fc2ブログ

さて、予想問題集をやるか

 さて、8月になったから「予想問題集」でもやってみるか。
 どこで売ってるか?

 普通に本屋さんで売ってる。本のタイトルは「27年度用公立高校過去問シリーズ」。これ↓
 27年度用過去問題集(声の教育社)

 なんだ「過去問(カコモン)」じゃないか。そう、過去問。でも、これがイコール予想問題なんだ。
 
 私の場合、前年の1都6県の問題をやってみるわけだが、結論から言えば、どこの県でも問われている内容は同じ。
 なぜ、そうなるかというと、どこの県でも教科書の範囲内からしか出題されない。その教科書は、文部科学省の検定を受けたもので、学習指導要領というものに基づいているので、仮に出版社が異なっても、中身は同じ。だから、入試問題は嫌でも似たものになってしまうという理屈だ。

 仮に写真にある問題集を全部やると、各都県4~6年分で合計34年分の問題をやることになる。それだけやれば当たるだろう。(ちなみに、声の教育社の問題集の場合、7冊買うと税込7980円となる)

 ただ、県によって、記述・論述の問題が多いとか少ないとか、放送問題があるとかないとか、そういう出題上の傾向の違いはある。が、前述したように、問われる中身は同じである。

 さあ、受験生気分で問題やるか。これが夏の課題だ。

 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード