fc2ブログ

慌ただしいね、新学期1週間。

 多くの学校で始業式、入学式が行われた。

 私は元教員であるから、先生として何度も新学期を迎えたのだが、これが実にあわただしい。2年、3年の担任だとそうでもないが、1年の担任は大変だ(実は1回しか経験がないのだが)。
 まず、顔と名前が一致しないからね。予習はしておくのだが、写真と実物じゃかなり違う。「後で職員室に取りに来なさい」なんて言っても、「職員室はどこですか?」となるわけで、何から何まで説明してやらなければならない。
 高校でもそうなのだから、中学校や小学校の先生はもっと大変なんだろうな。

 生徒から集めなきゃならない書類も多い。それに関連して事務量(よく言われる雑務っていうやつ)も激しく増える。対面式だの離任式だの行事がたくさんあるし、身体検査とかもある。「早くフツーに授業をやりたいな」と思いながら、気がつけば、もう連休が目の前だ。本当に新学期はあわただしい。

 でも、あの雰囲気、結構好きだったな。春という季節のせいもあるかもしれない。

 私は途中で教員をやめてサラリーマンになったが、サラリーマンの生活には、季節感というものがないと思った。それしか経験のない人は、「いや、そうでもないぞ」と言われるかもしれないが、学校の生活を経験してきた私からみると、変化の乏しい日々である。

 季節感のもとになっているのは、やはりさまざまな行事だろう。授業は夏でも冬でも一緒だが、折々に学校行事があって、これが季節の移ろいを感じさせるのだ。

 今日4月8日、先生方も子どもたちも、気持ちを新たにしたことだろう。だが、私にとって、昨日と今日は、ただの別の日というだけである。

 

 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード