FC2ブログ

講演会「なぜ公立高校が選ばれるのか」

 今日は、県立北本高校が主催する講演会で話をした(於:北本市文化センター)。

 埼玉県では、例年、受験生の4人に3人は公立(全日制)への進学を希望しているわけだが、その人気の秘密はどこにあるんだろうというのが、今日の講演テーマだ。

 まあ、誰もが真っ先に思い浮かべるのは学費の安さであり、それはその通りなのだが、安くたって嫌なものは嫌なのであるから、他にも選ばれる理由はあるはずだ。

 大学進学に関しては、私立がものすごい勢いで実績を伸ばしている。ただ、私立の代表的な進学校である栄東にしても開智にしても、その実績は中高一貫生の活躍に負うところが大である。もちろん、それはそれで結構なのだが、高校3年間での実績という点では、公立もかなりの結果を残している。特に国公立大学への進学で強みを発揮している。
 そのあたりを、データを元に説明した。

 部活動については、私立に軍配を上げなくてはならないが、種目によっては公立もなかなか健闘している。優勝こそできないが、ベスト8あたりになると、公立の名前も目立ってくる。団体競技では私立にかなわなくても、陸上などの個人種目では、公立も数多くの全国大会出場者を出している。
 これも、今年の記録を示して説明した。

 私立の多くは戦後の設立だが、公立には明治・大正、あるいは戦前から続く伝統校が多い。各界でOBが活躍しており、これも公立の魅力の一つと言えよう。

 また、私立のほとんどは普通科であるが、公立には農業・工業・商業をはじめ多彩な専門学科がある。こうした多様性も公立の特色となっている。
 
 だいたい、このような内容である。
 最後に、入試について若干のアドバイスをして本日の講演は終了。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード