採点していると読めない字に出くわすこともある

 解読不能な字を書く子がいる。
 大人でもいる。

 急いでいて丁寧に書けなかった。
 すぐに捨てる自分しか見ないメモだからテキトーに書いた。
 というようなケースは日常的にあるものだが、入試の答案で解読不能な字を書く子がいるから困ったものだ。
 大事な入試で、そんなやついるのかと思うが、いるのである。昔のこととはいえ、本物の採点経験者である私が言っているのだ。

 入試は、字の美しさを競うものではないから、下手でも読めればいいのである。
 ところが読めない。
 採点しながら「これ、何て書いてあるんだろうね」と、皆で必死に解読を試みるが誰も読めない。

 乱暴な字。
 というのともちょっと違う。
 入試という大事な場面では、下手な子だって、それなりに丁寧には書いてくるから、乱暴な字というのには、あまりお目にかからない。

 では、なぜ読めないか。
 漢字の場合であれば、縦棒、横棒の長さだったり、点の形や打つ位置だったり、止め方だったりはね方だったり。それらが、良く言えばあまりに個性的過ぎて他人には読めないということがある。まさか、わざとそんな書き方をしているはずはなく、本人的にはきちんと書いているつもりだが他人には読めない。

 ひらがな・カタカナ・数字・アルファベットなど、平易で画数の少ない文字(数字)が特に危ない。
 めったに書かない漢字よりも、ふだん書き慣れている文字(数字)の方が、自分のクセがつきやすく要注意だ。

 本人分かっているのに、採点者が解読不能なため点数がもらえないという事態がおこらないとも限らない。
 記述による解答が増えた昨今の入試問題であるから、塾の先生方は、あまりに個性的なため他人には解読できない字になっていないか、誤読される恐れのある字になっていないかもチェックしてあげるといいだろう。念のためということで。

入試問題の作成は外注でもいいかな

 ここ数日同じようなテーマが続いている。
 今日は、入試問題の作成は外注でもいいんじゃなかという話である。
 部活の指導だって外注しようかって話が出ている時代なわけだし。

 前にも何回か書いていると思うが、私は先生の仕事を大きく二つに分けて考えている。
 1 生徒と直接関わる仕事
 2 生徒と直接には関わらない仕事

 生徒と直接関わる仕事というのは、目の前に生徒がいないと成立しない仕事だね。一番分かりやすいのは授業。
 生徒と直接関わらない仕事は、学校業界で「雑務」と言われている仕事だ。主に事務仕事。やたら多い会議もこっち。

 で、次に考えるのは、合理化ということ。(一応、断っておくが、合理化というのは「手抜き」とは違うからね)
 1 生徒と直接関わる仕事 ←合理化できない。するべきでない。
 2 生徒と直接には関わらない仕事 ←合理化できる。すべき。
 と、こんなふうに私の頭の中では分類されているわけである。

 さて、入試問題の作成である。
 私の分類では、「2 生徒と直接関わらない仕事」であるから、合理化の対象である。
 よって、コスト次第では外注も可、と簡単に結論が出てしまうわけだが、中には、入試問題は学校側から受験生に向けたメッセージであるとか、入試問題自体を学校のウリにしたいとかで、自前の作成にこだわる学校もあると思うが、それはそれでいいのではないか。

 しかし、そういったこだわりが特にないのであれば、問題作成や採点は自前である必要はない。
 実際、公立高校などは、県のお仕着せの問題で入試を行っているわけで、公立で自前というのは全国的に見てもごく一部である。また、埼玉県では模試の成績を事実上の合否判定に用いている私立も多く、これなども形を変えた外注である。

 学校は、あるいは先生は、なぜ業務の合理化によって時間を生み出さなくてはならないか。それは、持てるエネルギーを「1直接生徒と関わる仕事」に振り向けるためである。別に楽して給料もらうためじゃない。

 放課後、生徒と遊んでやるんだって先生の仕事のうちだ(ま、生徒が望めばってことだが)。
 学校ってところは、傍から見たら、何やってんだか分かんない時間や場面が多いもので、世間からは「先生は気楽でいい」とか「遊んで給料もらえて結構なご身分」とか文句を言われそうだが、そういうのも全部ひっくるめて学校の役割、先生の仕事、っていうのが私の考えだ。

 だから、そのために、合理化できる方の仕事は、とことん合理化して行こうぜとなって、じゃあ入試問題の作成は外注でもいいんじゃないか(丸投げでは困るが)となるのである。

山中伸弥教授は、桁外れのランナーだ

 ノーベル賞学者、京大の山中伸弥教授(55)は、市民ランナーとしても桁外れの速さであるという話。
 4日(日)行われた別府大分毎日マラソンに出場し、3時間25分20秒で走り切った。

 この大会、いわゆる市民ランナーも出場可能だが、ここ2年で3時間30分以内の記録を持っていなければならない。
 もちろんこのくらいの記録なら、持っている人はいくらでもいる。私も40代前半まではこのタイムで押せた。だが、山中教授は55歳だ。この年齢でこのタイムは驚くべきことだ。忙しい仕事(研究)の合間をぬって、一体いつどうやって練習しているのだろう。

 私は若いころから腰痛持ちなのだが、2年前の腰痛は人生最大の重症だった。毎度のことなので医者には行かずに治そうと思ったが、さすがに無理と判断し、止む無く整形外科のお世話になった。
 
 私は尋ねた。
 「完治することはあるんですか?」
 ドクターは答えた。
 「激しい運動のせいもありますが、基本的には加齢によるものですから治りません。まあ、だましだましやって行くしかないんじゃないですか」
 そこは同感だ。

 なんだよ、直らないのかよ。
 だが、落胆する私に、ドクターはこう言った。
 「ただし、この先、再生医療が進歩すれば新たな治療法が生まれるかもしれません」
 そいつは朗報だ。
 「再生医療っていうと、例のIPS細胞とか、あれのことですか。山中教授がやっている」
 ドクター、曰く。
 「そうですね。ただ5年、いや10年はかかるかな」

 そんなわけで私は、その時「山中教授、頑張ってくれ、急いでくれ」と真剣に思ったのである。生きて元気なうちに何とかしてくれ。俺は持ち時間が少ないんだからさ。

 山中教授の快走は、もしかしたら、もう何か開発されてて、その結果じゃないの。
 なんてことはないと思うが、
 研究の方もしっかりやっていただいて、多くの人を救ってもらいたいと再び思ったのである。

10年連続出場みたいな問題は今年も出るよ

 今日掲載された埼玉新聞のLINE記事(高校入試コラム)のタイトルは、「出るのが確実な問題に対する備えを」というものだ。
 読んでみようかという人は、LINEの公式アカウントで「埼玉新聞」を検索すれば出てくるだろう。

 一応、新聞記事なのでタイトルも上品で、中身もおとなしいものにしてあるが、ここで書くなら、「オマエら、出るの分かってる問題の準備ぐらい、ちゃんとやっとけよな」である。

 コラムでは主に国語の話をしたわけだが、どの教科にも「レギュラー」というか、ほぼ毎年出されている問題がある。「5年連続8回目の出題」みたいな。
 数学の計算問題なんて、ほとんどが「30年連続30回目」とか「20年連続20回目」のレベルだろう。証明問題だって、他にも証明するものあるだろうと思うが、ほとんどが三角形の合同か相似の証明だ。
 国語の作文も多少出題形式に変化はあるにしても「40年連続40回目」くらいにはなっているだろう。もはや伝統芸の世界だ。

 まず、そういう問題に対する万全の備えをやって、それは大丈夫となったら、次に「3年ぶり何回目の出題」とか、「5年ぶり何回目の出題」みたいな問題への備えをしておく。

 「10年ぶり」とか「史上初」なんてものは、ほとんどないと考えた方がいい。去年の数学の学力検査問題では、「史上初」みたいなのが出たが、そういう時はみんな出来ないからあまり心配しないでいい。

 「5年ぶり」とか「3年ぶり」が多いのは、そのくらいのサイクルで単元が一巡してしまうからだ。出題者は、あらゆる単元から偏りなく出題しようとするわけだが、そんなにたくさんの単元があるわけじゃないから、数年ごとに同じ単元からの出題になってしまう。

 こういうのは「ヤマをかける」というのとは違って、ちゃんとした根拠があるわけだ。

 私だったら、残された時間で、すべての分野・単元をうすく広く総ざらいするような勉強はさせないね。
 まず連続出場からチェックする。次に、3年ぶりから5年ぶりになるような分野・単元をチェックする。そこまで。
 時間無制限なら、そんなことはしないが、なにせ日数がない。

入試ミス、異議申し立て期間を設けてはどうか

 一口に入試ミスといっても、いろんなパターンがある。

 1 出題(問題)に関わるミス
  正答がない(解答出来ない)、問題用紙に誤字脱字、解答用紙に不備など。
 2 採点・合否判定に関わるミス
  単純な誤採点、出題ミスに起因する採点ミス、集計ミス、合否判定ミスなど。
 3 試験実施や合格発表に関わるミス
  用紙の配布や回収ミス、試験時間のミス、発表内容のミスなど。

 パッと思いついて書いただけなので、他にもありそうな気がするが、要するに「入試ミス」といっしょくたにして議論すると混乱するぞと言いたいのである。

 最近、盛んに報道されているのは、上の分類で言えば、「1 出題に関わるミス」であり、これが「2採点・合否判定に関わるミス」につながっている。
 
 今後は「1 出題に関わるミス」が増えそうだということは昨日も書いた。
 かつて、重箱の隅をつつくような細かな知識の有無が合否を分けた時代もあった。だが、知識よりも「思考力・判断力・表現力」だろう、というのが現在主流の考え方だ。
 昨今の入試ミスの背景には、こうした出題(問題)に対する考え方の変化がある。

 さて今後の展開だが、ミスの早期発見という観点から、問題及び正答例、採点基準などを実施者自らが、実施後速やかに公表せよという意見が強まってくると予想される。

 ちなみに我が埼玉県の公立高校入試では、実施問題と正答例(採点の手引き)が即日ネット上で公開され、翌日の新聞にも掲載される。ところが、こうした公立高校入試のやり方はむしろ例外であって、中学入試や大学入試などでは、必ずしも実施問題や正答例などの公表は進んでいないのである。

 実施問題や正答例などを実施者自らが早期に公表すれば、今回のような出題ミスや採点ミスについての指摘が、これまで以上に出てくるだろう。
 学校側は、ここに大変な労力を費やすことになりそうだが、それが今の世の中の空気だから仕方あるまい。

 阪大にしろ、京大にしろ、今頃になってというのが、一つの大きな問題になっていることを考えると、出題や採点に関する異議の申し立ての期間を設定するということが考えられる。公表はする。ただし、異議の申し立ては3か月以内。それ以上は受け付けない、といったようなルールだ。
 ミスはどこまで行ってもミスだろうという考え方もあるが、どこかに落としどころを見つけないといけない。
 大学側が、出題ミスに慎重になり過ぎるあまり、知識偏重型の入試に戻ったら元も子もないではないか。

「あってはならない」は聞き飽きた

 今度は京都大学の入試問題ミスが発覚。
 本来なら合格だった17人が不合格になっていたという。

 落ちて浪人した人、他の私立大学などに行った人にはお気の毒なことだ。

 報道によると、事前に11回もチェックしたそうだが、正直思ったのは、「そんなに回数やるからだろ」ということだ。
 大勢でやりました。何回もやりました。だから、ミスは、作成やチェックに関わったみんなの責任です。
 このあたり、いかにも役人的発想という気がするな。
 
 11回もやれば、「そのうち発見できるさ」という気分にもなるだろう。大勢でやれば「誰かが見つけてくれるだろう」と、気を許すこともあるだろう。
 再発防止のために、さらにチェック回数や人数を増やすのは逆効果だから、どっちも減らして、「間違えたらオマエの責任な」と、人数を絞る方が有効である。

 出題や採点でミスを出さない方法を考えるのは大事だが、それでも人間だからどこかでミスが出る。ならばと機械にやらせてみたら、やつらは故障する。

 とすれば、ミスが出ることを前提として、その場合の対応を決めておくことが重要になる。ミスが発覚してから、「さあ、どうしよう」ではなく、「おっと、出たか」と迅速に対応できる方法や体制を決めておく。

 これからの入試は、記述が増えるわけだし、採点ミスとは言わないまでも、採点上の疑義はますます増えてくることが予想される。知識だけでなく、「思考力・判断力・表現力」を試す問題を実施しようとすれば、「これも正解じゃないの」みたいな意見がいろいろ出てくるだろう。

 「あってはならないこと」なんてのは聞き飽きたから、もういいよ。「あってはならない」というのは気持ちや心構え、もしかしたら願望の話であって、実際には「ある」んだよ。
 あったその時にどうするか。そこをもっと考えよう。

親が勉強が得意かどうかだけで子供を見ているようじゃ不幸だ

 長いこと取引を続けている会社の社長が来社した。
 娘がこれから高校受験(埼玉県ではない)だという。
 「で、どこ受けるの?」
 「いや、うちの娘あまり勉強は得意じゃないんで…」と、言いづらそう。

 でも、私がその分野の仕事をしているのは知っているから、
 「○○高校に行きたいって言うんです。あっちこっち回ってずいぶん調べたみたいで…」と、娘の志望校を遠慮がちに口にする。

 私は思った。
 わが子が、自分の足で学校を回り、話を聞き、自分の目で見て決めた学校に何の不足があるというのか。
 親はその決定を認め、讃え、応援すべきではないか。
 勉強が得意じゃないのは決して恥じることではない。恥じるべきは得意を何も持たないことであり、持とうとしないことである。
 聞けば本人、高校に入ってやりたいことがあるという。なおかつ、将来やりたい仕事があり、そのために行きたい大学すら口にしているというではないか。
 中学生でここまで考えられりゃ立派なもんだ。いい育て方をしたよ。

 そもそも、世の中には勉強が大好きで得意で、っていうやつは1割か2割もいれば十分なのである。
 世の中には、そういう連中に適した仕事がちゃんと用意されているから、そこで活躍してもらえばいい。

 しかし、世の中というものは、勉強が大好きで得意な連中が担う仕事だけでは回って行かないのである。早い話、スポーツや芸術の天才やスターだって欲しいだろ。
 私が昔やっていた学校の先生だって、勉強が大好きで得意である必要なんて全然ないからね。大嫌いじゃ困るという程度だ。ただし、子供が大好きとか、人の成長を見るのが楽しみとか、そういった資質というか人間性は求められていて、その点では他に抜きんでている必要はある。
 
 親の持っている定規が、勉強が得意かどうかしか計れないものだとしたら子供は不幸だ。「オマエは偏差値低いからバカ」、となる。

 その子が、歌が得意で大好きでと言ったら、これはもう偏差値を持ち出しても意味はない。絵が好きだ。動物が好きだ。水泳が得意だ。料理が得意だ。さあ、偏差値で計ってもらおうか。

 入りたい学校がある。入ってやりたいことがある。そこが一番大事なところであって、次に、じゃあそのためにあと何週間か頑張ろうじゃないか。そういう話だろ。

 今日は雪が降るって話もあるから、早く家に帰って、娘にそう伝えてくれ。

不寛容は日本人の本性なのかもしれないという不安

 私が「寛容」という言葉を覚えたのは、たぶん小学生の頃、当時の池田勇人首相が政権のキャッチフレーズとして「寛容と忍耐」を掲げたからだろう。小学生なので意味は分からなかった。

 あれから40年、いや50年かな、今の日本はどうも不寛容な世の中になってしまったようだ。
 小さなミスをあげつらい、徹底的に攻撃する。いくら反省しても「謝って済む問題じゃない」とさらに追及し、ついには相手を再起不能なまでに追い落とし留飲を下げる。いい趣味じゃないよな。

 不正は許さない。それはいいだろう。不正に寛容な世の中では困る。
 だが、法を犯したわけでもないミスには、もうちょっと寛容であっていいのではないか。

 昔は、世の中もっと寛容だったというのは、学問的に研究し検証した結果ではなく、ただの印象である。普通に考えて日本人のメンタリティーが、そう急に変わるはずはないのである。
 もしかしたら今日ほど通信手段が発達していなかったので、個人が犯した小さなミスなど誰も気づかなかったのかもしれない。知らなきゃ攻撃のしようもないからね。

 つまり、前言を翻すことになるが、不寛容な世の中になったのではなく、不寛容が表面化する世の中になったというのが正当な見方ではないかと思うのである。

 不寛容はもともとわれわれの心の中にあり、いつでも「許せね~!」と一斉攻撃する準備はできていたが、「許せね~」ことがなかなか伝わって来なかった。だから、結果として寛容な世の中であったように記憶されているのではないかというのが私の見立てだ。
 われわれは、もともと寛容であったわけではなく、世の中のさまざまな進歩発展の中で、本性がむき出しになった。

 もし、この見立てが当たっているとしたら、昔は良かったなどと寝言をほざいている場合ではない。今こそ寛容な心を育てなければならない。まず大人からな。

頑張る子の指導を忘れてはいけない

 京都・立命館中学校のマラソン大会で、中2の男子生徒がゴール後に倒れ、心肺停止状態で病院に搬送された。
 新聞報道によると、生徒は14キロコースを完走した後に倒れたということだ。

 中学生に14キロというのは、ちょっと長いなとも思うが、5キロや10キロだったら事故が防げたかというと、それは分からない。
 ふだんハーフマラソンを中心に走っている私も、たまに10キロのレースに出てみたりするが、距離が短い分、スピードレースになって、心臓への負荷はこっちの方が高い。

 私は今回の事故から、頑張る子の指導ということについて考えてみた。
 事はマラソン大会に限らない。
 生徒には、何事も頑張ろうとしない子がいれば、何でもかんでも頑張ってしまう子がいる。

 先生は、どうしたって頑張ろうとしない子の方に目が向く。そして、何とか頑張らせようとする。頑張ることの大切さを教えようとする。
 まあ、効果はさほど期待できないのだが、「じゃあ、やんなくていいよ」とか「適当でいいよ」では教育にならない。

 一方で、放っておいても頑張る子がいる。手のかからない子たちだ。
 先生は、時として頑張らない子の指導にかまけて、頑張る子の指導がおろそかになる。

 しかし、よくよく考えてみれば、頑張る子の方が危険と隣り合わせということもある。頑張る子は、頑張り過ぎてしまう可能性があるからだ。

 「無理はするなよ」。
 先生はなかなか言えない。下手にそんなことを言えば、最初から頑張る気のない生徒に、恰好の口実を与えてしまう。
 だが、そちらに気を取られて、頑張る子に対して必要な一言を言うのを忘れる。

 新聞報道の範囲だけなので、私は、今回のマラソン大会の事故について、どうこう言うつもりはない。
 ただ、そう言えば、ついつい頑張らない子の指導に気を取られ過ぎて、頑張る子や頑張り過ぎる子の指導が手薄になっていたことも多いよなと、昔のことを反省しているのだ。

専門家の厳しいコメントも聞きたいじゃないか

 女子マラソン界にニューヒロイン誕生。
 昨日、大阪国際女子マラソンで優勝した松田瑞生選手のことだ。

 松田選手は、昨年の日本選手権の1万メートルで勝っているし、とりあえず現役最速の長距離ランナーであることは間違いない。
 でもね、初マラソンでたまたま優勝したくらいで、大騒ぎし過ぎだろう。
 明るいキャラも結構だが、結局オリンピックでは活躍できなかった福士加代子選手を思い出してしまったよ。有森裕子さんも、高橋尚子さんも、野口みずきさんといった五輪メダリストはあんなにハイテンションじゃなかった。

 昨日のレースには海外の有力選手が出ていない。あえて呼ばなかったのか、金がなくて呼べなかったのか。そのあたりはよく分からないが、海外招待選手で持ちタイムが一番いいのが2時間26分台の選手だからね。結果は3位に終わったが、忍者走りの安藤友香選手に勝たせようとしなんじゃないかと、変に勘ぐってしまうよ。

 新聞やテレビが大騒ぎするのは仕方ない。それがかれらのお仕事なんだから。
 でも、専門的見地からちょっと辛口のコメントをしてくれる人が欲しいね。私のような素人が言ってもダメなんだ。プロの厳しい意見が聞きたい。

 おそらくテレビ解説をしていた増田明美さんや高橋尚子さんも、本当に強い選手が出ていない低レベルな大会であったことは分かっている。でも、立場上言えない。
 そう言えば、増田明美さんは、フジテレビ系列の放送なのに何度もTBS系列の「陸王」の話を持ち出していたが大丈夫なのか。

 マラソンに限ったことではないが、どの競技においても、専門的な立場から、厳しめのコメントを出してくれる人が欲しい。サッカーのセルジオ越後さんとか、大相撲の北の富士勝昭さんみたいな感じかな。

 みんなが「すごいぞ、すごいぞ」って言っているときに、「いや、そうでもないよ。なぜならば…」と、理詰めで語れる人。辛口なんだけど、みんなを「それもそうだな」と納得させられる人。厳しい口調の中にも愛と優しさが感じられる人。

 以上。こんな人になれたらいいなという願望を述べてみた。

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード