FC2ブログ

改革じゃなく、破壊になっていますよ。

 入試フォーラム(浦和コルソ)で講演。

 対象が中学生や保護者ではないので、やや難しめの話をした。
 この中で私は、「私立と比べて、公立の改革が進まないのはなぜか」という話をした。
 私立は、10年前と比べると、部活でも大学進学でも、これが同じ学校かと見まごうほど伸びている。
 一方、公立は、前進はしているものの、その伸びは緩やかである。

 そこで、私の仮説である。
 「公立の場合、改革の意欲が空回りして、改革が破壊になっているのではないか」

 学校を良くしようという気持ちは、公立でも私立でも一緒だ。
 生徒のため。これも一緒。

 ただ、公立は、校長先生も、それ以外の先生も回転が速い。転勤があるから、どんどん顔ぶれが変わる。
 人が変わっても、目標が継続されれば問題ないのであるが、人が変わる都度に目標が変わってしまう。
 そういうケースが多い。

 以前、このブログで「改革は継続が8割」という話をしたと思うが、ついついこれを忘れてしまう。
 とにかく、変えることに熱中してしまう。
 ものごとはいつの場合もそうだが、欠点とか問題点というのは目に付きやすいのだ。
 
 だから、これを改めようとする。
 しかし、欠点と長所は、しばしば裏腹の関係にある。
 注意深くやらないと、長所まで殺してしまう。

 改革に夢中になるあまり、長所を伸ばし継続することを忘れ、下手をすればこれを破壊してしまう。
 もちろん、私立にもこの危険性はあるわけだが、公立に比べれば、そのリスクは小さい。
 皮肉なことであるが、「改革者が改革を阻害する」ということが、公立学校では起きているのではないか。
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード