FC2ブログ

2016彩の国進学フェア第1日

 2016彩の国進学フェア第1日。さいたまスーパーアリーナ。
 今日の来場者は3万1150人。
 昨年の第1日目は、2万4千人だったから7千人ほど増えている。
 明日は模試があるから、今日のうちに行っておこうと考えた人が多かったのだろう。

 私がこのフェアを構想したのは、今の受験生たちが生まれる前である。
 最初、埼玉で開く、埼玉の高校と埼玉の中学生のためのフェアであるから、地元の埼玉新聞社に主催を引き受けてもらおうと思って、頼みに行ったのだが、「公立と私立が一緒のフェアなんて出来っこない」と一蹴された。

 まあ、そうかもしれないな。当時は全国的にも公私合同は例がないわけだし。
 それに、あの頃の私はまったく無名で、何の実績もなかった。
 だから、こいつ、何を狂ったこと言ってんだと思われても当然だ。

 で、今度は読売新聞社に頼んでみた。それで駄目だったら朝日新聞かな、と思いながら・・・。
 そうしたら意外にもすんなりと引き受けてくれた。
 ラッキー!

 というわけで、現在このフェアは、読売新聞さいたま支局の主催ということになっている。

 主催者が決まった後も、県教委や私立中高協会に後援をお願いしたり、公立私立の各高校に参加をお願いしたり、企業に協賛をお願いしたりと、難題は山ほどあったわけだが、何とか実現にこぎつけた。

 私は、この経験から多くを学んだ。
 今日言いたいのはこのことだ。

 「そんなの無理」、「できっこない」と言われたことは、案外成功する。
 これが、私の得た教訓だ。

 もちろん、「やっぱり無理だった」という場合もあるが、よくよく考えてみれば、「無理」、「不可能」と言っている人は、やってみた結果を言っているのではなく、頭の中で考えて、「無理そう」、「不可能そう」と言っているだけなのだ。

 こっちは「出来そう」と言う。向こうは「無理そう」と言う。
 根拠がないのはどっちも一緒だ。
 だったら、やってみて結果を知ろうじゃないか。
 時にはこう考えてみると、世の中結構面白いことが起こる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード