fc2ブログ

ちょっと考えさせられた広告をひとつ

 広告会社に勤める知人から紹介されたCMの話だ。

 日本でもよく知られている「DOVE」(ダヴ)というブランドの広告だが、たぶんテレビでは流れていない。
 最近では、インターネット上だけで見られる、ちょっと長めのCMというのが増えているようで、これもそうだ。
 動画(ユーチューブ)が試聴可能な方は、見てほしい。
 
 動画はコチラ→ダヴ リアルビューティースケッチ

 内容はこうだ。

 犯人の似顔絵を描くのが専門の警察官が登場する。警察官は、衝立ごしに、本人の証言だけをもとに似顔絵を描く。「目が小さい」とか「鼻が低い」とか。
 次に、本人を控室で見ていた他の人が印象を語り、それをもとに似顔絵を描く。
 最後に二つの似顔絵を本人に見せる。
 すると、他人の証言によって描かれたものは、本人の証言によるものよりも美しく描かれており、「自分は、他人にはこんな風に見られていたのか」と気づく。という感動CMだ。

 知人によると、商品や企業を売るというより、広告賞ねらいの色合いが強いとのことだが、それはそれでいい。

 自分が見た自分と、他人が見た自分。
 本当の自分はどっち?
 どちらも本当だと思うが、他人のほうが美しく見ているというのが、考えさせられるところだ。

 話を思いっきり飛躍させれば、子どもたちは、自分の美点(容姿だけでなく心も)に気づいていない。そこを発見して、評価してあげるのが大人の役目なのではないかということだ。
 少なくとも私は、このCMを見て、そのように考えた。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード