FC2ブログ

公立入試問題分析07(平均点)

 今回は平均点について。

 まず各教科の全体平均。
 国語 64.0 最高
 社会 49.5
 数学 45.0 最低
 理科 46.1
 英語 45.0 最低
 国語以外は50点にとどかない。一番高い国語と、一番低い数学・英語との間には、19点の開きがある。

 次に、合計得点上位30%の受験生の平均。
 受験者総数が約4万6千人であるから、その上位30%の受験生とは、人数でいえば約1万3千~4千人ということになる。
 国語 80.0
 社会 72.1
 数学 57.3
 理科 70.5
 英語 72.3
 社会・理科・英語は70点を超えるが、数学は60点にとどかない。上位生にとっても数学は難しかったとみえる。
 
 念のため、全体平均との差を算出してみる。
 国語 80.0-64.0=16.0
 社会 72.1-49.5=22.6
 数学 57.3-45.0=12.3
 理科 70.5-46.1=24.4
 英語 72.3-45.0=27.3
 社会・理科・英語は20点以上の開きがあるが、国語・数学ではあまり差がない。特に数学は他教科の半分程度の開きしかなく、ここでも、上位生が数学で苦戦している様子がうかがえる。

 結果はほぼ見えているが、上位30%の受験生と、下位30%の受験生の差を出してみる。
 国語 80.0-46.3=33.7
 社会 72.1-25.4=46.7
 数学 57.3-24.3=33.0
 理科 70.5-22.1=48.4
 英語 72.3-20.3=52.0
 社会・理科・英語では上位グループと下位グループの間に、50点ほどの差があるが、国語と数学では30点程度である。 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード