FC2ブログ

今日の埼玉新聞に記事が掲載された

 今日、4月7日付の埼玉新聞に私の書いた文が掲載された。
 埼玉新聞の9面から12面の4ページ特集で、内容は、明日入学式を迎える新中学1年生に向けてのメッセージが中心だ。
 この新聞は、特集部分だけ別刷りされて、県内の全公立中学校にも配布される。

 日ごろは受験生向けに入試関連の話ばかりしているが、今回は1年生が主な対象なので、中学校に入ってからの勉強の仕方を書いた。

 タイトルは、「勉強は学校中心で…」となっているが、これは、これから受験勉強に取り組む中3生も同じことだ。学校の授業を中心とし、これに家庭学習を加え、さらに必要に応じて塾などの学校外学習を補う。これで万全な受験体制が整う。

 関根郁夫教育長がインタビュー記事の中で、学校行事の重要性について語っている。
 部活動や学校行事も大切な「学びの場」である。受験生の皆さんにも、このことは強く訴えたい。

 同教育長はまた、「型にはめることで基準を知り、そこから自分なりの基準ができていく。この時期に一度型にはめることが必要なのです」と述べている。

 これはとても深い言葉だ。
 個性、いいだろう。自分流、結構だ。でも、その前に型を身につけなさいということだ。新中学1年生に向けてのメッセージであるが、受験生にも同じことが言えるだろう。
 
埼玉新聞(26年4月7日)1面
埼玉新聞(26年4月7日)2面

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード