FC2ブログ

生徒の顔と名前は覚えましたか

 ビジネスの世界には名刺交換という習慣がある。
 私の場合、それほど多くはないと思うが、毎年300枚ずつは作っているので、どこかでそれぐらいばらまいているんだろう。
 
 ビジネスマンの名刺は、本当にばらまくという表現がふさわしく、いつ誰に渡したかは覚えていないし、もらった名刺も「これ誰だっけ?」と思い出せないものも多い。

 学校の先生は名刺を持ったない人も多い。さすがに校長・教頭あたりはそんなことはないが、一般の先生だと「すみません。名刺は持っていないんです」ということがよくある。

 名刺というのは、あのちっちゃな紙を両手で差し出し、相手の名刺は同じく両手で押し戴くというのが、ビジネス界のマナーとされているが、学校では、ポンとテーブルの上なんぞに置く人がいる。「あっ、名刺落ちましたよ」。いや、そうじゃない。そういう渡し方しか知らないんだ。仕方ない、拾うか。

 同じ人に名刺を何度も渡してしまうことがある。こっちが渡したのを忘れてるんじゃなく、向こうが覚えてくれないからだ。
 最近ようやく覚えてくれたみたいだが、K社のK専務の引き出しには、私の名刺が10枚はたまっているはずだ。

 顔と名前を覚えるということは相手の存在を認めるということでもある。
 いつまでも覚えてもらえないのは悲しい。

 学校が始まって2週間。先生方はもう生徒の顔と名前は覚えましたよね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード