FC2ブログ

他人と比較する前に、自分の中で比較してみる

 少し難しい話になるが、リカードの「比較優位論」というのがある。
 リカードは、「国富論」のアダム・スミスよりも遅く登場した、「人口論」のマルサスと同世代のイギリスの経済学者である。

 かれは、自由貿易は取引を行う双方に利益があるものだと説いた。その裏付けとして、「比較優位論」とか「比較生産費説」という理論を用いたのである。
 このあたりを分かりやすく解説したいところだが、それは池上彰さんとか、林修先生にお任せするとして、ビジネスや仕事の現場で、この理論を応用してみたらどうかという話である。

 もちろん、そのことはすでに大勢の方が言っているのだが、こういう話である。
 何でも出来る優秀社員のAさんと、これと言って優れたところがないダメ社員のBさんがいたとする。
 まあ、優秀社員Aさんはいいとして、Bさんはどうするか。
 組織として、Bさんをどう活かすか。あるいはBさんは、どこに活路を求めるべきか。

 Bさんは、何をやってもAさんにかなわないのだから、Aさんと比較するのはやめよう。Bさんは、Bさんの中で比較的ましなことがあるだろうから、そこを頑張ってもらおう。これが、比較優位にもとづく考え方だ。

 正直、正確性を欠く説明であり、かつ思いっきり、はしょっているので、理解していただけるかどうか不安だが、「自分の中で比較的ましなものに活路を求める」という考え方があってもいいだろうということだ。
 組織全体として考えた場合、そのほうがいい。

 これを無理やり受験勉強にあてはめてみる。

 英数国も、理社も、全部負けているけど、それは他人との比較であって、もう一つ、自分の中での比較という考え方があってもいいだろう。
 全部ダメと言ってしまったら、先に進まないではないか。
 他人と比較する前に、自分の中で比較してみよう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード