FC2ブログ

廃部の危機乗り越えた熊谷女子高新聞部

 今日の訪問校は埼玉県立熊谷女子高校。
 創立は明治44年。県内屈指の伝統校だ。

 訪問の目的は、部員わずか3人という新聞部の取材。
 たった3人かよ、なんだが、去年はたった一人で部の存続も危ぶまれる状態であったのだから、よくここまで盛り返したのである。

 高校新聞部の部員不足は深刻で、いまや「絶滅危惧部」と言われている(いや待て、言っているのは私だけか)。
 こうした中、特殊な媒体とはいえ新聞づくりに関わっている私としては、何とか彼女たちを応援したいと思っているのである。
 
 そもそも一般の新聞自体が、かつてはテレビ、今はインターネットに押され、 危機的な状況にある。「新聞離れ」「活字離れ」が進んでいる。
 だが、新聞には、他のメディアにはない特性や強みがある。
 たとえば。
「テレビでやっていた」
「インターネットで見た」
「雑誌で読んだ」
「新聞に書いてあった」
 さて、この中で、あなたはどの情報に一番信頼をおくだろうか。

 私などは古い人間であるから、きちんと裏付けをとっているのは、やはり新聞だろうなと考える。つまり、新聞に一番の信頼を寄せている。
 しかし、今の若い人たちには、そういう観点はないのだろう。
 面白くもないし、早くもない。でも、確かな情報である。それが新聞なのだということを訴えていかないと、高校新聞どころか大人の出している新聞がダメになってしまう。

 もしかしたら、高校新聞部の危機は、大人の出している新聞の衰退がもたらしたものかもしれない。
 高校生にがんばれと言う前に、われわれががんばらなきゃいかんな。
 
 なお、同校新聞部の紹介記事は、「よみうり進学メディア埼玉版」9月号に掲載予定である。

 熊谷女子高校
 樹木の多さ、高さ、幹の太さ。ここに歴史を感じるね。「暑いぞ!熊谷」なんのその。緑のオアシス熊谷女子高校。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード