FC2ブログ

男子に人気の学校、女子に人気の学校

 雪で外に出るのが億劫なので、今日もまた希望校調査の結果を見ています。
 着目したのは希望者の男女バランスですね。調査対象は普通科だけです。商業科は圧倒的に女子、工業科は男子なのは調べるまでもありません。

◆12月15日現在調査で、女子の希望者の割合が高い学校(60%以上)
 鳩ヶ谷  69.9%
 入間向陽 66.3%
 狭山清陵 65.3%
 大宮武蔵野64.0%
 飯能   63.8%
 松伏   62.0%
 和光国際 60.8%
 蓮田松韻 60.1%
 庄和   60.1%
 栗橋北彩 60.0%
◆12月15日現在調査で、男子の希望者の割合が高い学校(60%)
 大宮東  69.1%
 八潮   69.0%
 春日部東 66.9%
 杉戸   60.2%

 こんな感じでした。埼玉県の公立入試では、男女別の募集人員を決めているわけではないので、女子の希望者が多い学校は、女子の方が不利とか、そういうのはありませんよ。念のため。

 たとえば6対4で女子が多いということは、40人学級ならば女子24人に対し、男子16人になるわけですよ。パッと見て女子が多いなという感じになりそうですね。

 さて、ここまできて、では実際の入学者はどうなんだろうと気になったので、それも調べてみました。
◆上位校のうち男子の割合が多い主な学校(数字は24年度入学者、つまり現1年生)
 大宮   54.6%
 熊谷西  54.5%
 所沢北  53.3%
 川口北  52.0%

 川口北は、現2年生が男女半々ですが、1年・3年は男子優勢。大宮、熊谷西、所沢北は3学年とも男子の人数が女子を上回っています。

◆上位校のうち女子の割合が多い主な学校
 和光国際 66.7%
 市立浦和 59.1%
 不動岡  59.0%
 浦和南  57.0%
 浦和西  55.8%
 蕨    54.3%
 越谷北  54.3%
 越ヶ谷  52.8%

 このうち、越谷北は1年生だけが女子優勢、越ヶ谷は1年・3年が女子優勢。他の学校は3学年とも女子の割合が多くなっていました。
 なぜこのようになっているかは、難しいところですね。学校の歴史的なこと、地理的な条件、学科構成、進学実績、部活動・行事、近隣の学校との関係など、いろんなことが複雑にからみあって、そうなっていますからね。

 ということですが、あまり意味のないテーマだったかもしれません。
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード