FC2ブログ

悩み、迷うプロセスを省略してはならない

 ここ数日、保護者の方から「うちの子、この期に及んで、まだ志望校が決められないんです」という相談が何件か寄せられました。
 出願までおよそ1か月、親としては気がもめるところですよね。その気持ち分からなくもない。

 一般論としては、決定は早い方がいいですね。準備に十分な時間が取れますから。ずるずると決定を先延ばしするのは確かによろしくない。

 でもね、悩んだり迷ったりというプロセスは決して省略してはならないもんなんですよ。高校選択によって、その後の人生が100%決定づけられるわけではありませんが、その後の人生に大きな影響を及ぼすのは確実ですから、悩みに悩み抜いて、考えに考え抜いて決めるというのは、間違っていない。

 だから私は、早く決めろとは言いませんよ。幸いなことに、公立入試はどこの学校を選んでも試験問題は同じ。基本的には学校ごとの特別な準備はいらないんです。

 出願のためには、自分自身で書く書類や、中学校の先生に用意してもらう書類が必要ですね。ですから、出願の前日18日までに決めればいいということにはならないでしょう。

 各高校の説明会日程を見ると、2月2日(土)に最後の説明会を行う学校がいくつかあります。(9日(土)もなくはないですが、きわめて少ない)
 高校側も、まだ最終決定をしていない受験生がいることを想定しているから、2日(土)に説明会をやるんです。ですから、このへんまでは許容範囲と考えていいんじゃないでしょうか。つまり、志望校最終決定のリミットはこのあたりということで。

 早く決めることも大事ですが、だからと言って、悩んだり迷ったりというプロセスは省略してはならないのです。

 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード