FC2ブログ

ミスは減らせるけど、なくせないよ

 都立高校の入試採点ミスの話である。
 この話、前にも書いた。

 過去2年分で2000件超の採点ミスが見つかったということだ。
 ものすごく大ざっぱな計算だが、各教科20問として、5教科で100問。受験者4万人とすれば、400万の採点箇所が発生する。1年分で1000件のミスとすると、発生率は1000÷4,000,000=0.00025、すなわち0.025%。計算これで合ってるかな。

 1000件という数字だけ見ると、たくさんある感じだけど、発生率としては、そんなに高くない。
 もちろん、だからいいじゃないかという話じゃなく、もっと減らして、限りなくゼロに近づけるにはどうしたらいいかという話だ。

 私の現役時代の経験だが、まず一人が採点、別の人間がチェック、さらにもう一度別の人間がチェックと、3人で3回という方法だったが、3人目(3回目)でミス発見というようなこともあった。4人目(4回目)、5人目(5回目)をやったら、さらに見つかったかもしれない。
 つまり何度も何度もやれば、ミスは減ってくるはずだが、時間の制約ってものもあるからね。そこが難しい。

 真面目にやれとか、緊張感を持ってやれとか、そういう精神論に持って行っちゃだめだろうね。今でも十分真剣にやってるはずだし。

 スケジュールが許せば、日をかえて、もう一度チェックというのが、結構効果的じゃないかと思う。採点日は、朝から晩までずっとそればっかりやるわけだからね。時間が経つにつれて、集中力も低下する。一晩寝て、翌日フレッシュな感覚でやれば、昨日見落としたミスも発見できるかもしれない。

 ミスはなくせないが、減らす努力は続けなければならない。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード