FC2ブログ

式辞より祝辞が話題の東大入学式

 東大入学式における上野千鶴子氏の祝辞が話題になっている。

 国立大学とはいえ、一大学の内輪の式典であるから、どなたを来賓に呼ぼうが、その方がどんな祝辞を述べようが、部外者がつべこべ言うべきではないのだが、そこは天下の東大である。総長がいかなる式辞を述べたかなどは気になるのである。

 一般論としては、式辞と祝辞では、式辞の方が重く、来賓やその祝辞の方が目立ってしまうのは好ましくない。入学式におけるメインは、学長や校長の式辞であり、新入生の決意の言葉である。祝辞は添え物である。
 しかし最近、特に大学においては、マスコミ報道を意識して、入学式や卒業式に著名人を招くことが多いようである。

 これまでの上野千鶴子氏の行動と言動を見れば、ありきたりの祝辞に終わることは想像しにくいから、主催者である大学側は最初からマスコミが飛びつくような祝辞を期待したのであろう。上野氏はその期待にしっかり応え、ネットは大盛り上がり。その意味では大学側の人選は成功したと言えよう。

 先の「天皇陛下御即位三十年奉祝感謝の集い」において、ビートたけしさんが祝辞でボケまくって話題となったが、これも同じような構図だ。
 あそこでビートたけしさんが真面目な祝辞を述べたら、「何であなたを呼んだと思ってるのよ」となるが、そこはたけしさん、主催者の思惑をしっかり受け止め、ボケまくった。やっぱりプロだ。
 上野氏も、ご自身の役割を全うされたという点でプロである。

 残念なのは五神真総長。
 本来ならこちらが話題にならなくてはいけない。立派な式辞を述べられている。
 【コチラで見られます】↓
 東大入学式を伝える同大ホームページ

 しかし、対マスコミという点では百戦錬磨の上野氏相手では分が悪い。東大はなぜ総長が食われてしまうような人選をしたのだろう。

学校説明会情報の更新状況を調べてみた

 埼玉県高校入試情報。

 今年の入試説明会(学校説明会)の予定を各校ホームページで確認してみよう。
 新年度に入って2週間、学校が始まって1週間、今年度の新情報に更新されているはずだ。

 調べるのは私立(県内)だが、念のため公立を見てみるか。どうせ去年のデータに決まってるけど…
 まず県立浦和。おっ、早くも新情報が出ているではないか。たった2回の説明会だけど。次に浦和一女。おう、ここも新情報。
 意外!と言っては失礼だが、公立のくせに仕事早いな

 じゃあ、私立を見てみるか。
 7割は行ってて欲しいが、新情報に更新されているのは5割程度と予想。

●調査結果(今年度の説明会情報が掲載されている学校:五十音順)
 大妻嵐山・開智・開智未来・埼玉栄・栄東・秀明・昌平・城北埼玉・聖望学園・独協埼玉・東邦音大東邦・花咲徳栄・武蔵野音大付・立教新座・早大本庄(以上15校)

 少ないな。
 去年のままの学校が31校ある。ちょっとガッカリ。
 まだ決まってない?
 それはないでしょう。年間行事予定は、前年度のうちに決まっているはずだ。あとはホームページを更新するだけ。ついでに「平成」は「令和」に書き換えましょう。

 年度末・年度初めが忙しいのは分かるけど、見る人(お客様)はそんなふうには思いませんよ。
 「何だよ、古いデータじゃないか」
 こういう積み重ねが学校イメージを落として行くんですよ。
 本ブログをお読みになった学校関係者の皆さん。大至急更新してください。お願いします。

先生は「大人の本気」を見せつけなくては

 人の名前が覚えられない。
 たぶん年のせいだ。
 脳機能の低下もあるんだろうが、憶えようという意欲がない。記憶に必要なのは「覚えるぞ!」の気力だ

 さて、新人教師諸君!
 新年度が始まって1週間。担任クラスの生徒の顔と名前は覚えただろうな。
 ナニ、まだ半分ぐらい?
 おいおい、春休み中、何やってたんだ。名簿と顔写真渡されてなかったか。全部覚えておいて、初日からいきなり「誰々さん」と呼んでやるんだよ。

 スゲー、と素直に感動してくれる生徒もいるし、受けようと思って先生予習してきたなと、斜めから見てくる生徒もいるが、どっちでもいい。こういうところで「大人の本気」ってものを見せつけてやるんだ。ものごとに本気で取り組むということが、どういうことかを身をもって示す。これが担任としての最初の教育だ。

 来週から授業も始まるし、その準備が大変。慣れない事務作業も大変。
 新人教師にとって、連休までは「地獄の3週間」というところかな。
 先生という職業は、他の職業と異なり、ベテランと新人が同じ役割を担うことになる。学校にもよるが、新人が即担任ということもあり得るからね。
 
 先生になった以上は、良い授業をやりたい。
 これは当然のことなんだが、もう一つ大事なのは、子供たちと良好な関係を築ける能力を身につけること。要するにコミュニケーション力だね。これが無いと、どんなに周到に準備しても、授業は成立しませんよ。

 あっ、それと念のために注意しておくと、生徒とのコミュニケーションというのは、生徒とただ仲良くなるというのとは、ちょっと違うからね。
 「友達みたいな先生」ではダメですよ。「友達風」や「友達的」は、本物の「友達」にはかなわない。つまりニセモノですからね。

 あくまでも大人であり、先生であることを貫きながら、生徒と良好な関係を築く。これが先生に求められているコミュニケーション力ですよ。

 最初に言った、生徒の顔と名前を覚えるというのも、生徒に好かれたいなんていうスケベ根性からやるんじゃありません。見せつけるならプロ根性です。
 頑張ってね。

結果が出てから任命責任を問うって、どうなの

 桜田義孝大臣、とうとう辞任。

 この人、相当アホなんじゃないかと見られているが、千葉県立東葛飾高校出身なんだよね。東葛と言えば千葉県では千葉、船橋と並んで公立御三家と呼ばれている名門だから根っからのアホというわけでもなさそうだ

 自身のホームページによれば、家庭が裕福でなく大工をしながら明治大学(夜間)に通ったという。苦労人なんだ
 で、大工の腕を生かし、20代半ばで建設会社(桜田建設)を創業。今風に言うなら起業家だ。そのまま大工やってれば良かったのに。

 その後、市会議員、県会議員を経て衆議院議員に。
 いわゆる「たたき上げ」だ。昔はよくあったパターンだが、父や祖父も議員という二世議員が跋扈している現在の政界では、地方議員からのし上がってくるのは大変なことだ。努力家なんだろう

 私は、桜田氏が初めて衆院選(千葉8区)に出るときの政治資金パーティに出ている。埼玉県民の私にはどうでもいいことだが、仕事上の義理で出席した。どんな義理だったかはよく思い出せない。遠い記憶だが、スピーチはまあまあ上手かったんじゃないか。

 とまあ、どんな人間だって、いいところはあるんだよという話だ。

 野党は例によって安倍総理の任命責任を問うているが、いい加減にしろよ。
 桜田氏は1949年生まれ。70歳になろうという爺さんだぜ。個人の責任でいいじゃないか

 総理の任命責任を問うなら、桜田氏を強く推した二階幹事長の推薦責任もあるぞ。いや、その前に桜田氏を選んだ千葉県民(主に柏市民・我孫子市民)の投票責任はどうするんだ。1回や2回ならまだ分かるが、7回も当選させてるんだぜ。そのぐらい当選させると、順番で大臣になっちゃうんだよ。

 任命責任というものを否定するつもりはないが、結果責任と一緒くたにしてはならない。任命責任とは、任命する時点において、適任であるかどうかをよく調べ、適正に判断したかである。結果として、その人物が失敗したり、スキャンダルを起こしたとしたら、それは結果責任として本人が負えばいいのである。

 野党が任命責任を問うのであれば、任命した時点であろう。その任命は適切ではない、任命者としての職責を果たしていないと、その時点で言うべきである。結果が出てから言うことではない。

たぶんハズレと言われていた元担任の言い分

 今年の担任はハズレだのなんだのと文句を言っているお母さん、こっちから言わせれば、あなたのお子さんもハズレですよ。

 それとお母さん、あなた自身もハズレ。
 大した根拠もなく、人やモノをアタリだハズレだと断じるのがクセなんでしょうね。亭主はハズレ、そいつを産んだお姑さんもハズレ、あの美容室はハズレ、あそこの病院はハズレ、今度の車はハズレとかね。そうやって生きてきた。そうやって子供を育ててきた。

 たぶん、これから先も、入った高校・大学がハズレ、入った会社がハズレ、上司がハズレ、選んだ嫁さん(婿さん)がハズレとやって行くんでしょうね。要するに、考え方があくまでも自分中心。自分が気に入った人やモノはアタリ、気に入らない人やモノはハズレ。

 だから、あなた自身がハズレ、そんなあなたに育てられた子もハズレ。

 と、なりそうですが、心配は要りません。
 私はあなたの担任ではありません。あなたのお子さんの担任です。私たちは、児童・生徒をつかまえてアタリだのハズレだの言いません。

 そりゃあ手を焼く子はいますよ。暴力を振るう子もいる。弱い者いじめをする子もいる。無気力な子もいる。勉強がからっきしダメな子もいる。
 こういう子たち、あなたに言わせるとハズレですよね。

 でも、私たちはどんな子を受け持っても、この子はアタリ、この子はハズレなどとは言いません。というか、思うことすらありません。どうしてもと言うなら、全員アタリでハズレなし。

 目に見える短所は誰だって指摘できるけど、目に見えない長所に気づいてそれを伸ばすのが先生の仕事ですよ。それが出来たときは、ホント先生やってて良かったと感じますね。先生の醍醐味ってやつですよ。

 子供たちは家で先生の文句言ってますよね。厳しい、うるさい、つまんない、分かんない。
 たいていは自分のことは棚に上げてなんですが、自分自身を客観視できるようになるのは、まだもう少し先のことなので仕方ないですね。成長を待ちましょう。

 人からアタリ、ハズレと言われることはあっても、自分からはアタリ、ハズレと言わない。これが先生のプライドってもんです。
 あっ、お母さんハズレと言っちゃいましたね。
 訂正します。
 全員アタリの子供たちを産んで育ててくれたお母さんにハズレがあるわけないですよね。失礼しました。

紙幣の肖像画、次の次本命は湯川秀樹博士か

 渋沢栄一・津田梅子・北里柴三郎。
 まあ、いいラインナップでしょう。2024年からの新紙幣肖像画に使われる人物。

 だいたい20年間隔で更新されているので、次の次は2044年頃か。私はもし生きているとすれば93歳。まあ、見ることはなさそうだ。いや、その前に完全キャッシュレス時代になっているかもしれない。

 私の一番古い記憶は、100円札の板垣退助、500円札の岩倉具視だ。昭和30年代の話。
 電車の一駅が10円(子供は5円)という時代だから、小遣い100円貰ったら大喜び。聖徳太子の1万円札なんて、滅多にみることはなかった。

 肖像画は政治家から文化人・科学者の時代へ。
 野口英世・北里柴三郎という流れからすれば、将来は日本人初のノーベル賞受賞者・湯川秀樹博士でしょう。
 樋口一葉・夏目漱石が使われたなら、森鴎外・芥川龍之介もありかな。あと、音楽界から滝廉太郎。
 女性が弱いね。平塚雷鳥、与謝野晶子あたりだが、政治的にどうか。
 などと、早くも次の次を予想してみるわけである。

 渋沢栄一、北里柴三郎は、その業績と顔写真が中学校歴史の教科書に出ている。津田梅子も、岩倉使節団に同行した女子留学生として紹介されている。

 教科書レベルということは、入試レベルということ。
 岩倉使節団は、条約改正や征韓論との関連で問題が作りやすいところ。
 渋沢栄一を出すなら殖産興業政策との関連。ただし、埼玉県の問題で出るかどうかは微妙。他都県で出すならいいが、埼玉県で出した場合、渋沢栄一の出身地・深谷市の中学生が有利になるとの意見も出そうだ。

 もう少し想像力を広げれば、歴史分野で貨幣・通貨の歴史。公民分野で金融の働きなども考えられる。
 元号については天皇制とのからみで入試問題にはなりにくいが、紙幣なら問題ない。次年度の問題はこれから作られるので、タイミング的にもドンピシャ。

失言でクビになった副大臣から二つの教訓を得た

 塚田一郎国交副大臣(参議院新潟・麻生派)が失言の責任をとって辞任。

 ニュースの概要は皆さんご存知ということで省くとして、私はここで何を学んだか。どんな教訓を得たか。

 教訓1 スピーチで笑いを取りに行ってはいけない。
 教訓2 自分を大きく見せようとしてはいけない。

 おそらく、この二つを心得ておけば、かれは副大臣を辞めずに済んだ。

 ユーモアは大事。笑いは必要。ただ相手が大人の場合は要注意。
 かれらは愛想笑いという術を心得ている。どんなつまらんジョークでも、「あっ、ここは笑いを取りに来てるんだ」と分かれば、ワハハと笑い、手を叩くのだ。大人の対応ってやつだ。
 話が受けたんじゃない。特に内輪の会などでは、これはお約束なのだ。
 勘違いするな。調子に乗るな。
 私はスピーチの達人というわけではないのだから、無理して笑いを取りに行くような真似はやめよう。
 
 自分を大きく見せたい気持ち。
 特に小物政治家にありがちだ。大物の名前を挙げ、懇意にしている、ツーカーの間柄、ということをダイレクトには言わないが、そう匂わせるもの言いをする。

 スピーチではない普段の会話などでも、つい最近も誰それと飲んだなどと、著名人や大物の名前をちょこちょこ挟み込んでくるやつがいるが、醜悪だね。その話を聞いて、「わあ、この人すごいんだ」と思う人なんていないよ。
 そんな大物と知り合いなのに、今のオマエは何だと思われるのがオチだ。

 実体以上に自分を大きく見せようとしていないか。この際、過去の言動を振り返ってみることにしよう。
 
 以上。
 いろいろと反省材料を与えてくれた塚田前副大臣に感謝だ。

炎上が心配? なに勘違いしてんのよ

 最近立て続けに「ブログやツイッターをやってみたいが炎上とか恐くて」という人に会った。

 アハハ、なに勘違いしてんのよ。あなたのブログやツイッターが炎上するわけないじゃない。
 理由?
 簡単だよ。あなたのことなんて誰も注目してないからだよ。
 炎上の可能性があるのは、敢えて炎上狙いに走る人か脳みそが足りてないクソガキを別とすれば、著名人や権威・権力を持った人ぐらいかな。市井の一個人が何を書いたって黙殺されるだけ。
 だから、心配するなら、せっかく書いても誰も読んでくれないことだよ。もしかして、本当に恐れているのは、そっちじゃないの?

 「炎上なんて心配ないのは分かりました。でも、ネタがすぐに尽きてしまいそうで…」
 そう。いいとこ突いてきたね

 読んでもらうためには、うんと面白いことを書くか、すごく役に立つことを書かないといけない。
 そんなこと知ってるよという話ばかりじゃ読む気は起らんだろう。これは読み手の立場で考えればすぐ分かることだ。

 私が書き始めて一番思ったのは、自分の知識がいかに狭くて浅いかということだね。そういう反省は誰にでもあるものだが、「書く」という形でアウトプットしてみると一層明確になる。受験生が模試を受けてみて己の弱点に気づくのと似ているかもしれない。

 ネタは自分の中に無尽蔵にあるものじゃない。ストックが多い人は割と長持ちするが、それだっていつか使い切ってしまう。ネタが底をつくのは誰でも同じだから、読まれるためには常に新しいネタを仕込む努力が必要だ。

 という話をすると、「別に読まれなくてもいい。自分の書きたいことを書いているだけだから」と言い出すやつが必ず出てくるが、これについてはつい最近も「だったら家で日記を書いてなさいよ」という話を書いたばかりだ。

 ブログやツイッター、インスタなどSNSのいいところは、始めるのに投資がいらないことだ。金がかからない。
 ビジネスにはイニシャルコストもランニングコストもかかるから慎重さが求められるが、タダで始めてタダで続けられるのだから、とりあえず興味があるんだったらやってみる。やってみたけど思ったほど楽しくなかったらやめる。それだけの話だ。

「イヤミスの女王」が書いた青春小説が面白そうだ

 湊かなえ「ブロードキャスト」
 学園青春小説と言えばいいのかな。あるいは部活モノ。

 私のような老人が読むような小説ではないが、主人公が高1で舞台が部活とくれば、入試国語の長文問題に使われるかもしれない。一応、読んでおくか。
 それと、「イヤミスの女王」と呼ばれる湊かなえさんの青春小説というのも想定外の組み合わせで興味を惹かれる。
 読書界では、読み終わって「嫌な気分」が残るミステリーを「イヤミス」と呼んでいるようだが、湊さんのミステリーは事件解決でスッキリとはならず、なんかモヤモヤした読後感が残ると評判だ。そんな湊さんが、青春小説を書いたというから、ファンの皆さんもさぞ驚かれただろう。

 これからお読みになる方もいると思うので、ストーリー紹介は避けるが、舞台が放送部というところが面白い。文化部ならふつうは吹奏楽とか演劇でしょ。
 ずっと体育会系の私は、放送部のことは何も知らなかったが、この小説で初めて放送部の活動内容や大会の仕組みを知った。
 今年は放送部を取材しようと思っていたところなので、いい予習になった。

 放送部というと、お昼の校内放送で好き勝手な音楽を流している、楽勝な部活というイメージしかなかったが、アナウンサーとか声優を目指そうという人には面白い部活かもしれないと思った。それと、最近はドラマやドキュメンタリーなど映像制作にも力を入れていることも分かった。
 
 苦しい練習に耐え、挫折を乗り越え、ついには勝利をつかむというのが部活モノの王道だが、作者はここに、「汗と涙と感動と友情」とは対極にある「陰湿ないじめ」という要素を盛り込んできた。このあたりが、「イヤミスの女王」らしいところか。

 この作品は、高校生たちがいかにして栄冠を勝ち取ったかの物語であると同時に、かれらがいかにして目の前に起こる「いじめ」に立ち向かったかの物語でもある。

 

スポーツジムに自分の居場所はなかった

 ジム通いというのを数年やってみたが、昨年でやめた。
 今はもっぱら自重トレーニング。つまり、自分の体重を負荷として行うトレーニング。早い話、腕立て・腹筋・スクワットなど。

 フルマラソン後半のスピードダウンは筋力不足ではないかと考えた。年を取ると、どんどん筋肉が失われて行くのだ。よし、筋トレだ。

 月会費1万円弱。
 ちょっと高いが、週2~3回行けば元は取れそうだ。
 だが甘かった。2~3回どころか1回も行けない週もある。せめて土日と思うが、季節によっては、さまざまなイベントで休日は全部埋まる。平日は夜遅くにならないと行けない。

 そもそも筋トレなんてものは、最低でも週2ペースでやらないと効果は期待できない。これでは、ただ会費を払っているだけではないか。

 スポーツジムというものの雰囲気も自分には合わない。というか、最後までなじめなかった。
 トレーナーのお兄さんやお姉さんは若く元気で、みんないい人だった。そこに不満はない。筋肉オタクみたいなやつがいる。ボディビルの大会にでも出るのかな。まあ、頑張ってくれ。大汗かいてサーキットトレーニングに余念のないやつがいる。何の競技か分からんが、結構本気だな。怪我するなよ。ここまでOK。

 しかし、ここに集う人々はアスリートばかりではない。

 オマエ、明らかに筋肉見せびらかしてるだろう。そんなに露出しなくたって、見る人が見れば分かるんだよ。
 読者の中には部活の顧問をやっている先生もいると思うが、ジャージの上からだって分かりますよね。

 もしかして高校生? あのな、親の金無駄に使わないで、ガキは校庭走り回ってろ。部活やれよ。それが青春ってもんだ。
 
 オバサンさ、ここは社交場じゃないんだから、ジュース(一応スポドリだけど)飲みながら、いつまでもお喋りしてるんじゃないよ。「あら、今日のウエア素敵!」って、あほか。全然デブ解消してないぞ。

 まあ、こんなだから、とうとう一人も知り合いができなかった。ここは自分の居場所ではない。
 よく言えばアウトドア派。そこらを走り回って、公園のベンチで腹筋やってるのが自分にはお似合いだ。
 
 fukkin_man.png
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード