fc2ブログ

ひっそり国民審査

 今度の衆院選と同時に、最高裁判所裁判官の国民審査というものが行われました。
 が、マスコミはほとんど報道しません。興味ないんですね。

 ただ、公民の教科書にはちゃんと出てます。
 国民が三権(立法・行政・司法)の中で、司法を担当する裁判所をチェックする機能として、この国民審査という制度があります。

 裁判所は大きく分けて、最高裁判所と下級裁判所があります。下級裁判所とは、高等裁判所・地方裁判所・家庭裁判所・簡易裁判所など、最高裁判所以外をまとめた言い方です。下級裁判所という名の裁判所が存在するわけではありません。

 国民審査とは、国民が不適切だと判断した最高裁判所の裁判官をやめさせることができる制度のことです。
 裁判官に身分というのは、しっかりと保障されていて、滅多なことでは罷免(ひめん)されません。クビにならないということです。判決の内容を理由にやめさせられるようなことはありません。
 しかし、この国民審査だけが唯一の例外です。
 この裁判官のこれまでの判決がどうも気に入らんと思ったら、投票で「×」をつけられるんですね。過半数の人が「×」をつけたら、その裁判官はやめさせられます。
 
 でも、これまで実際にやめさせられた裁判官はいません。形だけになっているんですね。

 そんなこともあってか、教科書には載っていますが、入試ではあまり出題されません。試験に出るのは、どちらかというと弾劾裁判の方ですね。これも裁判官をやめさせることのできる仕組みなんですが、こっちは今までもよく出ています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード