや好きなことばかりやっているというのは、努力とは正反対の方向に向かっているようでいて、案外、それこそが本当の意味での努力になっている。

 私は、弁天様を拝みに来て、思わず小柄な98歳のお婆ちゃんを拝んでしまったよ。

電車で席を譲られたら座るぞ宣言

 年寄りは、電車で席を譲られたら、「大丈夫です」とか言わないで、素直に好意を受けるべきである。

 私は、今のところ、いかにもお年寄りという風には見えないらしく、滅多に席を譲られることはないが、それでも中高生や大学生から見れば十分に爺さんであるから、時には「どうぞ」なんて言われることがある。

 読者諸氏は先刻ご承知の通り、私は山登りやランニングで日頃から鍛えているから、電車の中で1時間やそこら立っているのは何でもない。でも、譲られたら好意は有り難く受け取る。

 席を譲った若者は、「おれ今日、ちょっといいことしてやったぜ」といい気分になるだろう。で、次も同じように行動するだろう。
 もし私が、「いや、大丈夫です」と断ったら、気まずい思いをして、次の機会に躊躇するかもしれない。
 だから、別にそれほど座りたくなくても、「いやぁ、助かったよ。ありがとう」と好意は受けとったほうがいいのである。

 困っている人がいたら助ける。
 日本中の若者には、そういう心を持った人間に育ってもらいたい。そのためにわれわれは、好意を有難く受け取る年寄りになったほうがいい。

 人に対する親切は、時に大きなお世話ともなるわけだが、電車での席の譲り合い程度なら悩むこともあるまい。
 私は断固、譲られたら座るぞ。

年を取ると、小さな段差が危険になる

 読者の皆さんの多くは私より年下だと思うが、そのうち私と同じ年になる。
 だから、ときどき老化の話をしておく。

 学校に行くときは原則上履き(運動靴)を持参する。電車で行くときとか、校長先生などと面会するだけと分かっているときなどは別だ。

 スリッパで学校内を歩くと、階段が怖い。
 普段でも、駅の階段、特に下りが怖い。だから、なるべく手すりがつかめる所を歩く。

 階段はまだいい。
 これから昇るぞとか降りるぞとか、脳にしっかり命令を下せるからだ。
 警戒すべきは、小さな段差だ。平地を歩いているときのほんの小さな段差。ここに躓く。躓くと立て直しが難しい。

 原因はおそらく「すり足歩行」である。
 筋力の衰えから、自然と足を引き摺るような歩き方になっているのだ。
 学校に行ったときスリッパを避けるのは、それだと必然的に「すり足歩行」になるからだ。

 躓く危険を回避するのは、つま先のキックを利かせることである。そうすると膝も上がりやすくなる。
 とにかくキックね。
 キック、キックって言い聞かせながら歩く。

 年を取ると、こういうふうに、若い時には全然気にしなかったことを考えるようになるんだよ。
 年中山に登ったり走ったりしている私でも、日常生活の危険を意識しなければならないんだ。

 結論。
 今のうちから足腰を鍛えておいたほうがいいぞ。


敬老の日に、長生きのリスクを考える

 昨年同様「敬老の日」ネタである。
 本来は目出度いはずの長寿が、人生のリスクになるという話。

 現在66歳の私は、平均的には85~86歳まで、下手をすると90歳過ぎまで生きてしまう可能性がある。
 うまい具合にそれより手前で病気や事故であっさり死ねればいいが、そうじゃないとあと20年ぐらい人生が残っている計算になる。
 結構長いぞ。

 大学を出て働き始めたころは、60歳で定年になって、残りは年金をもらって余生を過ごすというようなお気楽な人生を想定していたが、いつのまにかそういう世の中ではなくなってしまった。
 どうやら、人生終盤の設計図を書き直す必要がありそうだ。

 とりあえず生涯現役をめざそう。
 ギラギラした野望があるわけではない。今さら主役でもあるまい。脇役で十分だ。邪魔にならない程度に細々と働き続けよう。

 最後まで自分の足で歩けるようにしよう。
 行きたいところに自分の足で行けて、食いたいものを自分の歯で噛めれば、他はいらない。

 病気になったら寿命だとあきらめよう。
 これまでの人生で病に苦しんだという経験がないので、その時になってみないと分からないが、病と闘うより、病を受け容れるというほうが年齢的にふさわしいだろう。

 以上。「敬老の日」を迎えての心境であるが、さて来年はどんなことを考えているだろう。

老人性か、それじゃ治らんよな

 ツイッターには書いたが、白内障になった。

 医者「どうやら老人性白内障ですね」
 私「原因はなんですか」
 医者「加齢によるものですから、特にありません」
 私「どうやったら治るんですか」
 医者「ですから、老人性なので治りません」

 もっともだ。一度老人になったら、二度と若者には戻れない。

 しかし、がっかりしている場合ではないな。
 生まれつき目や耳が不自由でも立派に活躍している人は大勢いるんだから、ちょっとぐらい見えづらくたって、それがどうしたって話だ。

 昨年、腰痛で医者にかかった時も「加齢によるもの」と言われた。(2016年3月13日付ブログ)
 それじゃ治しようがないじゃないか。
 しかしその時、医者はこうも言った。
 「IPS細胞の研究進み、再生医療が発達すると、治せるかもしれませんよ。まあ、だいぶ先の話ですけど」
 私はそれを聞いて、山中教授がんばってくれと真剣に思った。

 残念だが、老化は食い止めることはできない。
 できるのは老化の進行を少しばかり遅らせることだけ。

 今のところブログを書いていて、「これは前に書いたよな」というのは思い出せる。
 だが、そのうちそうと気づかず、同じ話を繰り返すようになるかもしらんな。
 そういう時、「それ、前に読みました」などと言ってはいけないよ。
 初めて聞いたっていうフリをするのが、若者の年寄りに対する愛情ってもんだよ。
 そこのところよろしく。

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード