FC2ブログ

数学と英語を同列に考えていいのか、埼玉の公立入試問題変更

 前回の続きである。

 このたびの変更は、「数学と英語に、正答率が極端に低い問題があるなど、難易度の設定等に問題があった」からとされている。
 では、正答率が極端に低い問題が、実際にどれくらい出題されていたのかを調べてみた。

 まず数学。
 ここでは正答率ではなく、通過率で見てみることにした。
 単年度では分かりにくいので、入試が1回で行われるようになった平成24年度から27年度まで、4年間のデータを調べてみた。

 結果は、次のグラフでご覧いただきたい。

数学 通過率02

 4年間85問の問題の通過率を調べてみると、通過率10%未満と10%以上の問題が、合わせて26問あった。
 他教科に比べ、10%未満の問題が12問と非常に多いが、「正答率が極端に低い問題」とは、このあたりを指していると考えられる。

 なお、通過率90%以上14問と80%以上8問、計12問は、すべて大問1の計算問題である。

 次に英語。
 同様のグラフを作ってみた。

英語 通過率02
 
 数学と英語では、凹凸がちょうど逆になっている。
 通過率10%未満は、この4年間で3題しか出ていない。
 また、10%未満と言っても、9.8%、8.0%、6.1%であり、数学のように、1%を切っているわけではない。
 一体、この数値(グラフ)のどこを見たら、「正答率が極端に低い問題がある」という事実を読み取れるのか。
 そこが私には分からない。

 グラフは作成していないが、数学では、無答率40%以上の問題が、この4年間で16問あったのに対し、英語はわずか2問である。
 よって、数学には、「取り組みやすい問題を増やす」理由があるとしても、英語には、その必要性は感じられない。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード