fc2ブログ

論述問題が多い埼玉、群馬、栃木

 話は昨日の続きです。
 24年度の関東各県の社会科の問題で、論述・記述・選択の割合を調べてみました。

 記述と論述を分けていますが、これは、論述が「理由を述べなさい」とか「説明しなさい」のように文章で答える問題、記述が「聖徳太子」とか「口分田」など人名や用語を言葉で答える問題ということです。

 では、結果発表。
 点数は論述と記述の合計。カッコ内は、そのうちの論述問題の点数です。

 第1位 群馬県 82点(48点)
 第2位 埼玉県 77点(34点)
 第3位 栃木県 64点(28点)
 第4位 茨城県 56点(8点)
 第5位 千葉県 26点(14点)
 第6位 東京都 25点(15点)
 第7位 神奈川県20点(4点)※神奈川は50点満点なので100点満点に換算。

 やっぱり、埼玉は記述・論述の割合が高いね。しかし、関東で一番かと思ったが、まだ上がいた。群馬恐るべし。
 神奈川は25年度から出題方式を変えることが決まっているが、上の数字を見れば当然だろうね。

 記述・論述対策としては、群馬や栃木の問題が参考になりそうだというのが本日の結論でした。 

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます!

数学、国語、英語の公立高校入試問題で埼玉県と問題が似た県とかってありますか?

入試問題はみんな親戚ですよ

埼玉県と問題が似た県?
記述・論述が多いか少ないかという違いはありますが、どの県もほとんど同じです。みんな親戚。
よく似た問題は、これからもブログで紹介していきます。

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード