FC2ブログ

残された時間を生かす「選択と集中」という考え方

 公立本番まで40日を切りました。
 今日は、この残された少ない時間を活かすために必要な「選択と集中」という考え方についてです。

 「選択と集中」というのは、会社の経営ではよく使われている言い方です。世の中の景気があまり良くないときや、会社の経営が思わしくないときに、特によく使われます。いろんな分野に手を広げることはやめて、その会社が得意とする分野を選んで、そこに人や資金を集中しようという考え方です。

 持ち時間が少なくなった皆さんも、ぜひこの考え方を応用してもらいたいと思います。不安にかられて、あれもこれもと手を広げると、結局どれも中途半端になってしまう恐れがあるからです。

 本番までに、どうしてもやっておきたいこと。まずこれを強く意識するのが第一です。頭の中で考えているだけではまとまらないので、紙に書いてみましょう。「やっておきたいこと」のリスト作りということですね。

 いっぱい有り過ぎて。

 そうですね、どんどん出てきちゃう。しかし、だからこそ、その中から重点的にやるべきことを「選択」するという作業が必要になるんです。

 選択の基準は、人それぞれでいいと思います。

 私の場合だったら、「これをやっておかなかったら後悔するだろうな」と思うものを上位にランクしますね。もちろん、「試験に出そうなこと」で、そのうち「自分が苦手なこと」から順にできればいいですが、そうはうまく行かない。だから、後悔しないことを優先する。
 そして、選択ができたら、すべての努力をそこに集中する。

 すでに、そのような勉強スタイルに移行している人もいるかもしれませんが、残り少ない時間を有効に使うために、ぜひ「選択と集中」ということを考えてほしいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード