fc2ブログ

自分の子と生徒、どっちが大事?

「自分の子と生徒、どっちが大事?」
 そりゃ決まってるでしょう、自分の子だよ。でもね、だからって自分の子を優先できないのが先生という職業なんだ。

 埼玉県西部のある公立高校で女性教諭が入学式の日に有給休暇をとって、自分の息子の高校の入学式に出席した。このことについて全県の校長会の場で、教育長が注意を促したという一件である。
詳細は、埼玉新聞の記事へ

 確認だけど、注意されたのは女性教諭本人じゃなくて、集まった校長連中だからね。
「こともあろうに、入学式の日に担任が、わが子の入学式のために休暇を取ってるようじゃ、学校の姿勢が疑われるだろう。そりゃ休暇は権利だけど、だからって好き勝手に取っていいわけじゃない。公人っていう立場があるだろう。職業倫理ってものがあるだろう。きみらは校長なんだから、そこのところをしっかり指導しなきゃいけない」。
 たぶん、そんな注意があったのかな。あくまでも想像だけど。

 それにしても、この女性教諭の息子大丈夫かな。高校生だろう。「ママが来ないとボク寂しい」とか言ってんのかな。いや、そんなはずはない。「そっちも入学式だろう。別に来なくてもいいよ」。これが高校1年生男子のフツーの感覚だと思うがな。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード