FC2ブログ

プーチン来日にちなみ中学生のための日露関係史

 ロシアのプーチン大統領がやって来た。
 ということで、今日はロシア特集だ。
 受験生(中学生)が知っておくべき日露関係史をさらっておこう。

(1)始まりは江戸時代の終わりのほうだ。寛政の改革で知られる老中・松平定信(1758~1929)の時代。
 ロシアの使節が、漂流民を届けつつ、通商(貿易)を求めて、蝦夷地(えぞち・今の北海道)・根室(ねむろ)にやって来た。ペリーが来航する60年前だ。
 使節の名はラクスマン、漂流民は伊勢国(三重県)の船乗り・大黒屋光太夫(だいこくやこうだゆう)だ。
 鎖国中の日本は、通商は断ったが、ロシアの動きが気になるので、間宮林蔵(まみやりんぞう)らに蝦夷地や樺太(からふと)を調査させた。

(2)幕末にペリーがやってきて、それがきっかけになり開国。米国と日米和親条約、日米通商航海条約を結ぶが、このときロシアともほぼ同じ内容の条約を結んでいる。もちろん、日本にとって不利な条約(不平等条約)。

(3)1875年(明治8年)、ロシアとの国境を定めるために、樺太・千島交換条約を結んだ。ロシアの樺太領有を認め、千島全島を日本領にすることにした。

(4)日清戦争(1894~1895)に勝った日本は、下関条約で、朝鮮の独立を認めさせ、遼東半島や台湾を手に入れた。
 しかし、ロシアがドイツ・フランスを誘い三国干渉をしてきたため、泣く泣く遼東半島を返した。まだ弱くて、ヨーロッパの大国の要求をはねつけるだけの力がなかったということだ。
当時、「臥薪嘗胆(がしんしょうたん)」という言葉が流行った。がまんを重ねて、この恨みをいつか晴らそうぜ。ロシア覚えてろよ。

(5)清(中国)で義和団事件というのが起こった。日本を主力とする各国の軍隊が派遣され、乱は収まったが、ロシアはそのまま居残り、満州(中国の東北地方)を事実上占領し、さらに韓国に進出しようとした。
 そこで日本は、イギリスと日英同盟を結んで対抗しようとした。

(6)1904年、日露戦争が始まった。日本は奉天会戦・日本海海戦に勝利したが、戦争を継続する余力がなかった。一方ロシアも国内で革命運動がおこり、戦争継続は難しかった。
 両国は、アメリカ大統領セオドア・ルーズベルトの仲介でポーツマス条約を結んだ。ロシアは、韓国における日本の優越を認め、旅順・大連の租借権と長春以南の鉄道利権を日本に譲り、北緯50度以南の樺太の割譲を認めた。
 賠償金がとれなかったので、日本国民は怒り、日比谷焼き討ち事件などがおこった。
 この戦争に際し、歌人の与謝野晶子は、出征する弟を思い「君死にたまふことなかれ」という詩を詠んだ。弟よ、死んじゃダメ。

 以上。戦前までの日露関係史を、中学校歴史教科書レベルで解説するとこのようになる。難しい言葉もあるかもしれないが、8割~9割は、教科書に基づいて書いている。知らんとは言わせん。

県民の日を前に、埼玉県の歴史を振り返る

 11月14日は埼玉「県民の日」である。
 学校は休みになる。
 私が教員であったころは、東京ディズニーランドが埼玉県民であふれる日と認識していたのだが、今はどうなんだろう。

 県民の日は、都道府県ごとに異なる。県民の日がない県もある。お気の毒。
 明治時代の廃藩置県(はいはんちけん)により、埼玉県が誕生した日が11月14日ということらしい。

 1971年の廃藩置県は、受験生がおさえておきたい用語だ。
 そのまえに、版籍奉還(はんせきほうかん)が行われているので、これとセットにして覚える。

 1869年の版籍奉還
 版は土地、籍は人民。
 全国各地の藩主たちが、土地と人民を朝廷(天皇)にお返しした。

 1871年の廃藩置県
 藩を廃して、県を置いた。
 ちなみに、100年後の1971年に、埼玉の県民の日が制定された。

 最初は、江戸時代の藩をそのまま県におきかえたので、全国に3府302県もできてしまった。こりゃ、全部は覚え切れんわ。
 その後、72県に集約され、さらに後、現在の47都道府県に落ち着いた。

 埼玉には最初、川越県・忍県・岩槻県・浦和県がおかれた。
 忍(おし)は今の行田市だ。
 これらが、周辺の県とくっついたり離れたりしながら、最終的には埼玉県としてまとまった。
 今は、さいたま市の一部になっている岩槻だが、一時はここに県庁を置こうかという話もあったらしい。岩槻区の人、残念なことしたな。

 以上、県民の日を前に、超かんたんな埼玉県の歴史であった。

こっち(元禄文化)以外は、全部あっち(化政文化)という覚え方

 そろそろ「元禄文化」かな。
 28年度の埼玉県公立高校入試「社会」の文化に関する出題のことだ。

 最近8年間の文化に関する出題は次のとおりだ。
 27年度 飛鳥文化
 26年度 桃山文化
 25年度 国風文化
 24年度 天平文化
 23年度 鎌倉文化
 22年度 室町文化
 21年度 桃山文化
 20年度 化政文化

 20年度に同じ江戸時代の化政文化が出ているが、元禄文化はしばらく出ていない。各時代から万遍なく出題するという考え方に立てば、そろそろ出てもいいわけである。

 江戸時代の文化は、前半と後半で分けて考える。
前半は、上方(かみがた=京都や大阪)中心の元禄文化、後半は、江戸中心の化政文化だ。
 文化の問題は、基本的に知識問題であるから、見て、読んで、覚えてしまえばいいわけだが、元禄と化政は、結構ゴッチャになる。

 街角インタビューかなんかで、美人画を2枚並べられて、「どっちが菱川師宣(ひしかわ・もろのぶ)で、どっちが喜多川歌麿(きたがわ・うたまろ)でしょう」と聞かれて、当てずっぽうじゃなく答えられる人は、10人に1人もいないだろう。

 こういうゴッチャになるようなことを覚えるにはコツがあって、どっちか一方を強烈に覚えるんだね。
 「これとこれは、こっちで、それ以外はあっち」

 じゃあ、ここでは元禄文化をこっち、化政文化をあっち、としよう。

 こっち(元禄文化)で名前を覚えるのは最大で6人。節約したければ3人だ。
 1 小説の井原西鶴(いはら・さいかく)
 2 人形浄瑠璃(にんぎょうじょうるり)の脚本家・近松門左衛門(ちかまつ・もんざえもん)
 3 俳諧(俳句)の松尾芭蕉(まつお・ばしょう)
 以上が必須の3人。

 これに加えて、3人の画家
 4 菱川師宣
 5 俵屋宗達(たわらや・そうたつ)
 6 尾形光琳(おがた・こうりん)
 以上、こっちの合計6人。

 残りの人物は、みんな、あっち(化政文化)の人だ。

 たとえば、俳句では「松尾芭蕉=こっち(元禄文化)」だけをしっかり覚えておいて、残りの与謝蕪村や小林一茶は、あっち(化政文化)だ。
 絵画、特に人物画(美人画)の分野では、「菱川師宣=こっち(元禄文化)=『見返り美人』」だけをしっかり覚えておいて、残りの鈴木春信や喜多川歌麿は、あっち(化政文化)だ。

 教科書には作品の写真が載っているので、本来はこれと作者が結びつかなくてはいけないわけだが、たぶん、その類(たぐい)の問題は出ない。
 その作品が、こっち(元禄文化)のものであるか、あっち(化政文化)のものであるかが区別できれば十分だ。

 こっち(元禄文化)で作品を見て覚えておくのは3点。
 1 見返り美人図(菱川師宣)
 2 風神雷神図屏風(俵屋宗達)
 3 八橋まき絵すずり箱(尾形光琳)
 特に、1と2が出やすい。

 「西鶴、浄瑠璃・近松、芭蕉、見返り、風神、すずり箱」
 これ、声に出して読んでみるといいよ。リズムが大事。
 というわけで、こっち(元禄文化)は、これで完璧。

角栄を描いた小説を読んで、田沼意次のことを考えた

 昨日は少し時間があったので、石原慎太郎が最近書いた小説『天才』を読んだ。
 元東京都知事・石原慎太郎は、芥川賞作家であるから、小説を書くのは、まあ本業と言うべきある。
 この小説は、田中角栄の一代記なのだが、「俺は・・・」という形の一人称で書かれている。
 登場人物は全部実名で、田中角栄の金権政治を徹底的に批判した石原本人も出てくる。

 が、今日はこの本の話ではなく、突然だが、田沼意次(たぬま・おきつぐ)の話である。

 実は、土曜日のテレビで、そろそろ入試に出そうな人物として社会担当の先生に番組の中で田沼のことを言ってもらおうと思いながら、つい忘れてしまったことを、田中角栄の本を読みながら思い出したのだ。

 田沼意次が老中(ろうじゅう)となったのは1772年のことである。
 家康が征夷大将軍となったのは1603年であるから、江戸幕府が開かれてから170年も経っている。
 よって、将軍も15代中の第10代目、家治(いえはる)の時代である。

 田沼は武士ではあるが低い身分の出である。しかし、努力と才能でみるみる出世し、ついには幕府政治の中枢を担うようになる。
 そして、困窮する幕府財政の立て直しを図る。

 田沼の政策の特徴は、農業ではなく、商工業者の力を利用して財政再建をしようとしたところにある。だから、重商主義政策と呼ばれたりする。

〇同業組合である株仲間を奨励し、これに特権を与える代わりに税を徴収した。
長崎貿易を活発にしようとした。
の専売制度を実施した。
俵物(たわらもの)=海産物など新しい輸出品の開発に力を入れた。
蝦夷地(今の北海道)の開発を試みた。
印旛沼の干拓を試みた。

 いろんなことを、しかも画期的なことをずいぶんやったね。

 江戸の三大改革(享保・寛政・天保)と言われるが、これらの改革は、税金(当時は米)を確保するための農業政策が中心で、結果も吉宗の「享保の改革」以外は、あまり芳しくない。

 田沼の改革は、これらに匹敵するし、その斬新さでは他を圧しているから、これを含めて江戸の四大改革と言ったほうがいいんじゃないか。

 と思うが、そうならないのは、田沼が身分の低い階級の出身ということもあるが、やはり、次に実権を握った松平定信のせいだね。

 松平定信は、8代将軍・吉宗の孫だから、将来の将軍候補だったわけだ。しかし、田沼の画策で白河藩に養子に出されてしまう。
 「クソ。田沼の野郎、覚えてろよ。俺が将軍になり損なったのはテメエのせいだ。ただじゃおかねえ」

 こういう恨みがあるもんだから、田沼に対して徹底的に「わいろ政治家」のレッテルを貼ったわけだ。
 で、寛政の改革は、あまり成功しなかったが、こっちは結構うまく行って、昭和に生まれたわれわれも、田沼意次はわいろをもらった悪いやつだと学校で習った。

 もっとも、最近の歴史では、田沼も再評価されている。

 私が、「田沼、意外といいやつじゃん」と思うようになったのは、学問研究の結果ではなく、池波正太郎(いけなみ・しょうたろう)の「剣客商売」(けんかくしょうばい)の影響だ。
 この小説はずいぶん昔からテレビドラマ化されていて、昨年放送された最新版では、主役の秋山小兵衛を北大路欣也、その息子・大治郎を斎藤工、秋山一家を秘かに応援する田沼意次を國村隼、その娘・佐々木三冬を杏というキャストだったが、これはどうでもいい情報だ。
 とにかく、この小説では、悪徳政治家ではなく、先見性を持った優れた政治家として描かれているのだ。

 というわけで、入試を控えて、ちょっと気になる田沼意次の話であった。

神父であって牧師ではないのだ

 昨日は親戚の娘の結婚式に出席した。
 カトリックの教会である。

 冒頭、神父はこう言った。
 「ここは、結婚式場ではなく教会だ。そして、私は神父だ」。
 分かってるよ。どう見たって、僧侶や神職じゃない。

 さらに。
 「私は、神父であるから、結婚しない。生涯独身である」。
 はは~ん、分かったぞ。暗にプロテスタントや牧師との格の違いを言っておるな。
 まっ、分かるけど、別にここで言わんでもいいだろう。

 なんて余計なことを考えながら、聞いているのがいかにも年寄りらしいところだ。

 さてと、ここからいつものようにお勉強コーナー。

 キリスト教は、大きく分けると、カトリックとプロテスタントに分類できる。
 歴史的に古いのは、カトリックだから、これを旧教とも言う。プロテスタントは新教。

 冒頭の神父。これはカトリックの呼び名。プロテスタントでは、牧師と言う。
 この日の神父も、よく間違って、「牧師様」とか言われるんだろうな。
 だから、「断っておきますけど、私は牧師ではありません」ってなるんだね。

 キリスト教は、ヨーロッパで広まった。信者が爆発的に増え、それにつれて教会の力が強まった。
 ある時期、その力は、各国の皇帝や国王を上回るほどであった。
 しかし、権力は腐敗する。
 そこで、これを批判する人々が現れた。
 その代表的存在が、ルターカルバンである。

 ルターやカルバンなどの考え方は、ヨーロッパ各国に広がり、
 ローマを中心とする従来のキリスト教(カトリック)に対抗する、新しい勢力として成長して行った。
 これが、教科書にも出てくる宗教改革である。
 かれらの一派は、総称してプロテスタントと呼ばれた。
 (この話、だいぶはしょったので、高校の世界史で詳しく学んでほしい)

 ちなみに、入試では必須のフランシスコ・ザビエルは、カトリックの人である。
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード