FC2ブログ

中学校卒業おめでとう

 3月14日(金)、この日が中学校の卒業式という人が多いと思う。
 1年間、埼玉県の中学3年生(=高校受験生)を念頭にブログを書いてきた。私はまた、次の受験生のために書き続けることになるが、4月から高校生となる君たちとはお別れである。

 そこで、はなむけの言葉。

 誰のために、何のために学ぶか。

 君たちは、この1年間、目標の高校に合格するために学んできた。それでよろしい。そして次の3年間は、目標の大学などに合格するために学ぶことになるかもしれない。それもよろしい。目先の具体的な目標がなければ、がんばれないものである。

 では、その先はどうか。
 今は想像するのが難しいと思うが、君たちはいずれ社会人となり、何らかの職業につく。つまり、「働く」のである。学校で学ぶのは、そのための準備である。すなわち将来「働く」ために学ぶ、これが第一の答。

 さて、そうなると今度は、何のために「働く」のかという答を求めなければならない。
 第二の答を先に言っておこう。
「世のため、人のために働く」のである。
 自分のためではないのか?
 もちろんそれはある。ただ、自分だけ、のためではあってはならない。

 世の中には、いまだ幼く働けない者がいる。年老いて働けない者がいる。何らかの障害をかかえ十分に働けない者がいる。そういう人たちも含めてこの世の中は成り立っている。

 君たちはまだ働いていない。そして遠い先の話だが、働けなくなる。
 だから、働ける間は、働けない人の分まで働かなければならないのだ。
 これが私の言う「世のため、人のために働く」の意味である。
 半分は自分のためでもいいが、残り半分は他人のためと考えようではないか。
 
 君たちは4月から高校生となる。
 次の3年間で、自分の適性を見極め、秘めた能力を発見し、さらに磨きをかけなければならない。
 働くことは時に苦痛ではあるが、自分の適性や能力に合った仕事につくことができれば、自分が幸福になるばかりでなく、世の中を幸福にすることができる。

 自分の適性や能力は、学校生活のさまざまな場面を通じて発見され、磨かれて行くものだ。
 授業だけではない。いや、授業だけでは不十分である。
 部活動も、学校行事も、すぐれた「学び」の場面である。
 すべてに全力でぶつかってほしい。
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード