FC2ブログ

塾長のジレンマ

 再び夏休みネタ。
 
 お勉強の苦手な子は、何をやるべきかを自分で決められない。
 授業のときは大丈夫。そこは先生が決めてくれる。家に帰って何をやるかも宿題という形で決めてくれる。
 けれど、夏休みはそれがないから、何をやっていいか分からない。だから、夏休みは力が伸びるどころか、力が落ちてしまう。これが前回の話だった。

 たぶん、これを補ってくれるのが塾という存在なんだろう。
 まずこれをやって、次にこれ、そのあとこれと、続々と自分の課題を見つけられる子に塾は不要だ。

 保護者には、塾に行って、「できる子」になってほしいと願う。本人にもその期待がある。
 さあしかし、問題は「できる子」とは、どういう子かということだ。
 できる子とは、試験で点数が取れる子というのであれば、塾は十分その期待に応えてくれるだろう。
 塾の先生にとって、試験問題を予想するなんて、超簡単なことだからね。

 でもね、こういうタイプの「できる子」が通用するのは生徒や学生のうちだけだね。
 世の中に出たら、どんな職業に就こうと、こういうタイプは使えない。

 社会に出ても「できる子」であり続けるためには、自立型の「できる子」にならなきゃいけない。つまり、課題(やるべきこと)を自分自身で発見して、その解決法を自分で考えて実行できる子。
 まあ、これは文科省なんかがずっと言っているけど、文科省が言おうが言うまいが、大昔からそういうことなんだ。

 塾は、自立型の「できる子」を育てる場所じゃないよ。だいいち、それを実現してしまったら、みんな塾に来なくなっちゃうからね。
 じゃあ、塾ではわざと自立させないようにしているか。いや、たぶんそれはない。ちょっとでも人にものを教えた経験がある人は分かると思うけど、教えているうちに、いつまでも人に頼ってないで、もうちょっと自分で考えてやれよっていう気持ちになるからね。学校でも塾でも、最後はそこに行きついちゃうんだ。

 そう考えると、塾長も大変だ。自立してほしいんだけど、本当にそうなったら自分から離れて行くっていうことだからね。私は、これを「塾長のジレンマ」って言ってるんだけど、皆さん、そこんとこどう考えてるんだろう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード