FC2ブログ

売名だろうが寄付は寄付

 「1万円、使わなければただの紙」なのだそうだ。
 では、1万円札(千円札でもいいが)には、しっかり働いてもらおうということで寄付をしてみる。

 私はせいぜいこんなものだが、数百万、数千万、中には数億も寄付しようという人がいる。
 結構なことではないか。

 著名人が寄付を公にすると、売名行為だと批難する人がいる。企業が物資を支援しても同様。
 まあ、そういう意図があるかもしれないが、どんな動機の金であっても、1万円は1万円の、千円は千円の働きをするのである。そう考えれば、ドカンと寄付をしてくれる人がいれば、その分だけ被災者が助かるのだから、いいではないか。

 仮に私が1万円を寄付し、その後、ある企業が1000万円を寄付したとする。そのときは、自分と同じような人が、他に1000人も現れたのだと考えればいい。

 もしも、経済的に余裕がある人が、売名行為だと批難されることをおそれて寄付をためらったとしたら、被災者に届くべき金が届かないことになる。つまり、こうした批難は、結果として、被災者をさらに苦境に陥れるかもしれないのだ。

 黙ってやれ。
 そうかもしれない。
 だが、Aさんがどんと寄付して世間から注目された。では自分も。そういう人が現われたほうがいいのだ。B社が物資を支援して賞賛された。では、わが社も。そういう企業が増えたほうがいいのだ。

 だから私は、動機は気にしない。下心も詮索しない。
 行為のみに拍手を送ろうと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード