FC2ブログ

こっち(元禄文化)以外は、全部あっち(化政文化)という覚え方

 そろそろ「元禄文化」かな。
 28年度の埼玉県公立高校入試「社会」の文化に関する出題のことだ。

 最近8年間の文化に関する出題は次のとおりだ。
 27年度 飛鳥文化
 26年度 桃山文化
 25年度 国風文化
 24年度 天平文化
 23年度 鎌倉文化
 22年度 室町文化
 21年度 桃山文化
 20年度 化政文化

 20年度に同じ江戸時代の化政文化が出ているが、元禄文化はしばらく出ていない。各時代から万遍なく出題するという考え方に立てば、そろそろ出てもいいわけである。

 江戸時代の文化は、前半と後半で分けて考える。
前半は、上方(かみがた=京都や大阪)中心の元禄文化、後半は、江戸中心の化政文化だ。
 文化の問題は、基本的に知識問題であるから、見て、読んで、覚えてしまえばいいわけだが、元禄と化政は、結構ゴッチャになる。

 街角インタビューかなんかで、美人画を2枚並べられて、「どっちが菱川師宣(ひしかわ・もろのぶ)で、どっちが喜多川歌麿(きたがわ・うたまろ)でしょう」と聞かれて、当てずっぽうじゃなく答えられる人は、10人に1人もいないだろう。

 こういうゴッチャになるようなことを覚えるにはコツがあって、どっちか一方を強烈に覚えるんだね。
 「これとこれは、こっちで、それ以外はあっち」

 じゃあ、ここでは元禄文化をこっち、化政文化をあっち、としよう。

 こっち(元禄文化)で名前を覚えるのは最大で6人。節約したければ3人だ。
 1 小説の井原西鶴(いはら・さいかく)
 2 人形浄瑠璃(にんぎょうじょうるり)の脚本家・近松門左衛門(ちかまつ・もんざえもん)
 3 俳諧(俳句)の松尾芭蕉(まつお・ばしょう)
 以上が必須の3人。

 これに加えて、3人の画家
 4 菱川師宣
 5 俵屋宗達(たわらや・そうたつ)
 6 尾形光琳(おがた・こうりん)
 以上、こっちの合計6人。

 残りの人物は、みんな、あっち(化政文化)の人だ。

 たとえば、俳句では「松尾芭蕉=こっち(元禄文化)」だけをしっかり覚えておいて、残りの与謝蕪村や小林一茶は、あっち(化政文化)だ。
 絵画、特に人物画(美人画)の分野では、「菱川師宣=こっち(元禄文化)=『見返り美人』」だけをしっかり覚えておいて、残りの鈴木春信や喜多川歌麿は、あっち(化政文化)だ。

 教科書には作品の写真が載っているので、本来はこれと作者が結びつかなくてはいけないわけだが、たぶん、その類(たぐい)の問題は出ない。
 その作品が、こっち(元禄文化)のものであるか、あっち(化政文化)のものであるかが区別できれば十分だ。

 こっち(元禄文化)で作品を見て覚えておくのは3点。
 1 見返り美人図(菱川師宣)
 2 風神雷神図屏風(俵屋宗達)
 3 八橋まき絵すずり箱(尾形光琳)
 特に、1と2が出やすい。

 「西鶴、浄瑠璃・近松、芭蕉、見返り、風神、すずり箱」
 これ、声に出して読んでみるといいよ。リズムが大事。
 というわけで、こっち(元禄文化)は、これで完璧。

コメントの投稿

非公開コメント

受験生全員がんばれ!

i御ブログの読者の一人です。初めてコメントいたします。
UPテストの実施や先日テレビ埼玉でオンエアされた直前対策番組等、梅野先生のお仕事に長らく注目しています。
本番が日一日と迫るこの時期の受験生に、高校教員経験者の立場からの問題予想は励みになることでしょう。
もっと早くからシリーズ展開して欲しかった…などと思う人もいるかも知れません。
梅野塾の塾生をはじめすべての受験生のみなさん。インフルに注意して、最後の追い込みがんばってください。
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード