FC2ブログ

公立入試問題分析04(社会)

 社会の平均点は49.5点。
 理科・社会は「何とかなる」と甘く見ている人が多いが、この平均点の低さは「何とかなっていない」ことを示している。

 分野ごとの通過率は次のとおり。※カッコ内は前年
 大問1・2 地理的分野 65.1%(63.6%)
 大問3・4 歴史的分野 48.5%(40.7%)
 大問5  公民的分野 29.7%(46.7%)
 大問6  総合問題  42.4%(44.2%)
 26年度は公民的分野の出来が特に悪かった。

 正答率ワースト問題
 1.大問5 問2  4.4% 公民 
 2.大問5 問3  8.8% 公民・記述
 3.大問1 問2 13.5% 地理・記述
 4.大問6 問3 13.8% 総合・記述
 5.大問4 問2 19.6% 歴史・記述
 正答率ワーストに記述(論述)問題が並ぶのは予想される事態であるが、もっとも出来が悪かったのが、記号問題であったことが注目される。

 正答率ワースト1の大問5の問2は、内閣の成立までの出来事を順番に並べる問題だった。
 ア 衆議院解散
 イ 国会での内閣総理大臣の指名
 ウ 衆議院総選挙の投票
 エ 内閣の総辞職
 正解は、「ア→ウ→エ→イ」
 この問題では、「エ 内閣の総辞職」をどこに置くかがポイントだったようである。
 「ア 衆議院が解散」したので、新しい議員を選ぶ「ウ 衆議院総選挙の投票」が行われる。新しい議員が選ばれたので、ここでいったん「エ 内閣の総辞職」が行われ、改めて内閣を作るために「イ 国会での内閣総理大臣の指名」が行われるという手順となる。
 なお、平成22年度大問6の問3(3)で、非常によく似た問題が出題されている。

 並べ替え問題は、記号で答える問題とは言え、正しいものを(誤ったものを)一つ選ぶといった問題に比べると難しい。大問4の問5も、歴史の古い順に並べるという問題であり、正答率は29.6%と低かった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード